No.548. ホンサナエの観察.2017.5.21.

この時期は,ムカシトンボを始めとした源流域のトンボが気になって,ホンサナエの観察がどうも後手に回ります.というか数が少ないので,観察に失敗して,貴重な春の晴天の休日を無駄にしてしまうような気がして気持ちが引けてしまうのです.でも今年は源流域のトンボたちも遅れているようで,まだ来週・再来週も行けそうな予想.そこで,今日はホンサナエをメインにして観察に行くことにしました.

今日はホンサナエの観察に来て大正解だったようです.8:30頃に現地に到着して,川に沿って歩きますと,ホンサナエが結構たくさん飛んでいるではないですか.川の縁の植物の上に止まってメスが来るのを待っているのでしょうか.

▲川の縁の植物上に止まってメスを待っている.

▲川の対岸に止まって,頭を下にしてすぐにスクランブルをかけられるようにしている.

時々飛び立って周辺をパトロールするように飛びます.時にはオス同士が出会い,激しく追尾する姿も観察できました.あちこち歩き回って,なんとかオスに接近することもでき,写真に記録することができました.

▲ホンサナエのオスたち.それぞれ別の個体.

オスたちは全部で10頭はいたように思います.こんなにたくさんのオスがいるのを最近は全く見ることはありませんでした.この数ですからメスも来る可能性があると思い,しばらく待ちました.結局メスを記録に撮ることはできませんでした.ただ,到着して少ししたとき,川の方から目の前を猛スピードで飛び去るホンサナエのメスを見ましたので,きっと私の目のつかなかったところで打水し,逃げていったところだったのでしょう.観察中,黒いやや大きめのトンボが川の広い範囲をコヤマトンボのように飛ぶのを見ました.正体が分かりませんでしたので飛んでいるところを撮影し確認したところ,アオサナエでした.あとで止まっているところを見つけました.

▲アオサナエのオス.広範囲を飛ぶような性質があったのだ.

夕方にも産卵する可能性があるので,昼の間に昨日の源流域に再挑戦し,16:00ころ戻ってきてホンサナエの観察を続けました.まだオスが水面を飛ぶ姿を見ることができました.

▲16:00過ぎ,水面を飛んでパトロールするホンサナエのオス.

でも,1頭,また1頭と,オスたちは背後の樹林高くへ飛び去っていきました.そろそろオスの活動も終わりなのでしょう.メスはまだ来る可能性は十分あります.ただ,明日は仕事.帰るのに時間もかかるし,ここで終わりにしました.

カテゴリー: 兵庫のトンボ情報 | コメントする

No.547. 源流域のサナエトンボたち.2017.5.20-21.

この土日は二日とも快晴の予報.20日,朝起きたら朝焼けがきれいな晴天.ただ,昨夜暑くて寝付かれず,やや睡眠不足気味.先週ムカシトンボを観察に行ったときには,まだ源流域のサナエトンボは早い感じがしていました.あれから一週間.そろそろ出てくる頃かと思い,ヒメクロサナエとクロサナエを見に行くことにしました.いつもの観察ポイント,苔むす源流域です.

▲クロサナエの産卵ポイントだったが….

20日は,クロサナエの産卵のビデオをメインにして上の写真のところにビデオをセットして待ち構える作戦です.ここにクロサナエがよく入るのです.まあ,結果は完全に裏切られました.この日は違ったポイントにばかり入ってきて,ビデオカメラを振ってピントを合わせようとするころには産卵が終わるといった失敗が2度ありました.またあと1回は,ムカシトンボに気を取られ,産卵に入ったのを見逃し,見つけた時には飛び去るところでした.そう,クロサナエの産卵の方は成果なしでした.なお産卵に入ったのは,9:13,10:12,12:47でした.

▲ヒメクロサナエのオス.まだ淡色部が黄褐色をしていて未熟さが残っている感じである.

ヒメクロサナエの方は,上の写真のオスを2度見ただけで,こちらもほとんど成果なし.ヒメクロサナエの産卵は午後の方がいいのですが,昨夜の不眠がたたって体調もすぐれず,13:30頃に引き上げることにしました.空は快晴なのに残念です.

そこで,21日,「No.548のホンサナエの観察」の午後,もう一度チャレンジすることにしました.今日は,この記録を書くために,違ったポイントに入ったクロサナエはスチル写真で撮ることにしました.12:30ころ到着したところ,すぐにクロサナエが,やはり違ったポイントに入ったので,記録用にスチル写真を撮っておきました.昨日と同じ,岩の上に生えている禾本科植物の間に入って産卵をしていました.今年はここがいいのでしょうか?

