トンボ歳時記総集編 春:4月−5月上旬

春は成虫越冬三種の出現から
写真1.春の訪れを知らせる満開のソメイヨシノ.

 兵庫県南部の春は,ソメイヨシノの開花とともに始まる.年によって3月末に八分咲きくらいになることもあるし,4月中旬にやっと満開になることもある.早春トンボたちは,ソメイヨシノの満開の前後から,その姿を見せはじめる.まず最初に池に現れるのが,成虫で越冬する3種のトンボたち.その中でも,オツネントンボがトップバッターだ.早いときには,3月の下旬に池に姿を現し,4月の上旬に産卵活動をはじめる.オツネントンボは,ふつう,水面より高い位置の植物組織内に産卵するが,この時期は,まだ抽水植物が伸びていない.そこで,わずかに伸びたスゲの葉や茎,水面にうかんでいる枯れ枝や茎などに産卵する姿がよく見られる.

写真2.左:3月27日.早々に姿を現したオツネントンボのオス. / 写真3.右:4月6日.産卵活動を行っているペア.
写真4.4月5日.産卵活動を行っているオツネントンボのペア.
写真5.4月11日.左右:まだ草たちが冬枯れの中,移精行動・交尾を行うペア.
写真6.4月21日.左右:スゲ群落の中で産卵するオツネントンボ.水面よりかなり高い位置に産卵している.
写真7.4月17日.左右:2010年の春の訪れは少し遅く,桜がまだ満開状態.オスがまだ池に出てきていないのか,メスが単独で産卵していた.

 オツネントンボよりほんの少し遅れて現れるのが,ホソミオツネントンボだ.ホソミオツネントンボはオツネントンボと同じ池に現れることも多いが,どちらかといえば,湿地的な環境を好む.浅い池の岸や,水の入っている水田の縁などによく集まっている.この時期には,体色も水色で春の装いである.羽化した後,そして越冬中は,褐色の体をしている.ときどき,水色にならずに褐色のまま,繁殖活動をしているメスが見られる.兵庫県の北部でも,4月の中下旬には,ホソミオツネントンボがたくさん見られるようになる.
 ふつう,連結植物内産卵を行うトンボは,産卵前に交尾をしたら,あとは産卵が終わるまで再交尾はしない.しかし,ホソミオツネントンボは,しばしば再交尾を行う.連結していれば,間違いなく自分の精子で受精する卵を産んでいると思うのだが.

写真8.4月19日.兵庫県北部で観察したホソミオツネントンボの産卵.メスはまだ褐色をしている.
写真9.左:4月10日.ホソミオツネントンボ出現.右:4月21日.ホソミオツネントンボの産卵(兵庫県南部).
写真10.5月3日.兵庫県北部における,ホソミオツネントンボの産卵.「イ」の茎に産卵痕が見える.

 成虫越冬3種の最後は,ホソミイトトンボである.前二者がアオイトトンボ科であるのに対し,ホソミイトトンボはイトトンボ科である.ホソミイトトンボは,ホソミオツネントンボと同じ,4月の上中旬くらいに池に出現する.主に水面の位置にある植物組織内に産卵するが,オツネントンボ同様,この時期はまだ水生植物が十分芽吹いていないため,枯れ茎などに産卵していることもよくある.スゲが生えているところでは,スゲの葉が水面に倒れているところに産卵する.稀に潜水産卵を行う.オツネントンボと同じ時期に,同じ場所で,産卵していることも多い.

写真11.4月21日.ヨシの枯れ茎の破片に産卵しているホソミイトトンボ(左)と,同じ場所での交尾(右).
写真12.4月21日.ホソミイトトンボは,グループ産卵をすることが多い.複数のペアが,隣接して産卵活動を行う.
写真13.4月21日.ホソミイトトンボの歩哨姿勢(左).オスがメスの上に直立してまわりを警戒している,と考えられている.右は潜水産卵している.
写真14.5月3日.兵庫県北部における,ホソミイトトンボの産卵.

 成虫越冬の3種は,ゴールデンウィークのころに,繁殖活動を最盛期を迎える.その後,だんだんと数を減らしていき,オツネントンボとホソミイトトンボは,通常6月までには姿を消す.しかし,ホソミオツネントンボは,8月くらいまで生き残っているものがいて,そのころには次の世代のホソミオツネントンボが羽化してくるので,成虫が年中みられるトンボということになる.