トンボ歳時記総集編 4月−5月上旬

春早く現れる通季種たち
写真1.ゲンゲの花が水田いっぱいに咲き誇る春の日.

 春は,いわゆる春季種が次々に出てくる季節である.しかし,春から秋までトンボシーズン全体を通して出現する種−通季種*1−たちも,春季種に負けないくらい早く羽化し,活動をはじめる.もちろん,これらの種の繁殖活動のピーク,つまりたくさんの個体が繁殖活動しているのが観察できる時期,は4月から5月上旬ではない.でも中には4月下旬に,すでに繁殖活動を開始しているものもいる.彼らも,春を彩るトンボたちに間違いはない.ここではそういったトンボたちを見ていこう.
 まずはギンヤンマである.春のギンヤンマといえばクロスジギンヤンマが思い浮かべられるが,それと同じくらい早く現れ,繁殖活動を開始するのがギンヤンマである.4月の下旬には羽化する個体がある,そして5月には繁殖活動を行っている.ヨツボシトンボなどとほとんど同じ時期である.

写真2.左:4月24日,右:5月17日.抽水植物がやっと葉をのばすころ羽化している.5月中旬には産卵が見られる.

 次はアジアイトトンボ.アジアイトトンボも,ホソミイトトンボなど成虫越冬種が活動しているころ,羽化してくる.成熟までの日数も短く,4月下旬には産卵活動も見られる.アジアイトトンボは兵庫県南部ではおそらく一年二化している.夏ころ一時的に姿が見られにくくなり,秋口に再び姿が普通に見られるようになる.その一化目が早春に出てくるのである.

写真3.左:4月28日,右:4月20日.羽化直後のアジアイトトンボ(右)と,4月下旬に産卵をしているメス(左).

 クロイトトンボも早春に羽化する通季種である.4月下旬に羽化し,ゴールデンウィークには産卵活動が見られる.クロイトトンボはほぼ秋まで連続的に見ることができるトンボである.数が目立つのはもう少し後になるものの,春一番の池を賑わせるトンボであることは間違いない.どちらかというと樹林に囲まれた池に多く見られる.

写真3.左・中:5月4日,右:4月28日.クロイトトンボの羽化(左)と,まだ白粉を吹いていないテネラルなクロイトトンボオス(右).
写真3.左:5月2日,右:5月1日.移精行動が終わって交尾に移行する途中の状態(左),産卵しているクロイトトンボ(右).

 最後はシオカラトンボ.どこにでもいる普通種であるがゆえ,逆にあまり記録に撮っていない.4月の下旬から出現し,10月にかかるまで姿を見続けることができる.4月に見られる個体は,羽化直後からテネラルな個体がほとんでであるが,成熟が進んだ個体も4月の末には見られるようになる.下の写真では,メスの複眼がエメラルド色になっている.

写真3.左:4月18日,右:4月28日.テネラルなシオカラトンボのメス(左)と,複眼がエメラルド色になって成熟しているメス(右).