H101.ベッコウトンボ Libellula angelina
生息環境の写真
生息環境
 元来は,氾濫原にあって,できからてあまり時間が経っていないような池を求めて平地を飛び回っていたのではないかと,九州や山口県の産地の状態や本種の分散パターンから推察される.しかし平地が開発されそういった環境がなくなったとき,丘陵地の池に生き残っている場合がある.池は,浅くて,ヨシやヒメガマの群落が豊かに,しかしあまり密になり過ぎない程度に繁茂していることが共通の特徴である.写真はかつてのベッコウトンボの産地で,現在は消滅している.生息していた当時よりヨシが少し密に茂りすぎている.
貧栄養でヨシやガマなどが繁茂する池.