No.721. オオキトンボを見に.2019.11.5.

先日11月2日にトンボを見に行きましたが,まったくと言ってよいほどトンボがいませんでした.このトンボノートにも書けないほどの状態.今年はオオキトンボが元気に活動している姿を見ていませんので,何とかそれを見ようと,水を落としているため池を求めて,出かけてきました.二つ目の池が水を落としていて,周囲を歩くことができる状態でした.オオキトンボの姿も見ましたので,ここで観察することにしました.

▲水を落とした地面に止まっているオオキトンボを見つけた.
▲池の岸に止まっているオオキトンボのオスたち.
▲池の堰堤の上の草地に止まるオオキトンボのオス.

オオキトンボは写真のようにそれなりの個体数がいましたが,残念ながら産卵に来るペアはありませんでした.池の岸辺に座り込んでしばらく待っているとき,オスが1頭日向に止まって,ときどき摂食や他のオスを追ったりして飛び立つ姿が見られました.何度も同じところに戻ってきて止まりますので,着地の瞬間を連続撮影しようと思い,やってみるとうまくいきました.

▲手前から向こうにカーブしながら着地.4コマ連写.
▲着地直前の飛翔. 着地ギリギリまで脚をたたんでいる.

このオオキトンボのすぐそばにマユタテアカネのオスが止まっていて,ときどきオオキトンボに興味を持つのか,接近を試みようとしていました.オオキトンボはうっとうしいのか,後ろから近づくマユタテアカネに腹部を立てて嫌がるようなサインを送っていました.

▲オオキトンボの周囲を飛ぶマユタテアカネのオス.最後は向かい合うように止まった.

産卵ばかりでなく,オス同士の関わり合いも結構面白いものです.マユタテアカネは個体数は多くはありませんでしたが,池にいました.交尾が2例,産卵もしていいましたが,すぐにどこかへ行ってしまいました.

▲池にいたマユタテアカネたち.

オオキトンボ以上に個体数が多かったのがタイリクアカネです.池の岸に止まっていたり,池中央を飛び回っていたり,活発に活動していました.11:30頃には2ペアが産卵にやって来ました.

▲池のヨシに茎や葉に止まっているタイリクアカネのオス.
▲タイリクアカネは池の堰堤の上の草地にもたくさんいました.
▲11:00を過ぎて暖かくなってくると,水面を飛び回るようになる.
▲11:30頃になるとタンデムペアがやって来た.
▲産卵をするタイリクアカネのペア.

これら以外のアカトンボは,ナツアカネが少々と,アキアカネが1頭だけいました.本当に兵庫県南部でアキアカネを見るのは難しくなりました.先日の北部ではアキアカネばかりでしたのに.でも,アキアカネがやって来ていることに,少しだけほっとしています.例年通りであれば,もう少し冷え込めば個体数が増えるはずですけど...

▲今日1頭だけ見かけたアキアカネ.水面で水を飲んで止まったところ.
▲ナツアカネ,2オス1メスを見かけた.

11月2日に比べると,今日はまずまずアカトンボたちに出会えることができたようです.これ以外には,アオイトトンボが活動していました.そしてアオモンイトトンボがまだ生き残っていました.2頭見かけました.

▲池岸のイグサのような植物に産卵するアオイトトンボたち.
▲11月まで生き残っていたアオモンイトトンボ.これはかなり遅い記録である.

今年の秋はトンボが少ないと感じていましたが,今日は何とか結果が出たようです.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.721. オオキトンボを見に.2019.11.5. はコメントを受け付けていません。

No.720. 兵庫県北部へ飛来種を見に.2019.10.31.

今日は快晴の予報でしたので,今年最後の兵庫県北部へ出かけてきました.タイミング的には遅いのですが,飛来種を見るのが目的です.結論から言えば,いたのは,アキアカネ,ナツアカネ,キトンボ,アオイトトンボだけでした.アキアカネはたくさんいて,繁殖活動も多く見られましたが,やはりこれもピークは過ぎているようで,朝空高く飛ぶ連結ペアはあまり見られませんでした.

▲9:30頃,アキアカネ:交尾態のオペがたくさん見られた.
▲アキアカネ:11:00を過ぎたころから産卵が盛んになった.
▲アキアカネ:午後になると,日向で休憩・摂食モードになる.

キトンボは,池にもいましたが,午後になると,道脇の草原などに止まっていました.メスは見つかりませんでした.

▲午後日向で過ごすキトンボたち.

わざわざ兵庫県北部まで行ったのですけど,特に成果もなく,のんびりとアキアカネと過ごした半日になりました.あとは,南部で,生き残り調査ということになります.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.720. 兵庫県北部へ飛来種を見に.2019.10.31. はコメントを受け付けていません。

No.719. スナアカネを探しに.2019.10.23.

今年は,なかなか天候のかげんで見に行くことができなかった,スナアカネを探しに行きました.9:00少し前に現地に着きましたが,トンボがほとんどいません.周辺で摂食しているかと思い,まわりも探し回りましたが,姿がありません. 日は暖かいのに?  でも,10:00を過ぎるまで待つと,どこから出てきたのか,タイリクアカネやスナアカネが出てきました.こちらが想像しているより遠いところにねぐらがあるようです.

