前ページへ 目次へ 次ページへ

 K060.コヤマトンボ Macromia amphigena amphigena 
 ▲幼虫の写真.2009.1.3.,神戸市北区.


各区の記録状況 (●:2005年以降の記録,○:2004年以前の記録,×:公表記録なし)
北区 西区 垂水区 須磨区 長田区 兵庫区 中央区 灘区 東灘区
× × ×

 神戸市では5月下旬ころに羽化し,8月はじめまでそのすがたを見ることができます.河川の上流から中流にかけて生息しているトンボです.

 未熟なうちは,流れに近い道路上などを往復して飛ぶことが多く,成熟すると,流れの上を気ぜわしく往復飛翔します.メスはヨシなどの生えている岸辺近くで,往復飛翔しながら打水産卵します.北区の河川にはまだその姿を見ることができますが,西区の河川では改修工事や汚染のためその姿を見ることができなくなりました.

 幼虫は写真のようにクモのような姿をしています.

前ページへ 目次へ 次ページへ