トンボ歳時記総集編 4月−5月上旬

トンボの中のトンボたち!?
写真1.春,昨秋刈り取られた跡から,ヨシが一斉に芽吹き,伸長している.

 「トンボの中のトンボ」というのは,このページで紹介するベッコウトンボとヨツボシトンボのことである.これらのトンボが属する上位分類名が,和名では,トンボ目/トンボ科/ヨツボシトンボ属,学名では,Order Odonata / Family Libellulidae / Genus Libellula となる.Odonata,Libellula は,いずれもトンボという意味で,学名を直訳すると,トンボ目/トンボ科/「トンボ」属となり,ベッコウトンボとヨツボシトンボはその上位分類名がすべて「トンボ」であって,つまりトンボの中のトンボということになる.
 この2種のうち,残念ながらベッコウトンボは,2006年を最後に,兵庫県下で見つかっていない.もう15年近くになるので,おそらく県内絶滅は間違いないことと思われる.神戸市でも,1995年を最後に姿を消している.ベッコウトンボもヨツボシトンボも,写真1のような,ヨシが茂った池に生息していた.
 ベッコウトンボは,だいたい4月20日ころから羽化が始まる.ヨシの茎につかまって,早朝に羽化する.羽化した個体は周辺の草地に広がる.このころ草地はまだ新芽が芽吹いたばかりで,ほとんどは冬枯れの淡褐色の状態である.ベッコウトンボの未熟な個体は,オス・メスとも枯れ草色をしていて,枯れ草状態の草原に溶け込む.

写真2.左:4月12日.右:4月21日.ベッコウトンボの羽化.左は自宅羽化で少し時期的に早い.右は生息地での羽化.
写真3.4月22日.ベッコウトンボの未熟なオス.枯れ草色をしていて,まわりの色に同化している.
写真4.4月--日.ベッコウトンボの未熟なメス(左上,左下)とオス(それ以外).ベッコウトンボの名にふさわしく鼈甲色をしている
写真5.4月22日.ベッコウトンボの未熟なメス.
写真6.左:4月22日,右:4月--日.写真2から写真5までは神戸市内で撮影したもの.これらは,加西市(左),小野市(右)の生息地で撮影した.

 4月の末,ゴールデンウィークに入るころ,ベッコウトンボは池に現れる.オスは未熟なころとは異なり,体が黒くなっている.腹部の先端から黒くなっていくので,胸部や腹部の根元がまだ濃褐色の個体もいる.池に現れると,オスたちは活発に活動する.ヨシやガマの間をビュンビュン飛び回ったり,棒の先などに止まったりして縄張りを形成しようとしている.しかし小さな生息場所に多くの個体が入りこんでいるので,絶えず闘争が起きる.2頭のオスが横に並んで,ホバリング気味にゆっくりと前に進み,その後一気に上昇する.その際,下の方に位置した個体が縄張りの占有者であるようで,下から上へ追いやるようにして上昇している.この闘争の姿はコシアキトンボに似ている.
 メスが入ってくると,オスがあっという間に捕捉し,十数秒という非常に短い時間,飛翔しながら交尾をして,メスを放す.メスは,すぐに打水産卵を始める.打水後の上昇距離は結構大きい.オスに追われながらの産卵の場合,非常に広い範囲を飛び回りながら産卵する.このあたりの写真記録はないが,ビデオに記録がある.

写真7.5月1日.ヨシのすき間で闘争をしているオスたち.だいたい下側の個体が上側の個体を追い払う.
写真8.左上左下:5月1日,その他:5月4日.オスは成熟すると真っ黒になる.腹部の先のほうから黒くなるので,胸部がやや褐色の個体もいる.
写真9.左:5月1日.右:4月22日.透き通った水の池の上で縄張り活動をするオス(左).メスは未熟個体.成熟個体はなかなか姿が見られなかった.

 ベッコウトンボにほんの少し遅れて登場するのが,ヨツボシトンボである.またベッコウトンボは羽化の同調性が高いが,ヨツボシトンボはベッコウトンボに比べると羽化時期に少しだけはばがある.5月に入ってからの羽化や5月の中旬に未熟個体が見られたりする.ヨツボシトンボとベッコウトンボは混生していることが多い.通常は羽化は4月の下旬からはじまり,そして5月のゴールデンウィークのあたりには,池で活発な繁殖活動が行われている.

写真10.左:5月2日.右:5月15日.メスの羽化(左).未熟なオス(右).いずれの個体も,他の個体に比べると遅い.他のオスはすでに活動していた.
写真11.5月4日.成熟し,植物の先端に止まって周囲を監視しているオス.
写真12.5月15日.伸び始めたヨシの葉に止まって周囲を見渡しているオスと,飛翔してパトロールするオス.

 メスが産卵に入ってくると,オスはそれをめざとく見つけて捕捉し,交尾を行う.交尾は飛翔しながら行われ,通常十数秒で終わる.交尾が終わると,メスはすぐに産卵を始める.抽水植物の間に入りこんで,チョンチョンと打水する.打水といっても,よく見ると,水滴が前方に飛んでいる.飛水産卵をやっているのだ.シオカラトンボ,オオシオカラトンボ,シオヤトンボなども飛水産卵をするが,これらの場合は,水滴が飛ぶ方向に植物体や地面があって,そこに水滴を飛ばすような行動をとっている.しかし,ヨツボシトンボの場合は水滴を前方に飛ばしても,そこには植物体も地面もない.水滴は全部水の上に落ちるのだ.こうなると卵は結局水中に落下するので,何のために前方に飛ばすのかが分からない.一つ考えられる解釈は,水面下にいる魚の目を欺くためであるということだ.おそらく水面下の卵捕食者は,打水した音やたたかれた時の水に動きに気を引かれるだろう.しかし卵はそこから少し前方に落ちるので,一瞬目をごまかすことができる.

写真13.5月1日.池で活発に活動をするオスたち.オスたちはよく飛び回る.そしてメスが産卵に入ってきたら,一斉に追飛する.
写真14.5月1日.ヨツボシトンボの交尾.交尾は飛びながら十数秒で終わる.飛んでいる間も動きまわるので,写真に撮れるのは奇跡的.
写真15.5月1日.飛水産卵.すべての打水がそうなっているわけではないが,多くの場合,水滴を前方に飛ばす産卵様式である.
写真16.5月1日.産卵するメス.カンガレイの間を飛び回って,産卵を行っているメス.ときどきオスの邪魔が入る.
写真17.5月4日.オスがメスを捕まえタンデムになり,交尾の後,メスが静止,お酢がそのまわりを飛び,やがてメスは産卵に...

 兵庫県北部でもヨツボシトンボは南部とほぼ同じ時期に活動している.オスが池の縁に止まってメスを待ち,メスは,水を前方に飛ばしながら,打水産卵する.水滴は細かく分かれて小さな粒となり,前方に飛び散る.打水の水紋の前方に,たくさんの水紋ができているのが見える.
 ヨツボシトンボの最盛期は5月中旬くらいまでで,下旬になると老熟が目立つようになる.長く生き残る個体では6月下旬まで生きのびる.

写真18.5月10日.池の端に静止するヨツボシトンボのオス(左)と,産卵に入ってきたメス(右).
写真19.5月10日.上のメスとは異なる個体.打水するポイントを探りながら飛び回るメス.
写真20.5月10日.打水した後飛び上がったメス.打水した後の水滴が前方に飛んで(右),水滴が落ちて連続した水紋が前方にできる(左).