トンボ歳時記総集編 6月−8月

クロイトトンボたちの活動期
写真1.抽水植物,沈水植物,浮葉植物の繁茂した,まわりに樹林のない平地の皿池.

 クロイトトンボ属の各イトトンボは春から初秋にかけて出現するトンボです.もっとも,最近は暦上初秋になる9月はまだ夏の真っ盛りといった感じですので,これらは春から夏にかけてのトンボと言っていいと思います.兵庫県南部のため池調査をしたとき,オオイトトンボを除く3種が見つかりました.調査は定量的に行っていますのでそれらの消長が分かります(右のグラフ).これを見ると,いずれも5月下旬に成虫出現のピークが見られます.クロイトトンボについては9月にもう一度小さなピークが見られます.
 クロイトトンボ属4種は,兵庫県では一年二化している可能性が高いと考えられます.私の定量調査は8−9月上旬の調査が空白状態なので,近畿地方全体の報告をみてみますと,4種とも夏の終わりから秋口にかけても小さなピークがあるように見えます*1.さらに私の観察では,7月から9月にかけての成虫は,5月頃のものに比べてやや小型になっています.多くのトンボで二化目はやや小型個体になる傾向があり,これは二化していることを示唆する結果です.
 以上をまとめますと,まず終齢またはその近くの齢で越冬した幼虫たちが,春にまとまって羽化し,第一のピークをつくると考えられます.そしてその子孫のうち早く産下された卵から成長した一部の出生群が,夏に羽化し,小さな第二のピークをつくると思われます.そうすればこの第二のピークが小さいことも説明できます.夏に羽化できなかった出生群は,夏の世代の子孫とともに,幼虫で越冬に入るのでしょう.

写真2.左:5月4日,中:5月6日,右:5月4日.羽化するクロイトトンボたち..

 ではまず,クロイトトンボから見ていきましょう.クロイトトンボは,どちらかといえば,樹林が隣接した池に多く見られます.すでに紹介したように,4月の下旬には羽化が始まり,5月上旬まで,羽化のピークが続きます.その羽化群が5中旬頃に繁殖活動を迎えます.これが成虫出現の第一のピークになります.

写真3.左:5月6日,右:4月24日.羽化した後,池のまわりに広がる草地で休む未熟なクロイトトンボのオス(左)とメス(右).
写真4.左:5月15日.春の池の畔,芽生え始めた水草を横目に交尾をするカップル.メスは青色.
写真5.5月15日.上の写真と同じ日,緑色型のメスが,オスと移精行動,そして交尾に至っている.
写真6.左:5月20日.川で産卵するクロイトトンボのペア.

 クロイトトンボは潜水産卵も行います.あまり積極的に行っているようには見えませんが,水面下にしか産卵基質がないときなどに見られる気がします.これも5月の第一のピークのころによく見られる行動です.オス・メスがタンデムになったままで,メスが後ずさりしながら産卵を続け,オスを引き込むようにして潜水状態になります.
 潜水産卵するイトトンボは,翅が水に取られないように,潜水時に水に接する後翅の外面(下面)に気泡を溜めるしくみがあるようです.しかし他の面にはそれがないようで,水面に落ちた不均翅亜目のトンボの翅が水面に貼り付くように,クロイトトンボの翅の内面(上面)が水面に貼り付いてしまって動けなくなった状態のオスを観察しました.

写真7.5月18日.タンデム状態で潜水産卵をするクロイトトンボのペア.メスがオスを引きずり込む.
写真8.6月13日.潜水産卵できるクロイトトンボが,翅を水面に取られてもがいている.メスに助けられた.

 クロイトトンボはさらに夏になっても活動を続けています.5月のようにたくさんいるというわけではありませんが,あちこちの池で,タンデムになっていたり,産卵をしていたり,熱心に繁殖活動をやっています.あまりに普通種なので,クロイトトンボだけをねらって観察するという機会がなく,色々なトンボの観察の待ち時間などに観察することが普通になってしまっています.これはトンボ屋としてはいけませんね.
 右のグラフは,採集活動をしっかりとやっていた1990年前後の神戸市内の採集記録です.5月から7月のピークに続いて,8月から9月にもう一つの少し小さいピークがあるように見えます.

