No.757. 意地になったマイコアカネの産卵撮影.2020.10.11.

マイコアカネの産卵をビデオ記録しようと連日のように出かけ,今日やっとのことで,何とかぎりぎりカメラに収めることができました.観察に出かけたのは,まず9月29日,10月1日の二日間.いずれも産卵にやって来ましたが,見つけたタイミングが悪く,まったくモノになりませんでした.しかし生息地の中で産卵によく入るポイントは,この二日間の観察でだいたい分かりました.続いて10月2日.この日,晴天続きのせいか,残念ながら産卵によく入るポイントの湿地部分が完全に干上がっていました.水のないところにはマイコアカネは産卵しませんので,この日はヒメアカネやオオアオイトトンボに転進.そして台風がやって来て長雨.

この長雨が,あの湿地部分に水がふたたびたまるという幸運をもたらすのではないかという予想で,台風一過の10月10日にふたたび出かけました.ありました.水がたまっています.そしてマイコアカネもちゃんといました.しかし,9月の末に比べるとオスの数は半減していました.もうマイコアカネはピークを過ぎているのですね.また台風の影響で減った可能性もあります.しかしこの日,12:00ごろに,メスが単独で産卵に入ってきました.予想通りのポイントに入りましたが,スゲの間に潜り込んで産卵するので,すぐに姿を見失うのとピントが合わせづらいのとで,結局ほんのワンカットだけの記録となりました.

こうなったら意地になってきました.今日10月11日もう一度出かけました.9:30に現地に入り,じっと同じポイントで待ちます.2時間経っても,オスがときどき飛ぶだけで,敗色濃厚になってきたとき,交尾態で飛ぶペアが目の前を横切りました.でも湿地で縄張りを張っているオスに追われ,姿を見失いました.しかし遠くへ飛んだ気配がないので,目指すポイントへ産卵に帰ってくることを信じ,待ちました.11:40,ポイントのすぐ後ろ側で産卵をしているペアを見つけました.場所は手持ちカメラの接近戦が良さそうです.かなり産卵し始めてから時間が経っていたようで,十分な記録ではありませんが,なんとかぎりぎり形にできました.5回通っての観察完了でした.

ビデオ:マイコアカネ

いやはや意地になった観察でした.

No.756. ヒメアカネの観察.2020.10.7.

今日は10月2日に続いて,ヒメアカネの観察に行ってきました.10月2日はトンボノートに記載がありません.それはビデオだけで記録したからです.この日はヒメアカネのオスは10頭以上湿地に降りてきていました.そして交尾態は3ペア.しかし,なかなかうまく動いてくれないので,ビデオに撮ることができませんでした.

今日は,そのリベンジです.2日とは場所を変えて出かけました.カメラも接近戦用の手持ちで臨むことにしました.ただ空模様がもう一つで,前線の雲がちょうど太陽を隠しています.前線がもう少し北にあったら,南側に青空が見えているだけに残念な感じです.まあ台風が近づいてきているそうなので,致し方ないでしょう.

観察地の湿地に入るには,夏の間にうっそうと茂ってしまった笹の間を藪漕ぎで抜けていかねばなりません.ということで,現地に入ったのはちょうど10時頃でした.ヒメアカネのオスは1頭だけ湿地に降りてきていました.

▲太陽が陰った湿地でメスを待っているオス1頭.

まったくトンボがいる気配がしないのでちょっと不安になりましたが,時間が経つにつれて,1頭,また1頭とオスが増えてきました.今日の湿地はかなり水が少なくなっていて,観察には都合良さそうです.というのは,あちこちに水がたまっていると,どこで産卵するか分からない,そして,多くの場合,草の根もとに潜り込んで見えない位置で産卵するからです.ところが今日は,そういった草が生えているところには水がなく,開けたところにだけ水がたまった状態なのです.多分開けたところで産卵するだろうと思って,メスを待っていました.

▲オスが1頭,また1頭と上から降りてきて,姿を見せはじめた.

