No.731. アオモンイトトンボの観察.2020.5.21.

今夕,やっと兵庫県の緊急事態宣言が解除されました.県内であれば気兼ねなく出かけられるようになりそうです.まあまだ今日はその段階に至っていませんので,家の近くの池に行ってきました.今日のねらいはアオモンイトトンボです.実はトンボ歳時記の総集編を書いていて,この時期にアオモンイトトンボの観察に行ったことがほとんどないことに気づきました.

この時期といえば,サナエトンボやカワトンボをねらって,源流域や中流域,あるいは池へ出かけることが毎年のルーチンでした.この時期しかいないトンボが総出になるので,アオモンイトトンボを見に行く所まで手が回らないというのが本当のところ.今年は遠出を自粛しているので,逆にこれ幸いとアオモンイトトンボを優先したというわけです.

▲アオモンイトトンボのオス,摂食中.
▲アオモンイトトンボのメス,未熟色.
▲アオモンイトトンボの若い成熟個体.

午前中に着いたときには,アオモンイトトンボはたくさんいました.午前中というと交尾の時間帯ですが,意外と交尾しているカップルは少なかったです.数ペアというところ.

▲未熟色のメスとの交尾.
▲若い成熟色メスとの交尾.
▲オス色型メスとの交尾.

メスは結構たくさんいましたが,ほとんどが未熟色の個体でした.さらにどんどん羽化している状態でもありました.どうもアオモンイトトンボは,まだ少し早い感じがしました.オスの成熟度合いは測りにくいので分かりませんが,メスの成熟個体の姿がほとんどありません.それが証拠に,昨日,今日と,午後に産卵を見に来ましたが,見られたのはたったの1頭だけでした.

▲まだ若い感じのするメスの産卵.2020.5.20.

産卵が本格化するのはあと1週間ぐらいはかかりそうです.出現が早いトンボなので,もうこの時期バンバン産卵をやっていると予想していました.しかしこの時期あまり観察に来ていないことがたたって,生態についてちょっと不明な点があったようです.

さて,それ以外のトンボは,ショウジョウトンボとコフキトンボでした.コフキトンボはこの時期,早い出現の個体です.

▲コフキトンボのメス.まだ若い.

今日はビデオカメラを持って行ったので,写真はすべてそのリッピングです.さあ,この週末ぐらいから少し活動を活発化させたいです.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.731. アオモンイトトンボの観察.2020.5.21. はコメントを受け付けていません。

No.730. ヨツボシトンボの活動.2020.5.13.

今日は散歩コースで,ヨツボシトンボのビデオを回してきました.晴れの日の屋外は気持ちがいいものです.やはり一日一回は屋外の空気を吸いたいものです.自粛疲れが出てきた感じですね.今日は,写真はなく,ビデオ一本だけです.

ビデオ:ヨツボシトンボの活動.

元気に飛び回っているヨツボシトンボをご覧ください.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.730. ヨツボシトンボの活動.2020.5.13. はコメントを受け付けていません。

No.729. 近くの池にお散歩.2020.5.8.

昨日今日といいお天気,本来なら遠いところへ生きたいところですが,自粛で,お散歩がてら近くの池に出向いてきました.朝9:30頃は,少し気温が低くて,薄曇り,ほとんどトンボが飛んでいませんでした.11:00前から太陽が完全に顔を出し,トンボもやっと飛び始めました.

▲クロイトトンボの産卵.
▲ホソミイトトンボの交尾.
▲フタスジサナエのオス.

写真以外にも,トラフトンボ,ヨツボシトンボ,オツネントンボ,ホソミオツネントンボ,シオカラトンボなどが飛んでいました.今日のトピックスは,ギンヤンマです.5月8日の産卵は私にとっては記録です.あちこち移動しながら,連結産卵をやっていました.

▲5月8日のギンヤンマの産卵.だんだん太陽が出てきている.

ということで,今日はギンヤンマを見て,ストレスを発散しました.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.729. 近くの池にお散歩.2020.5.8. はコメントを受け付けていません。

No.728. やはりトンボの出がいまいちでした.2020.5.2.

2週間ほど自宅にこもりきりでしたので,今日は散歩・運動がてら,トンボを見てきました.暖かい日が続いていますし,5月に入りましたので,さぞや池は賑やかになっているだろうと思いましたが,飛んでいるトンボは,ホソミオツネントンボ1頭とシオヤトンボ1頭でした.トラフトンボも,ヨツボシトンボも,クロイトトンボも,フタスジサナエも,例年見られるトンボはまったく姿なし???

▲最初の池で見られたのはホソミオツネントンボ,それも1頭だけだった.

仕方なく,少し離れた池まで足を伸ばしました.しかし,そこも,静かな感じでした.さすがに池岸を歩いてガサガサやってみると,ちょっとだけコサナエ属が飛び出しました.それにしても,タベサナエ2頭,オグマサナエ1頭,フタスジサナエ1頭,シオヤトンボ3頭,トラフトンボ1頭というところでした.全然池が賑やかではありません.ちょっと農道を林に沿って歩いてみますと,コサナエ属が2,3頭追いかけ合いをしながら飛ぶのを見ました.まだ成熟していないのでしょうか.

▲タベサナエのオス.
▲オグマサナエのオス.
▲フタスジサナエのメス.まだ未熟である.

唯一接近遭遇できたフタスジサナエのメスの状態から見ると,やはり成熟が遅れている感じですね.羽化が遅かったのかもしれません.

▲シオヤトンボのオスとメス.
▲池を飛んでいたトラフトンボのオス.

なんか今年は違う感じですね.できるだけ外出は自粛ですが,今日は3密接近遭遇0でした.ねらいのオツネントンボは,なかなか出会えません.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.728. やはりトンボの出がいまいちでした.2020.5.2. はコメントを受け付けていません。

No.727. 春のトンボたちの出現は意外と遅い.2020.4.16

薄曇りの午前,緊急事態宣言のため,自宅にほとんどずっといましたが,健康にもよくないので,今日は運動がてら近くの池に行ってみました.出かけてみた感じたことは,今年の春のトンボの出現は遅いということでした.冬が非常に暖かかったので,トン本出現が早いのではないかと思ったりして,3月に2度ほど池を訪れたこともありましたが,ちょうど羽化期に寒くなり,遅れたのかもしれません.

さて,今日見たトンボは,まずはオツネントンボ.2頭のオスが池面を飛んでいました.

▲オツネントンボのオス

場所を移動してシオヤトンボを見に行きました.ヒラヒラと羽化直後の個体が飛んでいました.これも遅い感じですね.去年など4月10日には産卵していたのですから.羽化してから少し日にちが経った個体が1頭だけいました.

▲未熟なシオヤトンボ.

最後にコサナエ属を見に行きました.こちらも羽化直後と思われる個体がヒラヒラ飛んでいましたが,羽化して少し時間が経った個体もいました.数はそこそこでした.

▲タベサナエのオス.
▲タベサナエのメス.

歩く中での濃厚接触はありませんでした.歩く途中会った人は一人だけ.バードウオッチングをしていました.写真がちょっと不鮮明なのは,ビデオの切り出しのためです.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.727. 春のトンボたちの出現は意外と遅い.2020.4.16 はコメントを受け付けていません。