▲スナアカネのオス.今年もやって来ていました.
▲じっとしていなくてすぐに飛び,別のところに止まる.
▲少し離れたところにもう1頭スナアカネのオスがいました.
▲いくら探しても,今日は2頭だけしか飛来していないようだ.

スナアカネをよく観察していると,10:00を過ぎたあたりから,水面上をホバリングを交えながらビュンビュン飛び回っています.そして,タイリクアカネが開水面で産卵を始めると,それに近づいてちょっかいをかけていました.

▲水面上をホバリングしながら飛んでいるスナアカネ.
▲タイリクアカネの産卵ペア(下)に近づくスナアカネのオス(上).

タイリクアカネも例年のごとく,たくさんやって来ていました.10:30ころから産卵を始めました.どこでメスを見つけて交尾しているのかよく分かりませんが,広い池のまん中で産卵をしています.

▲打水した後,かなりの距離飛び上がり水面から離れる.

メスを見つけられなかったオスたちは,池の周囲の石の上に止まってチャンスを待っています.産卵が終わると,メスは池から離れ,少し池から離れたところに生えている木のてっぺんに止まっていました.

▲石の上に止まるタイリクアカネのオス.
▲産卵を終えたメスだと思われる.池から離れた木のてっぺんに止まっているタイリクアカネ.
▲木の先に止まっているタイリクアカネのオスも見られた.

今日はこの場所では珍しくネキトンボが複数やって来ていました.ネキトンボも結構移動するようです.産卵までやっていました.

▲池の上でホバリングしているネキトンボのオス.
▲タイリクアカネと同じように開水面で産卵するネキトンボのペア.
▲ネキトンボの静止.

これら以外には,アカトンボではコノシメトンボが1頭,そしてシオカラトンボがまだ頑張っていました.写真はありませんが,ギンヤンマが3頭,アオモンイトトンボが1頭飛んでいました.ギンヤンマは,例によって,産卵しているアカネ属をねらっているように見えました.

▲コノシメトンボのオス.タイリクアカネとよくいっしょに見られる.
▲10月後半だというのによく頑張っているシオカラトンボのメス.

兵庫県北部へも飛来種のアカトンボを見に行きたいのですが,なんかずーっと北部は天気が芳しくありません.次は晴れたら北部へ行ってみたいです.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.719. スナアカネを探しに.2019.10.23. はコメントを受け付けていません。

No.718. アキアカネを見に行ってみた.2019.10.9.

そろそろ秋の風が吹き始めましたので,今日は兵庫県北部へ,アキアカネの様子を見に行ってきました.タンデムのアキアカネがたくさん空を飛ぶ姿を見に行こうと思ったわけです.しかし,ちょっとまだ時期が早かったようです.アキアカネが目指す水田の稲刈りが終わっていませんでした.しかしアキアカネはもう山から下りてきていて,草地などで盛んに摂食飛翔をしていましたし,木々の枝のてっぺんにもたくさん止まっていました.アキアカネに混じってナツアカネも止まっていました.

▲木のてっぺんに止まるアキアカネ.
▲ナツアカネも混じって止まっている.
▲草原に止まって摂食しながら休んでいるアキアカネ.

アキアカネはもう成熟はしているようですが,まだ全体として繁殖開始のタイミングではなかったようです.もう少し涼しい日々が続けば,繁殖が始まるといった印象を受けました.しかし数個体ですが,タンデムになって空を飛び回ったり,交尾をしたり,さらに,お昼ころになると,産卵をしたりするものもありました.

▲アキアカネの交尾.
▲産卵活動を行うアキアカネたち.まだ産卵する個体の数は少ない.

お昼過ぎになって暖かくなってくると,水田の鹿避けの柵の先に止まるアキアカネが増えました.今年も,あと10日ぐらい後にはたくさんのアキアカネがタンデムで飛ぶ姿が見られそうです.今日はちょっと早かったみたいです.

▲鹿避けの柵に止まるアキアカネたち.

アキアカネ以外のアカトンボもまだやや早い感じで,キトンボの若い個体が1頭いました.一方でネキトンボはもうシーズンの終わりのようです.1か月前に観察に来たときに最盛期みたいでしたから.

▲まだ体色が淡い,若いキトンボ.
▲ナツアカネの交尾.ナツアカネは1か月前に来たときにも産卵していた.
▲濃い赤になってもっとも脂ののった感じのネキトンボ.2頭見られただけ.

アキアカネの数はたくさんいましたが,アカトンボの活動は今ひとつでした.一方で,夏のトンボの生き残りが,本当に最後に近い活動をしていました.まずはショウジョウトンボ.オスが2頭,そしてメスが産卵をしていました.

▲ショウジョウトンボのオス(上)と産卵するメス(下).