写真9.8月2日.緑色のメスとの産卵活動.
写真10.7月30日.青色メスとの産卵.
写真11.左:7月7日,右上:6月10日,右下:7月23日.単独で潜水産卵をしようとしているメス(左)と,交尾態のペアたち(右).

 クロイトトンボのオスは,夏の暑い日にも浮葉植物の上に止まって,メスを待っています.水面ギリギリのところをビュンビュン飛び回っているのをよく見かけます.また水面上でホバリングしてじっとしていることもあります.一方で,繁殖活動はどちらかというと日陰で多く見られます.いわゆるグループ産卵をしていることもあります.

写真12.7月31日.暑い夏は,日陰の池や池の陰になったところで産卵活動をしていることが多い.

 こうやって夏を過ごし,やがて姿を消していきます.9月になると観察例が少なくなります.私は,9月13日に,川で繁殖活動をしているクロイトトンボを観察したことがあります.もうメスの色も褪せていて,白っぽくなっていました.

写真13.左:9月13日,右:9月2日.まだ若々しい感じのするクロイトトンボのペア(左)と,浮葉植物に止まるオス(右).
写真14.9月13日.川で産卵するクロイトトンボのペア.おそらく緑メスだが,色が褪せて黄色っぽくなっている.

 クロイトトンボとよく一緒に生息しているのがオオイトトンボです.ただ兵庫県では,オオイトトンボが減少しているようで,クロイトトンボしか見られない池がほとんどになっています.1990年代では,山間のきれいな池を訪れれば,たいがいその姿を見ることができました.現在は非常に限られた池でした見ることができません.以前神戸市内をオオイトトンボを求めて探し回りましたが,見つけることができなかったことがあります.2019年11月に行われた日本トンボ学会でもオオイトトンボの減少が報告され,今度改訂されるレッドデータブックに掲載されることになるかもしれません.

写真15.左:1990年7月13日.右:2006年9月2日.かつての神戸市内での生息地にて.春から秋口までオオイトトンボが元気に飛ぶのが見られた.

 さて,そんなオオイトトンボですが,たくさんいる生息地では4月の下旬には羽化を終えて,繁殖活動をしています.その後,特に数の減少を感じることもなく活動を続け,夏を迎える感じです.兵庫県南部では二化しているようで,その後,9月に入るまで観察を続けることができます.8月に入ったころの個体は,やや小さく感じられます.下の一連の写真は,すべて同じ生息場所で撮ったもので,4月からずっと繁殖活動をしていることが分かります.
 またクロイトトンボと同じくオオイトトンボもよく潜水産卵を行います.やはりメスが後ずさりしてオスを引き込むように潜水します.

写真16.左上:4月29日,左下・右上:5月26日,右下:5月10日.4月から5月にかけて活動するオオイトトンボたち.
写真17.6月7日.連結植物内産卵をするオオイトトンボ.6月に活動するオオイトトンボ.
写真18.6月23日.潜水産卵を始めているペア(左)と完全に潜ってしまったペア(右).6月に活動するオオイトトンボ.
写真19.左:7月13日,右:7月17日.オオイトトンボはほとんどの場合連結産卵をしているが,珍しく単独産卵をしていた(左).

 7月頃までは個体数も多く,繁殖活動も普通に見ることができます.しかし8月に入ると,個体数の減少を感じるようになります.最近の観察地が兵庫県北部のせいかもしれませんが,9月の早い時期に姿を消してしまうように思えます.私の一番遅い記録は,神戸市内のもので,10月1日です.

写真20.左上:8月19日,左下:8月12日,右上:8月25日,右下:8月10日.すべて違う生息地で撮影.8月のオオイトトンボ.体型がやや小さい.
写真21.左:9月2日,右:9月9日.9月に入ると,個体数は大きく減少し,あまり姿を見ることができなくなる.