11:00頃になると運良く雲が分散し,太陽が射し始めました.するとあっという間にオスが増え,交尾態も出てきました.最初の交尾態は見逃してしまいましたが,2ペア目は,足下のいかにも産卵しそうなところを飛んでいます.これにねらいを定めました.

▲あちこち移動しながら交尾を続けるペア.

やがて,オスはメスを放し,いつものようにメスに産卵をうながすような動きをします.しかしメスは関心なさそうにちょっと移動しては止まったまま.やがて,オスはそのメスに興味を失ったのか,メスのそばから離れていきました.するとメスはおもむろに産卵を始めました.

▲単独打泥産卵するヒメアカネのメス(ビデオの切り出し).

今日は産卵のビデオを撮るのが目的できているので,,手持ちのカメラで撮影を続けました.十分に近づいて撮影できる位置で産卵をしてくれるよい子ちゃんでした.向こうの方から足下にやって来て,トントン打泥産卵のパフォーマンスをしてくれました.記録は,10月2日の分と合わせて,7分を超えるビデオになってしまいましたが,時間があればどうぞご覧ください.

ビデオ:ヒメアカネの活動.

全部で5組くらいが交尾態になっていましたが,産卵に至ったのを確認できたのはこのメスだけでした.同時に2ペアはいったりするものですから,撮影についてはどうしようもありません.

さて,最後に観察した交尾態は12:00を回った頃のものでした.このペアは,それまでのペアと違って,湿地の隅でじっくりと交尾している風に見えました.産卵を始めるのを待ち続けましたが,こちらが根負けし,そのままにして観察を終えました.もう空はすっかりと曇り空になってしまっています.産卵を撮影している時だけ太陽が照っていたのはラッキーでした.

▲私が根負けした交尾ペア.いつまでもいつまでも交尾していた.

帰り道,湿地の外の小径にも交尾態がいました.産卵活動時間帯が終わったと思われる午後の交尾は,産卵前の交尾とは少し違った感じがしました.産卵ポイントではなく,少し離れたところで,長時間行われているからです.

▲湿地の外の小径で交尾するペア.

こんな感じで今日の観察を終えました.今日面白かったのは,ビデオでも解説していますが,オスとメスの駆け引きです.オスは交尾後メスを放し,そばに止まったりそばを飛んだりして,メスに産卵をうながすような動きをします.しかし,メスはこれに応じず,オスがいなくなってから産卵を始めるのです.メスは警護されたくないのでしょうか?

10月2日に行った生息地では,何年か前もそうでしたが,交尾後メスは産卵せずに樹上へ逃げていってしまうのです.何組ものペアでそういうことを見ましたので,そのときは,今日は産卵意欲がないのか,などと考えていました.

そして10月2日にも同じ行動を見ました.交尾後オスから離れたメスは,しばらくまとわりつくオスをやり過ごしていました.その後産卵を始めるかと思いきや,また樹上へ逃げていったのです.オスはそれを追いかけました.またか,と私は観察を中断しましたが,ちょっと後で1頭のメスが交尾していたあたりの草陰から飛び出したのです.これは産卵していたのかも知れません.ずっと見ていたわけではないので,先の樹上へ逃げたメスかどうかは確認できませんでした.

この生息地で,交尾後樹上へ上がるのは,オスをまくための逃避行動なのかも知れません.先のメスは,オスから逃げ切ったあと,こっそりと湿地に降りてきて産卵をしていたのかも知れません.

そうだとすると,今日の観察地のオスは諦めが早く,しばらくするとメスから離れますから,樹上へ上がっていくと言った行動が見られないと考えることができます.いずれにしても,メスはオスがいなくなってから産卵するようです.他の単独産卵をするトンボのように,交尾と産卵の間に大きく時間が空くわけではありませんが,やはりオスがいないということが単独産卵をするトンボには意味があることなのかも知れません.

