デジタルトンボ図鑑
アオビタイトンボ Brachydiplax chalybea flavovittata Ris, 1911
アオビタイトンボ:♂,沖縄県島尻郡.♀,沖縄県島尻郡
♂,1994.7.30.(左),♀,1994.7.30.(右)./ スケール:1.0cm. 175% on 150ppi.
<分類学的位置>
 トンボ目 Order Odonata
 トンボ科 Family Libellulidae
 アオビタイトンボ属 Genus Brachydiplax

<分布> 
 鹿児島県,奄美大島,沖永良部島(渡辺,1989),沖縄本島,伊平屋島,久米島,宮古島,池間島,石垣島,西表島,小浜島,与那国島,南北大東島などに分布し,高知県や兵庫県にそれぞれ1例の発見記録がある.海外では台湾や中国の中部・南部などに分布する.

<特記事項>
 名の通り,前額が金青色に輝く.♂は,未熟なうちは♀と同じ色彩をしているが,成熟すると腹部や翅胸全面に青白い粉を吹く.本種は,かつて南北大東島にしか分布していなかったが,1977年に沖縄本島で発見されて以後,1985年に西表島,1986年に奄美大島および鹿児島県,1987年に石垣島で発見され,分布が拡大した(渡辺,1989).

渡辺賢一,1989.琉球列島における分布拡大の蜻蛉種について.Tombo 32(1/4):54-56.