兵庫県の幼虫ガイド
兵庫県の幼虫ガイド −兵庫県のトンボ幼虫生体図鑑(ずかん)−
幼虫を調べる前にまず,このページを使う前に,必ずクリックして読んでください.

用語の解説幼虫の体のいろいろな部分の名前を説明しています.本文中の用語にもリンクをはっているので,特に読む必要はありませんが,先に勉強したければクリックして読んでください.

 このページは,兵庫県に住んでいるトンボ幼虫のすべてを,できる限り生きたままの写真を使って,紹介(しょうかい)しています.そして,みなさんがつかまえた幼虫の名前が調べられるように,いろいろな写真をつけたり,解説をしています.まず下のかげ絵を見てだいたいの見当をつけたら,そのグループのトンボの名前をクリックしてページを次々と開き,絵とくらべ,解説を読んで,名前を見つけてください.


トンボ目(トンボ類) Odonata

均翅亜目(きんしあもく:イトトンボ・カワトンボのなかま) Zygoptera


アオイトトンボ型の幼虫 アオイトトンボ科(アオイトトンボのなかま) Lestidae

▲尾さいをふくめた全長は21mm-30mmの間くらい.腹部が細長い.頭のはばは胴体のはばの2倍くらいあって,横に広がっている.

H001. オツネントンボ Sympecma paedisca
H002. ホソミオツネントンボ Indolestes peregrinus
H003. アオイトトンボ Lestes sponsa
H004. オオアオイトトンボ Lestes temporalis
EN  H005. コバネアオイトトンボ Lestes japonicus


カワトンボ型の幼虫 カワトンボ科(カワトンボのなかま) Calopterygidae

▲尾さいをふくめた全長は25mm-60mmの間くらい.固くて太い尾さい(側さい)を持ち,触角(しょっかく)の第1節がとても長い.

H006. ニホンカワトンボ Mnais costalis
H007. アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa
NT  H008. アオハダトンボ Calopteryx japonica
H009. ミヤマカワトンボ Calopteryx cornelia
H010. ハグロトンボ Atrocalopteryx atrata


モノサシトンボ型の幼虫 モノサシトンボ科(モノサシトンボのなかま) Platyenemididae

▲尾さいをふくめた全長は16mm-30mmの間くらい.尾さいはとても長く腹の長さと同じくらいの長さ.体は固い.

NT  H011. グンバイトンボ Platycnemis foliacea sasakii
H012. モノサシトンボ Pseudocopera annulata


イトトンボ型の幼虫 イトトンボ科(イトトンボのなかま) Coenagrionidae

▲尾さいをふくめた全長は16mm-22mmの間くらい.尾さいはあまり長くない.体はやわらかい.

H013. キイトトンボ Ceriagrion melanurum
NT  H014. ベニイトトンボ Ceriagrion nipponicum
H015. クロイトトンボ Paracercion calamorum calamorum
H016. セスジイトトンボ Paracercion hieroglyphicum
 H017. オオイトトンボ Paracercion sieboldii
 H018. ムスジイトトンボ Paracercion melanotum
NT  H019. モートンイトトンボ Mortonagrion selenion
EN  H020. ヒヌマイトトンボ Mortonagrion hirosei
H021. ホソミイトトンボ Aciagrion migratum
H022. アオモンイトトンボ Ischnura senegalensis
H023. アジアイトトンボ Ischnura asiatica



不均翅亜目(ふきんしあもく:トンボ・ヤンマのなかま) Anisoptera


ムカシトンボ科 Epiophlebiidae

▲体長は20mm前後.触角(しょっかく)は糸のように細い.

 H024. ムカシトンボ Epiophlebia superstes


ヤンマ型の幼虫(1)(ヤンマのなかま)Aeshnidae

▲体長は30mm以上.サラサヤンマ以外は触角(しょっかく)は糸のように細い.腹部は太く細長い.

 H025. サラサヤンマ Sarasaeschna pryeri
H026. コシボソヤンマ Boyeria maclachlani
H027. ミルンヤンマ Planaeschna milnei milnei
NT  H028. アオヤンマ Aeschnophlebia longistigma
NT  H029. ネアカヨシヤンマ Aeschnophlebia anisoptera
 H030. カトリヤンマ Gynacantha japonica
H031. マルタンヤンマ Anaciaeschna martini
H032. ヤブヤンマ Polycanthagyna melanictera
H033. オオルリボシヤンマ Aeshna crenata
 H034. ルリボシヤンマ Aeshna juncea juncea
H035. ギンヤンマ Anax parthenope julius
H036. クロスジギンヤンマ Anax nigrofasciatus nigrofasciatus


サナエトンボ型の幼虫(サナエトンボのなかま)Gomphidae

▲体長は15-35mm.触角(しょっかく)は太く,4節しかなく,第3節がいろいろな形をしている.