▲クロサナエの産卵.禾本科植物の間に潜り込んで産卵をしている.落ちる卵が見える.

ヒメクロサナエの方は,オスすら姿を見せません.ホンサナエの夕方の観察をしたいので,14:30に切り上げる予定でした.まさにその直前に,さっと岩の裏側のすき間に入るメスを見ました.案の定産卵していました.今日は腹端がはっきりと見えるた位置でしたので,産卵後の卵も撮影しておきました.ピンクというかロゼワイン色のきれいに輝く卵です.

▲岩の後ろ側の狭いすき間に入り込んで産卵するヒメクロサナエ.

▲ヒメクロサナエの典型的な静止接水産卵,いや接地産卵というべきか?.

▲腹端部から卵が放出され,落ち葉の表面に付着していく様子.

▲ヒメクロサナエの産卵直後の卵.薄いロゼワイン色に透き通っていて美しい.

実はこれが入る少し前に,やはり同じ位置に一瞬トンボが入ったのを見たのです.今日はムカシトンボのメスが3頭も同じ場所に潜り込みましたので,またムカシトンボという先入観で岩の後ろをのぞき込みましたが,ムカシトンボはいなかったのです.どこに見失ったのだろうと思っていたのですけれど,一瞬見た姿といい,あれもヒメクロサナエだったように思います.ムカシトンボとは産卵する基質が違うので,のぞき込んだとき産卵しているのに気づかなかったのでしょうねきっと.ということで,源流域のサナエトンボたちもしっかりと活動を始めているようでした.今年は遅い感じなので,来週の方がもっと良いと思っています.

カテゴリー: 兵庫のトンボ情報 | コメントする

No.546. ムカシトンボの観察.2017.5.14.

今年はトンボが遅い感じがしています.例年であればムカシトンボにちょうどよい時期ですが,今年はどうだろうと考えながらも,この晴天の日,観察に出かけることにしました.現地に入ったのは9:00少し前.まだ川にはトンボの姿はありません.9;20頃になって,オスが流れの上を,摂食とも探雌ともつかないような飛び方で,行ったり来たりするのを見ました.

▲ムカシトンボオスの飛翔.

これを見て,今日は時期的にはもうムカシトンボの季節に入っていると感じました10:00少し前,メスが産卵場所を探すように,川べりをゆっくりと飛ぶ姿に出会いました.驚かさないようにゆっくりと後を追いましたが,時々止まって産卵はするものの,落ち着いてじっくりとは産卵しません.

▲ムカシトンボの産卵.

時々見失ったりしながら,結局は最初見つけた場所に戻って,産卵を始めました.30分以上そこで産卵を続けていました.ただ,産卵角度が悪く,また時々寝そべって産卵するような感じで,アングルとしてはいい感じではありません.

▲寝そべったような姿勢でじっとしている産卵メス.

またほとんどお尻を向けていました.今日はビデオで記録したので,ビデオから切り出して記録しておきます.

▲少しずつ移動しながら産卵するメス.

産卵場所はコケなどが密生しているところで,ジャゴケのようなものに産卵していたようです.腹部をデジタルズームで拡大して撮影してみましたら,産卵痕とともにそれが写っていました.

▲腹部先端と産卵痕(白い矢印).

まあ,今日は,半日という短い時間でいたけれども,いい観察ができたようです.ヒメクロサナエやクロサナエの姿は全く見ずでした.


この日に撮影したビデオと,これまでの4年間に撮影したビデオを合わせて,「ムカシトンボの産卵とその基質植物」として公開しました.


ビデオ:ムカシトンボの産卵とその基質植物

カテゴリー: 兵庫のトンボ情報 | コメントする

No.545. やっと池がにぎやかに… 2017.5.4, 7.

今年は春が遅い感じです.ゴールデンウィークの最終日になって,やっと,池がにぎやかになりました.5月4日には加東市の方へ出かけたのですが,まだ,フタスジサナエも成熟一歩手前の個体が多く,成熟して元気なのはシオヤトンボだけでした.

▲フタスジサナエの成熟手前のメス.2017.5.4.撮影.

▲シオヤトンボの成熟オス.2017.5.4.撮影.

池を移動して小野の定点池に移動しました.トラフトンボはまだ少し早い感じでした.フタスジサナエは産卵にやってきていました.一番数が多かったのはホソミイトトンボ.ゆゆっくりと産卵のビデオ撮影を行いました.

▲ホソミイトトンボの交尾.2017.5.4.撮影.

▲ホソミイトトンボの連結植物内産卵.2017.5.4.撮影.