 次はセスジイトトンボです.セスジイトトンボは,樹林が隣接した池に棲むクロイトトンボやオオイトトンボと違って,平地の開けた池の生活者です.平地を流れる河川や平地の開けた明るい池に生息しています.1990年代にはどこにでもいたような気がしていますが,現在見つけるのが難しくなっています.2018年8月5日にちょっと気合いを入れてセスジイトトンボを探したことがあります.しかしわずか1頭しか見つかりませんでした.このときは直前に降り続いた豪雨のせいかと思ったのですが,2019年の日本トンボ学会でもセスジイトトンボが減ったという報告があって,兵庫県でも激減しているのかもしれません.普通種ということで本格的な観察を後回しにしていたこともあり,意外と手元の写真記録がありません.
 右のグラフのように,やはり9月頃に二つ目のピークがあるように見えます.

写真22.左:5月30日,右:日付不詳.かつて神戸市内でも普通に見られたセスジイトトンボ(左).右はオオフサモの沈水部分に産卵するペア.いずれも河川.

 セスジイトトンボのように,流水環境と止水環境の両方に分け隔てなく生息している種はそれほど多くありません.兵庫県南部地方の大きな河川は,治水工事が進んでいて,あまり沈水植物が繁茂しているような場所がありません.また用水路も圃場整備で消えていっています.一方植生が豊富であった平地の大きな池には,ヌートリアやアカミミガメなどの外来性の動物が入り込んで植物を食い尽くしてしまっています.そんなわけで,100頭以上がまとまっているといった場所はなくなってしまいました.2000年頃には,一つの池で300頭以上数えたこともありましたが...
 ということで,トンボ歳時記を始めたころには生態を記録することが出来る場所もなく,私の油断もあって,以下には時期を追って記録した写真を並べるだけしかできません.なお交尾は流畔で行われ,産卵は連結植物内産卵で沈水植物が好きなようです.繁殖活動をしないメスや未熟な個体は,池周辺の草地に潜り込んで暮らしています.

写真23.左・右上:5月30日,右下:5月10日.未熟な個体(右下)や,繁殖活動しない個体は,池周辺の草の中で暮らしている.
写真24.6月2日.池周辺の草地でオスはメスを捕まえ,交尾をしてから,タンデム態で産卵に向かう.
写真25.6月14日.産卵は連結植物内産卵.沈水植物が好きで,コカナダモに産卵している.
写真26.右:7月4日,左:8月27日.池周辺の草の中で生活するメス.この時期にも若い個体(左上)がいて羽化が行われていることが分かる.
写真27.9月11日.おそらく二化目と思われる個体による秋の繁殖活動.

 最後はムスジイトトンボです.ムスジイトトンボは,このクロイトトンボ属4種の中では,おそらくもっとも南方に分布域が広がっているトンボです.南大東島でも見かけたことがありました.南方系のトンボは,兵庫県では,どちらかといえば海岸に近いところに生活しています.ムスジイトトンボは港湾域に建造されている公園の池などによく姿を現します.したがって移動性があるようです.セスジイトトンボに混じって生活しているのをよく見かけます.青の色あいが微妙に違うので,慣れたら見ただけで区別できるようになります.海岸近くに多いと考えられていましたが,慎重に調査をしてみますと,かなり内陸部にも分布していることが分かってきました.
 2000年頃にものすごい数が出た池に遭遇したことがあります.そのときはたくさんの個体が連結植物内産卵をしていました.しかし,トンボ歳時記を始めて以降は,セスジイトトンボと同じように大量に出現する池に当たることはおろか,ムスジイトトンボに出会うことさえ難しくなってしまいました.2008年に始めたトンボ歳時記に掲載した兵庫県内の観察例は,写真28−31の数回だけです.したがって,その生態を観察するのは兵庫県ではかなり困難になっているといえます.
 なお1990年頃の採集結果からみた消長は,右のグラフのようになっています.