H038. ウチワヤンマ Sinictinogomphus clavatus clavatus
H039. タイワンウチワヤンマ Ictinogomphus pertinax
H040. コオニヤンマ Sieboldius albardae
H041. オナガサナエ Melligomphus viridicostus
 H042. アオサナエ Nihonogomphus viridis
H043. クロサナエ Davidius fujiama
H044. ダビドサナエ Davidius nanus
 H045. ヒラサナエ Davidius moiwanus taruii
H046. ヒメクロサナエ Lanthus fujiacus
 H047. ヒメサナエ Sinogomphus flavolimbatus
H048. オジロサナエ Stylogomphus suzukii
NT H049. タベサナエ Trigomphus citimus tabei
NT H050. オグマサナエ Trigomphus ogumai
 H051. コサナエ Trigomphus melampus
NT H052. フタスジサナエ Trigomphus interruptus
 H053. ミヤマサナエ Anisogomphus maacki
VU  H054. ナゴヤサナエ Stylurus nagoyanus
 H056. ホンサナエ Shaogomphus postocularis
NT  H057. キイロサナエ Asiagomphus pryeri
H058. ヤマサナエ Asiagomphus melaenops


ムカシヤンマ科 Petaluridae

▲体長は30mm前後.触角(しょっかく)は太く,6節しかない.

 H059. ムカシヤンマ Tanypteryx pryeri


ヤンマ型の幼虫(2)(オニヤンマのなかま)Cordulegastridae

▲体長は50mm前後.触角(しょっかく)は糸のように細い.翅芽(しが)が少し左右に開いている.


オニヤンマ科(オニヤンマのなかま) Family Cordulegastridae
H060. オニヤンマ Anotogaster sieboldii


トンボ型の幼虫(1)エゾトンボ科(エゾトンボのなかま)Corduliidae

▲体長はふつう20mmをこえる.下唇(かしん)はスプーンのような形.触角(しょっかく)は太めの糸のよう.

H061. トラフトンボ Epitheca marginata
 H062. タカネトンボ Somatochlora uchidai
 H063. エゾトンボ Somatochlora viridiaenea
VU  H064. ハネビロエゾトンボ Somatochlora clavata


ヤマトンボ型の幼虫 ヤマトンボ科(ヤマトンボのなかま)Macromiidae

▲体長は25mmをこえる.あしがとても長くクモのように見える.触角(しょっかく)は糸のように細い.

H065. オオヤマトンボ Epophthalmia elegans elegans
NT  H066. キイロヤマトンボ Macromia daimoji
H067. コヤマトンボ Macromia amphigena amphigena


トンボ型の幼虫(2)トンボ科(トンボのなかま)Libellulidae

▲大きさは8mmから22mmくらいまで.下唇(かしん)はスプーンのような形.触角(しょっかく)は糸のように細い.

H068. チョウトンボ Rhyothemis fuliginosa
H070. ナツアカネ Sympetrum darwinianum(アカトンボ)
EN  H071. マダラナニワトンボ Sympetrum maculatum(アカトンボ)
VU  H072. ナニワトンボ Sympetrum gracile(アカトンボ)
H073. リスアカネ Sympetrum risi risi(アカトンボ)
H074. ノシメトンボ Sympetrum infuscatum(アカトンボ)
 H075. アキアカネ Sympetrum frequens(アカトンボ)
H077. タイリクアカネ Sympetrum striolatum imitoides(アカトンボ)
H078. コノシメトンボ Sympetrum baccha matutinum(アカトンボ)
 H079. ヒメアカネ Sympetrum parvulum(アカトンボ)
H080. マユタテアカネ Sympetrum eroticum eroticum(アカトンボ)
H081. マイコアカネ Sympetrum kunckeli(アカトンボ)
 H082. ミヤマアカネ Sympetrum pedemontanum elatum(アカトンボ)
H084. ネキトンボ Sympetrum speciosum speciosum(アカトンボ)
H085. キトンボ Sympetrum croceolum(アカトンボ)
EN  H086. オオキトンボ Sympetrum uniforme(アカトンボ)
H089. コシアキトンボ Pseudothemis zonata
H090. コフキトンボ Deielia phaon
 H092. ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea
H093. ショウジョウトンボ Crocothemis servilia mariannae
H094. ウスバキトンボ Pantala flavescens
H096. ハラビロトンボ Lyriothemis pachygastra
H097. シオカラトンボ Orthetrum albistylum speciosum
H098. シオヤトンボ Orthetrum japonicum
H099. オオシオカラトンボ Orthetrum melania melania
 H100. ヨツボシトンボ Libellula quadrimaculata asahinai
CR  H101. ベッコウトンボ Libellula angelina


 上のリストは,兵庫県に生息している(生息していた)トンボのリストです.ぐうぜん兵庫県内にやって来たトンボは省いています.番号がとんでいるのは,そのためです.日本のレッドリストにのっている種については,マークをつけています.レッドリストは環境省(かんきょうしょう)による最新のみなおし(2019年1月24日)をもとにしています.

CR  絶めつ危ぐIA類 EN  絶めつ危ぐIB類 VU  絶めつ危ぐII類 NT  準絶めつ危ぐ
A,B,C,注 兵庫県のレッドリストにのった種 (2012年の情報)