神戸のトンボたち
K093. ベッコウトンボ Libellula angelina
未熟なオスの静止.1992.4.,神戸市西区.
未熟なオスの静止.1992.4.,神戸市西区./神戸市RDB:
 ベッコウトンボは,ヒヌマイトトンボ(神戸にはいません)とともに,1989年に,昆虫としては初めてレッドリストの絶滅危惧種に指定されたもので,全国的に見ても確実な生息地は数えるほどしかありません.
 大都会の近くでは神戸市が唯一のもので,貴重な個体群でした.しかしながら,1995年冬の阪神大震災で生息池が被害を受け水が枯れてしまい,1995年春に少数の発生を見たものの,それ以降その姿をみていません.絶滅したのは確実です.あまり知られていませんが,地震によって神戸から失われた貴重なものの一つといえましょう.
 オスは,未熟な時は写真のようにべっ甲色をしていますが,成熟すると真っ黒になります.