デジタルトンボ図鑑
カワトンボ科 Calopterygidae Selys, 1850
 日本国内にはカワトンボ科は5属7種が分布する,これらのうち同定が比較的容易なのは以下の場合である.

 タイワンハグロトンボ属のリュウキュウハグロトンボは奄美大島,徳之島,沖縄本島に分布し,他のカワトンボ科の種はこれらの地域には分布していない.キヌバカワトンボ属のクロイワカワトンボは石垣島,西表島に分布していて,他のカワトンボ科の種はこれらの地域には分布していない.アオハダトンボ属のミヤマカワトンボはその大きさと翅全体が褐色透明で後翅先端の方に濃い褐色帯があることで他種と混同することはまずないであろう.アオハダトンボ属のアオハダトンボとハグロトンボはその分布域が大きく重なるが,♀については,アオハダトンボに白い偽縁紋があるので区別は容易である.

 カワトンボ属のニホンカワトンボについては,前縁部から翅室4〜5列程度の不透明斑を持つ橙色翅型♂(アサヒナカワトンボで翅室2列程度の不透明斑を持つ橙色型♂がある)および橙色のはっきりした淡橙色翅型♀は,翅の特徴で他種と区別できる.また東北地方と北海道にはアサヒナカワトンボが分布しないので,この地域の橙色翅型♂および透明翅型の♂♀はニホンカワトンボとしてよいであろう.少し難しくなるが,翅全体が淡い橙色または桃色に見える個体で,翅脈を前から見たとき赤色(浜田・井上,1985)である個体は淡橙色型♂であって,これもニホンカワトンボとしてよい.
 カワトンボ属のアサヒナカワトンボについては,九州に分布する茶色翅型♂および不透明斑を持たない(あるいは持っていても前縁部から翅室2列程度の不透明斑しかない)橙色翅型♂はアサヒナカワトンボとしてよい.さらに,四国,紀伊半島の中央構造線より南側にはニホンカワトンボが分布しないので,これらの分布境界域を除く南部の橙色翅型♂および透明翅型♂♀はアサヒナカワトンボとしてよいであろう.

 したがって残された同定上の困難点は,ハグロトンボとアオハダトンボの♂の区別(図2),翅の透明あるいは透明に近いニホンカワトンボとアサヒナカワトンボの区別,そしてやっかいなのがニホンカワトンボとアサヒナカワトンボの中間的な形質を持つ個体の同定である.このうちニホンカワトンボとアサヒナカワトンボについては,筆者はすべての地域の標本を持っていなくて形態について詳細に議論できる立場にない.同定をしようと思う者は,自分の調査地域にどのような型のニホンカワトンボおよびアサヒナカワトンボが分布するかを文献等でよく調査してから,慎重に同定を進めることが求められる.図3,図4には,一般的に知られている,典型的な個体の区別法を記した.

 カワトンボ科で,分布域からほぼ区別ができる地域と種は以下の通り.本州・四国の白色の都府県において,ニホンカワトンボとアサヒナカワトンボの区別が難しくなる.ただし地域によっては,例えば神戸市のように,ニホンカワトンボは橙色翅型♂+淡橙色翅型♀だけでアサヒナカワトンボは透明翅型♂♀だけしかいない(ただし最近橙色翅のアサヒナカワトンボが限られた場所で発見された),というように,容易に区別できる場合がある.調査地域の分布状況についてよく調べることが大切である.

図1.カワトンボ科各種で,その分布域から区別できる種.
図1.カワトンボ科各種で,その分布域から区別できる種(浜田・井上,1985参照).
 アオハダトンボ♂とハグロトンボ♂は,普通翅の形で区別する.アオハダトンボの方が,幅に対して長さが短く,また翅の後縁の円味が強い.


図2.アオハダトンボ♂とハグロトンボ♂の翅の形の違い.
図2.アオハダトンボ♂とハグロトンボ♂の翅の形の違い.
 ニホンカワトンボとアサヒナカワトンボを形態から区別する場合,一つは,頭幅長(白色矢印)に対する翅胸高(黄色矢印)の比を見る.ニホンカワトンボの方がこの比が大きくなっていて翅胸高が高く見える.もう一つは縁紋の形(赤色矢印)であって,ニホンカワトンボの方が細長い.しかし,これらの形質は地域差,個体差があるようで,絶対確実な区別点とはならないようである.
図3.典型的な個体におけるニホンカワトンボ透明翅型♂とアサヒナカワトンボ透明翅型♂の違い.
図3.典型的な個体における
ニホンカワトンボ透明翅型♂とアサヒナカワトンボ透明翅型♂の違い.
図4.典型的な個体におけるニホンカワトンボ透明翅型♀とアサヒナカワトンボ透明翅型♀の違い.
図4.典型的な個体における
ニホンカワトンボ透明翅型♀とアサヒナカワトンボ透明翅型♀の違い.

浜田康・井上清,1985.日本産トンボ大図鑑.講談社.














ページリンク

カワトンボ科 Family Calopterygidae

キヌバカワトンボ属
Genus Psolodesmus
008. クロイワカワトンボ
 P. mandarinus kuroiwae

タイワンハグロトンボ属
Genus Matrona
014. リュウキュウハグロトンボ
 Matrona japonica








































ページリンク

アオハダトンボ属
Genus Calopteryx
011. アオハダトンボ
 Calopteryx japonica
012. ミヤマカワトンボ
 Calopteryx cornelia

ハグロトンボ属
Genus Atrocalopteryx
013. ハグロトンボ
 Atrocalopteryx atrata





















ページリンク

カワトンボ属
Genus Mnais
009. ニホンカワトンボ
 Mnais costalis
010. アサヒナカワトンボ
 Mnais pruinosa