ただヒメアカネは密度が高いときは連結産卵するという報告があり,ビデオでも連結産卵しようとする姿が映っています.ただビデオではメスは産卵を拒絶しているように見えました.地域によって違っているのかも知れませんが,私の観察地のヒメアカネは,オスを避けて単独産卵するように思えます.

▲鉄柵に並んで止まるナツアカネたち.

さて,今日湿地へ行く途中の農道に,ナツアカネがたくさん集まっていました.ナツアカネは珍しいトンボではありませんが,最近のトンボの減少を考えると,普通種でもたくさんいるだけで嬉しい気持ちになります.

▲ナツアカネのオス(上)とメス(下).

ということで,半日の晴れをうまく活用できた観察日でした.

No.755. ルリボシヤンマを見に行った.2020.10.6.

アカトンボの季節ですが,今日は朝のうちに所用があったので,午後にねらえるルリボシヤンマを見に行きました.兵庫県ではルリボシヤンマは限られた場所にしか生息していません.遠くまで出かけても確実に見られるわけではないので,あえて難しい神戸市内へ見に行くことにしました.

ルリボシヤンマは,オスが4回池に入ってきましたが,5分もすると出て行くような動きでした.この池はあまりルリボシヤンマには適していないのかも知れません.また入ってきても気温が低いせいかものすごくすばしこく動くので,99%以上の写真が使いものにならない状態でした.やっと2枚だけそれらしい写真が撮れました.

▲ルリボシヤンマのオス.暗いので,ISO1600で撮った.
▲植生の間でホバリングするルリボシヤンマのオス.

今日は長袖を着ていても寒いくらいの気温でした.特にルリボシヤンマは標高の高いところにいるので,外気温は17度でした.他には,ミルンヤンマが入ってきて摂食をしました.あとはオオアオイトトンボが日向で憩っていました.残念ながら産卵活動はしていませんでした.

▲オオアオイトトンボのオス.ときどき飛んで摂食をしていた.
▲オオアオイトトンボのメス.メスもまったく産卵の気配はなし.

山なので日が陰るのが早く,15:00には観察を止めました.以前ルリボシヤンマのメスも飛んだこの池ですが,今日はメスはまったく来ませんでした.数の少ないトンボは難しいです.

No.754. アカトンボはやって来てるかな.2020.9.29.

今日はマイコアカネを見に行きました.去年は池の水位が大きく下がっていて,例年の産卵場所が完全に乾燥状態で,マイコアカネの姿がありませんでした.ただ,友人の話によると,マイコアカネは隣の池に避難していたということでした.そこで今年はどうなっているかを確かめに行きました.うまくいけば,ビデオで繁殖活動を撮影する予定です.

▲マイコアカネは戻ってきていた.

マイコアカネは戻ってきていました.数は全部で15頭ほどで,とても以前のようにはいきませんが,これだけ生き残っておれば,来年につながると思います.一方で繁殖活動の方ですが,2回ほど産卵を見かけました.ただ,いずれも見つけたときは終わり間近で,すぐにメスが離れて産卵が終わってしまいました.記録は撮れず終いでした.

▲マイコアカネはそこそこの数が見られた.メスもいたし産卵も行われていた.

この池には,タイリクアカネもやって来ていました.以前この池にマイコアカネの幼虫を探しに来たとき,タイリクアカネの幼虫が採れたのですが,やはりやって来ているのですね.まだ少し若い感じのするメスでした.それともう一つ十分成熟した感じのメスもいました.

▲タイリクアカネのメスたち.上は腹部が赤いタイプ.

そして,兵庫県南部では珍しく,9月にアキアカネがいて,交尾までしているのを見つけました.これ以外には,コノシメトンボ,もいました.

▲アキアカネの交尾.
▲コノシメトンボのオス.

マイコアカネの池には12:00頃まで頑張ってみました.結局その後産卵にはやってこず,だんだんと暑くなってきました.池ではアオイトトンボたちがたくさん集まって,あちこちで産卵活動を行っていました.

