H092.ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea
生息環境の写真
生息環境
 ハッチョウトンボは,尾瀬ヶ原など高層湿原が似合うトンボと思われがちだが,実は湿地であれば,かなり小規模なところにもすみついている.谷をせき止めてつくったため池の奥の方が恒常的に湿地になっていたりすると,そこにすみついていることが多い.元来それほど珍しいトンボではなかったと思われるが,水場の「整備」が行われ,湿地が消失して姿を消すパターンが多い.
ため池の岸部に水がわき出してできた湿地.