今日5月7日は,定点池にやっとトラフトンボが集中的に産卵にやってくるようになりました.9:30ころから12:30頃まで観察をしましたが,11:00ころを中心に,合計6ペアが池の上を飛んでいました.卵塊を近くで見ることができたのは2個体だけでした.去年ですと4月下旬がこんな感じでしたね.約一週間季節が遅れているようです.

▲トラフトンボの卵塊形成.2017.5.7.撮影.

フタスジサナエはまだ,薄い黄緑色で,完全成熟まであと一息です.ゴールデンウィークはこんな感じで,春の始まりを確かめました.来週から本格始動ですね.

▲メスを待つフタスジサナエのオス.2017.5.7.撮影.

カテゴリー: 兵庫のトンボ情報 | コメントする

No.544. コサナエ属3種の状況.2017.4.30.

今年は,やはり春が遅いように思えます.桜の花も遅かったし,今日の暑いくらいの晴れの日でも,トラフトンボは全く池を飛んでいませんでした.去年の4月30日は,産卵の真っ盛りでしたのに,今年は,まさかいなくなったのではないと思いますが...


▲フタスジサナエの羽化殻.2017.4.23.撮影.

一方,4月16日に続いて先週の4月23日にもコサナエ属の羽化観察に出かけましたが,フタスジサナエの羽化殻が13個ついていました.また,昨日は夕方の産卵ねらいで5時ころから池で待っていました.しかし,何にも飛びませんでした.産卵にもまだ早いようです.

ということで,超晴天の今日,行くところがなく,結局コサナエ属を見に行くことにしました.4月下旬はフタスジサナエのメスの羽化が全盛のころのはずです.ところが現地に着いて羽化を見たのはオスのものでした.

実はこの羽化個体,オグマサナエかフタスジサナエか迷いました.フタスジサナエは,羽化しているときには二つの黒条のうちの第一黒条が薄いのですが,じっくりとビデオを見ていると,尾部上付属器に突起のようなものが見えます(下の写真白矢印).これで一時はオグマサナエと判断しましたが,それ以外の特徴は,幼虫の体型も含めて,すべてフタスジサナエを示しています.やはり羽化殻を採って来なければいけませんね.最終的にはフタスジサナエと同定することにしましたが,いまだに迷いがあります.飛び立つ直前の写真を載せておきました.

▲フタスジサナエのオスの羽化.下は飛び立つ直前の写真.


▲フタスジサナエのメスの羽化.

フタスジサナエは多く羽化していました.合計6頭羽化を見ました.羽化殻は20個ほどはついていたでしょうか.ただし,詳細に調べていませんので,オグマサナエが混じっている可能性はあります.フタスジサナエ2個体の羽化全長をビデオに収めて,周辺を観察しました.フタスジサナエの未熟な個体がいました.シオヤトンボも繁殖活動を開始していました.

▲フタスジサナエのてネラルな個体.

タベサナエが池に帰ってきて,縄張り活動を行っていました.この池では今までタベサナエの成虫を見たことがなかったのですが,数を増やし始めているのかな…

▲タベサナエのオスの成熟個体と未熟個体.成熟オスはすでに水辺で縄張り活動をしていた.

昨年幼虫で確認したように,この池ではコサナエ属3種が同所的に生息しています.タベサナエが一番早く,次にオグマサナエ,そしてフタスジサナエという順序だと考えています.オグマサナエは例年ですとフタスジサナエより早く活動を開始しているはずですが,今年は成熟した個体は見ていません.

今年は5月の第一週の終わりくらいからやっと池がにぎやかになりそうな気がします.

カテゴリー: 兵庫のトンボ情報 | コメントする

No.543. トンボ観察はじめ-タベサナエの羽化 2017.4.16.

今年は春先に冷え込んだために,まだ桜が散り始めというような状態.こんなときにサナエトンボと出会えないかと思い,出かけてみました.

▲まだ桜はこんな状態.今年の桜は遅くて,咲く期間も長く続いている.

まだ春のトンボには少し早いのですが,オグマサナエなどの気の早いサナエトンボがいるかもしれません.オグマサナエはまだでしたが,タベサナエが羽化をしていました.羽化途中が1個体,羽化殻が2個体分見つかりました.

▲タベサナエの羽化.上2枚:羽化途中のオス,中:羽化殻,下:処女飛行後の静止.

別の池ではホソミイトトンボがぺアリングをしていました.しばらく待ちましたが,産卵は始めませんでした.

▲ホソミイトトンボのペア.このほかにオスは数頭飛んでいた.

フタスジサナエ,オグマサナエなど,春のコサナエ属はもうあと1週間以内という感じです.

カテゴリー: 兵庫のトンボ情報 | コメントする