写真28.5月30日.ムスジイトトンボの交尾.ムスジイトトンボの典型的な生息場所とは違うと思われる,中国自動車道から近い内陸部の小さな池である.
写真29.左上:6月9日,左下:7月31日,右:10月29日.ときどき,思いがけないところで出会う,単独で止まっているムスジイトトンボ.右は兵庫県北部.
写真30.9月2日.若いムスジイトトンボのメス.胸部がまだ緑色をしており腹部にもコバルト色が出ていない.若い個体であることが分かる.
写真31.9月18日.成熟したムスジイトトンボのメス.胸部が黄褐色になり腹部にコバルト色が出ている.成熟した個体であることが分かる.
写真32.9月23日.成熟したオス(左上)とメス(右),および羽化直後のオス(左下).この時期に未熟個体が出ていることは二化していることをうかがわせる.

 四国へトンボを観察に行ったときに,海岸近くの池で,ムスジイトトンボの繁殖活動を観察しました.ここではそれを紹介しておきます.
 お昼過ぎ,池を訪れますと,ムスジイトトンボのオスが水面ギリギリのところを飛び回っています.ときどき岸近くの石の上や藻の上に止まります.タンデムになったペアも,岸から離れた池の中央あたりで,水面ギリギリのところを飛んでいます.近くで産卵行動を見たいのですが,ペアはあまり岸近くにやってきません.池の真ん中で,飛んだり止まったり,産卵行動をとったりしています.シオカラトンボがペアを急襲すると,ペアは水面に落ちるようにして浮かび,動きを止めました.きっと敵の目をかわす作戦なのでしょう.ペアは稀に岸近くの藻の上に止まることがあります.しかし産卵をする気配はなく,タンデム状態でじっとしているだけです.

写真33.7月15日.岸近くの石の上から池の方を見ているオス(左).池の中央あたりの水面で活動するペア.右下はシオカラトンボの急襲で水面に浮かんだペア.
写真34.7月15日.ときどき足下にやってくるのだが,産卵をする気配は全くない.
写真35.7月15日.単独オスはやはりペアが気になるらしい.よく近づいていくのが観察される(右).

 そんな観察を続けていますと,少し先の方で,一つのペアが潜水を始めました.彼らは潜水産卵がしたかったようです.写真に時間をつけておきました.わずか45秒ほどで,かなり深く潜ってしまうことが分かります.そしてよく見ていると,別の場所でも潜水産卵をしています.彼らが池の真ん中あたりにいるのは,そこに沈水性の産卵基質があるからだと分かりました.ここのムスジイトトンボは潜水産卵を普通に行っているようでした.暑いからかなぁ...,などと思わず考えてしまいました.

写真36.7月15日.ムスジイトトンボの潜水産卵とその過程.潜り始めてからわずか1分足らずでかなり深く潜ってしまった.

 関東のある県では,クロイトトンボですら数を減らし,観察困難になっているという報告が,2019年の日本トンボ学会でありました.兵庫県でも,クロイトトンボはまだ健在といえるものの,オオイトトンボ,ムスジイトトンボ,セスジイトトンボが観察困難になっています.このうち,平地の池に生息するムスジイトトンボとセスジイトトンボについては,多くの池に見られる沈水植物の消滅が大きく響いているように思えます.写真1の池は非常に植生が豊かだったのですが,この池にも2008年にヌートリアの姿が確認され(写真37左),それ以降写真のような植生が茂る池ではなくなり,広く開水面が広がるだけの池になりました.
 また,多くの池でアカミミガメ(写真37右)が急増し,そのような池でも沈水植生が破壊されているように感じます.沈水植物は,セスジイトトンボやムスジイトトンボにとっては重要な産卵基質であり,幼虫のすみかでもあります.さらに農薬などの薬剤は,低い位置につくられる平地池に流入しやすくなります.こういった複合要因により,セスジイトトンボとムスジイトトンボが急減しているのかもしれません.

写真37.2008年写真1の池に現れたヌートリア(左)と,餌をもらおうと人が岸近くを通るとついてくるアカミミガメ(右).