▲アオイトトンボの産卵.ヒメガマの葉にはたくさんの産卵痕が見られる.

あと,この池には,オオキトンボやリスアカネもやって来ました.夏のトンボは,ウスバキトンボ,シオカラトンボ,ギンヤンマ,アオモンイトトンボなどが活動していました.

結構アカトンボが見られたので,別の池にアカトンボ探しに行くことにしました.オオキトンボの若い個体も見てみたかったので,それがいそうな池へ出かけました.

▲リスアカネのオスとメス.
▲産卵の後だろうか,3頭ほどのナツアカネのメスだけが見られた.
▲マユタテアカネのオス.

オオキトンボもいました.まだ腹部に赤味が差していなくて,黄褐色に見える色彩の個体です.全部で7頭見かけましたが,その中にメスが1頭いました.メスが池畔に止まって摂食活動をしているのは,結構珍しい感じがしました.

▲オオキトンボのオスとメス.まだ赤味がさしていない.

ということで8種類のアカトンボを見つけることができました.8種類というと,兵庫県南部に土着しているアカトンボの半分以上です.先日,ネキトンボとミヤマアカネとナニワトンボを見に行っていますので,あと,キトンボ,ノシメトンボ,ヒメアカネを今年見ていないということになります.マダラナニワトンボはもういないでしょうから… 最近産卵の写真がありませんが,今年の秋はビデオを中心にしているせいです.もう一度マイコアカネに挑戦する予定です.

No.753. ミヤマアカネの観察.2020.9.27.

今日はミヤマアカネの観察に出かけてきました.ちょっと時期的に遅くなった感がありますが,まだまだいるという予想です.しかし,今年,例年の産地のミヤマアカネの個体数が大きく減少していました.時期が遅かったためか,夏の暑さがきつく消耗が早かったからか,はたまた曇りで風が強いせいか,理由は分かりませんが,見渡す範囲にせいぜい10頭ほどがいるだけです.いつもならあちこちでふわふわ飛び出すトンボなのですが…

▲ミヤマアカネのタンデムペア.

それでもタンデムのペアは七つ八つは見かけました.今日はビデオでの記録が目的です.しかし観察時期が遅かったことが裏目に出ました.川に繁茂しているツルヨシの背が高くなり,流れを完全に覆っていて,産卵するペアがまったく外から見えないのです.写真なら一瞬のチャンスで何とかできますが,ビデオではダメでした.仕方なく,ツルヨシの生えていない少し開けた,産卵に来そうなところで待っていました.

▲ミヤマアカネの交尾.気温が16℃で涼しいせいか,交尾時間が長かった.

産卵に飛び回るペアは,この場所にときどきはやって来るのですが,すぐにツルヨシで覆われた流れの速い場所へ潜り込んでいきます.どうも,この場所はあまり気に入られていないようです.それでも短時間やって来たところを撮影したビデオを見ていると,なんと,打水した場所に,オイカワらしき稚魚が群れ集まってくるのです.その動きから見ると,どうやら放卵され水中に落ちた卵をぱくぱく食べているみたいなのです.卵を魚が食べるという話はよく聞きますが,本当に食べるのは初めて見ました.

ビデオ:ミヤマアカネの卵は魚の餌

打水産卵するトンボはあちこち動きまわって打水する傾向があります.その理由は,ほとんど同じ場所で連続して打水していると,そこに魚が集まってきて,餌場になってしまうからなのかも知れません.そうだとすると,動きまわって打水する行動が進化してきたと考えることができます.同じ打水産卵でも,ヨツボシトンボなどはあまり動かないで打水することがありますが,飛水産卵によって前方に卵を飛ばしますので打水場所には卵は落ちません.

この考え方が正しいかどうかは分かりませんが,トンボの産卵を見ていると,本当にトンボたちの知恵が見えてくるようで,興味が尽きません.短い時間の観察でしたが,ちょっと刺激されました.