ショウジョウトンボを見ていたら,もうよぼよぼと言っていいほどくたびれた風情のシオカラトンボのメスが足下に飛んできました.また池の縁では,おそらく二化目のアジアイトトンボのオスやメスが活動していました.こちらは,この季節にも普通に活動していますね.

▲翅も破れ,よぼよぼの感じだが,複眼の輝きだけはまだしっかりとしている.シオカラトンボ.
▲アジアイトトンボのオス(上)とメス(下).この時期に見られるのは普通である.

そして,これも夏の生き残り,ハグロトンボがまだ数頭活動を続けていました.オスは産卵基質のそばに陣取って縄張りを形成し,メスを捕まえ,移精行動,交尾,そしてメスは産卵をしていました.オスの翅は,おそらく度重なるオス同士の闘争でボロボロになっています.でもこれは彼の勲章ともいえる,ここまで勝ち抜いてきた証でしょう.

▲流れの石に上に止まって縄張りを監視するハグロトンボのオス.脚もちぎれている.
▲メスが入ってきたので簡単なディスプレイをした後,タンデムに,そして移精行動,交尾へと.
▲メスはオスの警護の下で産卵を始める.
▲いろいろと移動しながら産卵を続けるメス.

まあこんなで,今日は夏と秋の端境といった感じでした.それにしても,もう10月9日なのに,季節の進行が遅いように感じますね.ついこの間まで30度近い気温だったのが影響しているのでしょうか...もう少し季節が進んでからまた来てみようと思っています.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.718. アキアカネを見に行ってみた.2019.10.9. はコメントを受け付けていません。

No.717. マイコアカネが消えた.2019.9.26.

▲去年の9月22日に観察に行ったマイコアカネ.たくさん飛んでいた.

今日は快晴で,絶好のトンボ撮影日より.まだマイコアカネの行動をビデオに撮っていないので,じっくりと時間をかけて撮影に挑もうと,満を持して出かけました.9:00ころに現地に着きました.現地の池の状況は全くの問題なしで,気温も十分.

▲マイコアカネが好む平地の池のヒメガマの群落の今日の姿.去年はこの間をたくさん飛んでいた.

ところが,マイコアカネの姿が全くないのです.周辺のねぐららしいところも含めて,2回まわってみましたが,ただの1頭もいません.いたのは,オオキトンボと飛び回るギンヤンマ,その他アオイトトンボが2頭いただけでした.マイコアカネは生息地を離れて移動するトンボではなく,未熟なときも周辺の木陰で過ごしています.そして秋になると水辺へ出てきます.そのマイコアカネが,池とその周囲にまったく姿がなかったのです.

▲この池のすぐ横の木陰で過ごす未熟なマイコアカネ. 池の水は大きく落とされていた.2018.8.20.

この池は時に大きく水を落とすことがあります.ひょっとしたら,ちょうど幼虫期や羽化期に,ヒメガマの群落の部分に水がなかったのかもしれません.池のつくりから見て,水が2,3m落とされれば,浅い岸にあるマイコアカネの生息域は完全に干上がります.どうもそんな感じがします.

▲池にはオオキトンボが1頭だけぽつんと止まっていただけである.

マイコアカネは,平地や山裾のヒメガマなどが茂る池に生活しています.こういった池から今,どんどんトンボが消えています.その中の一つがマイコアカネで,まとまってみられる池がなくなっています.そこで今日,10年以上も前にマイコアカネがいた平地の池に念のため行ってみました.

▲10年前マイコアカネがいた池.ちょっとヒメガマが茂り過ぎているが.
▲アオモンイトトンボのオスとメス.

その池にいたのはたくさんのアオモンイトトンボとシオカラトンボ1頭,アジアイトトンボ1頭だけでした.アカトンボは何もいませんでした.もう一つ別の平地の池にも行ってみました.そこにはオニバスが茂っていました.しかしトンボの姿はシオカラトンボとショウジョウトンボがそれぞれ1頭ずつでした.

▲もう一つ別の平地の池に行ってみたら,そこはオニバスがたくさん茂っていた.
▲上の池にいたシオカラトンボ.

まあ,この時期,平地の池に行ってもアカトンボはなかなかいないというのは十分予想されたところですが,それにしても,何もいない.ただただ暑い日差しがそそぐだけです.あまりに成果がないので,趣を変えてミルンヤンマを見に行ってみましたがこれもまったく手応えなし.今日はダメの予感がしました.しかしやっと,通りすがりの小さな池にリスアカネが集まって活動しているのに出くわしました.

▲リスアカネがあちこちの木陰に止まっていた.

11時30分ころになると,連結ペアがどこからともなく池に入ってきて産卵を始めました.やっと緊張感を持って撮影に挑むことができました.

▲草の間で連結打空産卵するリスアカネ.
▲珍しく,産卵途中で止まって休息した.

この時期はナニワトンボなどがいるところへ出かければ,それなりに成果があるのは分かっていましたが,マイコアカネが消えたことから,あえて今日は,この時期にあまり訪れない平地の池にこだわってみました.平地の秋はまだもう少し先のようです.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.717. マイコアカネが消えた.2019.9.26. はコメントを受け付けていません。