トンボ歳時記総集編 春:4月−5月上旬

孤高の早春トンボ,シオヤトンボ
写真1.ドングリをはじめとした落葉樹の芽吹きが始まった,4月の雑木林.

 「孤高」とは,ちょっと大げさな形容詞ををつけたが,春一番のトンボというステータスを維持するための強い意志を持っているように感じる存在である.毎年,他のトンボが羽化する前に羽化し,4月上旬には,春の光を受けて周辺の草むらで過ごしている.暖かい日差しのもと,黙々と成熟を加速し,早い年には4月中旬には繁殖活動を開始する.他のトンボは,このころにやっと羽化しくる.成虫越冬種に負けないくらい早く活動を開始するトンボである.
 どこにでもいる普通種なので,トンボ屋にはあまり注目されないトンボだが,私はシオヤトンボが現れるのを毎年楽しみにしている.シオヤトンボの出現によって,トンボシーズンのスタートが始まるからだ.成熟したオスのシオヤトンボの複眼は,マリンブルーに輝いて,とても渋い感じがする.

写真2.左:4月10日.右:4月9日.春の日差しを受け,体を温めて,摂食活動にいそしんでいる.未熟なシオヤトンボのオス(左)とメス(右).
写真3.4月10日.既に成熟のサインである,腹部に青灰色の粉を吹いているオス(左)と,同日,湿地で産卵していたメス.
写真4.5月2日.成熟した若いシオヤトンボのオス.成熟すると,シオヤトンボオスの複眼は,マリンブルーに輝く.

 シオヤトンボは湿地の住人である.ため池の隅に浅いところがあって,湿地状になっているようなところにもよく住み着いている.さらに,川の上流で湿地状になっているところや,水の湧き出しでできたじゅくじゅくした道などにも集まってくる.シオヤトンボは結構長期間成虫が見られ,6月いっぱいまで老熟した個体が見られる.

写真5.4月27日.兵庫北部.湿地で産卵するシオヤトンボのメス(左)と,湿地の横の草地の上で交尾する若いオスとメス(右).未熟色が透けて見える.
写真6.4月29日.兵庫北部.同様に湿地で交尾,産卵するシオヤトンボのオス,そしてメス.湿地はシオヤトンボの羽音が響く.
写真7.左:5月19日.右:5月2日.湿地で打水するシオヤトンボの産卵メス.水を前方に飛ばす,いわゆる飛水産卵である.

 写真7にあるように,シオヤトンボは,他のシオカラトンボ属と同様に,飛水産卵を行う.メスの腹部の先端部が横に広がっていて,それが水をすくうスプーンのような役割を果たしている.湿地に生えている植物めがけて,卵を含んだ水を飛ばして,卵をその植物に付着させているのだろう.

写真8.5月5日.湿地に生えている植物の根際めがけて,繰り返し卵を含んだ水を飛ばして産卵するシオヤトンボのメス.