No. 878. ベニトンボの確認.2022.9.25.

神戸のトンボ広場にご投稿いただいた情報をもとに,ベニトンボを確認に行ってきました.ベニトンボはずっと意識はしていましたが,なかなか出会うことがありませんでした.今日やっとその姿を兵庫県内で確認できました.


▲兵庫県内で撮影したベニトンボ.▲

はじめは成熟個体のように水面でなわばりを形成するような姿勢でいましたが,少し陽が弱くなってくると,池岸の草地に移動し,やがて姿を消しました.ほんの短い間の遭遇でした.

ベニトンボは分布北上が注目されているトンボです.1980年代には,南西諸島と鹿児島県にしか分布していませんでした.私もずっと以前,2005年9月3日に沖永良部島でたくさんの個体に出会いました.沖永良部島では,川と池の両方に入り込んでいました.このように南の島へ見に行っていたトンボが,今身の回りに見られるのが不思議な気分です.


▲川に止まっているベニトンボのオス(上)とメス(下).沖永良部島,2005年.▲

今日はアカトンボの姿がほとんど見られず,リスアカネがぽつんと止まっているのに出会っただけでした.


▲リスアカネのオス.▲

わずか1時間あまりの観察でした.

カテゴリー: 神戸市のトンボ, 観察記 | No. 878. ベニトンボの確認.2022.9.25. はコメントを受け付けていません

No. 877. アオイトトンボ属3種.2022.9.24.

しばらく台風などの影響もあって,トンボ観察を休止していました.というか,端境期をやり過ごして,秋になるのを待っていたという方が正確かもしれません.今日は私を誘ってくださった方の案内を受け,アオイトトンボ属の観察を行いました.

まずはアオイトトンボから.今日はたくさんのアオイトトンボと出会いました.午後からの観察でしたが,気温は25℃ほどあり,秋のトンボには絶好の気温という感じです.池ではたくさんのアオイトトンボが産卵をしていました.


▲マコモに産卵をするアオイトトンボたち.たくさんの産卵ペアが見られた.▲


▲カンガレイに産卵するアオイトトンボたち.▲

今日の観察で一番の収穫だったのは,アオイトトンボの潜水産卵です.アオイトトンボが潜水産卵することはいくつかの文献に出ており,すでによく知られたことなのですが,実際に目にすることはほとんどありませんでした.ところが,今日訪れた池では,たくさんのペアが潜水産卵をしていたのです.ここの個体群は潜水産卵が当たり前に行われているという風に感じさせるほどでした.


▲メスはすでに水面下で,オスの上半身はまだ水面上にある.▲


▲メスがオスを水中に引きずり込んだ.連結潜水産卵である.▲


▲別のペアの潜水.上2つは同じペア.かなり深く潜っているのが分かる.▲


▲また別のペアの潜水産卵.▲

潜水しているペアは結構敏感にまわりの状況に反応するようです.写真を撮っている私が少し大きな動きをすると,あわてて水中から離脱し,水面より高い位置に止まります.また,足を滑らせて石ころをポチャンと落としたときも,慌てて水面から離脱しました.この反応は水面より高い位置で産卵している時と同じくらい敏感です.


▲産卵を終えたのか,メスは腹部を伸ばしている.このあと水から離脱した.▲

潜水産卵が終わると歩いて浮上してきますが,メスは腹部を伸ばしてだるい感じで葉をよじ登ってきます.オスが引っ張り上げてやっているという感じでした.

さて,次はオオアオイトトンボです.時刻は14:40頃です.今までの経験では,間もなく産卵を始めるという時間帯です.オオアオイトトンボは連結した状態でかなり長い間過ごします.メスが産卵を始めるまで辛抱強く待っている感じです.ある時刻になると嘘のようにメスが産卵を始めるのですが,今日はそこまで待ちませんでした.


▲池のそばの草原を飛んでいたオオアオイトトンボのペア.▲


▲池では産卵しそうな枯れ枝にぶら下がってただただ時間を待っているという感じ.▲


▲連結状態でメスが産卵を始めるのを待っているようだ.▲

さて,最後がコバネアオイトトンボです.コバネアオイトトンボは2018年以来の再会です.まだ兵庫県内に生き残っていました.非常に嬉しいことです.


▲コバネアオイトトンボのオス.緑色型の個体がやはりきれいに感じる.▲

▲上は金色タイプのメス,下は緑色タイプのメス.▲

コバネアオイトトンボは産卵ペアがいませんでした.かなり念入りに探したのですがすべてアオイトトンボでした.またアオイトトンボに比べコバネアオイトトンボの個体数は極端に少なく,私が見たのは全部で6個体でした.しかも,オスの中には羽化不全なのか翅がしわになっていたり,腹部が少し屈曲している個体がいました.かなり個体数が減った時期があったのでしょうか,ボトルネック効果で遺伝的多様性が著しく減少しているのかもしれません.今後がちょっと心配な状態ではあります.


▲右後翅がしわになっている,羽化不全と思われるコバネアオイトトンボのオス.▲


▲腹部がわずかに屈曲しているコバネアオイトトンボのオス.▲

さて,家にこもっている間に,しっかりと秋の扉が開いていたみたいです.今日はほとんどカメラを向けませんでしたが,ナツアカネ,マユタテアカネ,ヒメアカネ,ノシメトンボ,リスアカネなどのアカネ類もしっかりと活動を始めていました.またギンヤンマ,シオカラトンボ,タカネトンボなどの夏のトンボも生き残っていました.また忙しくなりそうです.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No. 877. アオイトトンボ属3種.2022.9.24. はコメントを受け付けていません

No. 876. シフティング・ベースライン症候群.2022.9.17.

以前から頭の中に概念としてあったことですが,最近読んでいる本の中にその概念を表す言葉に出会いました.これがタイトルの「シフティング・ベースライン症候群」という語です.

私はたまに生き物に興味がある子供たちにトンボや昆虫のことを話す機会があり,そのとき子供の頃にした虫採りの話をすることがあります.小学校3年生のとき,家のすぐ近くにまだ戦争の爪痕が残っているような焼けただれた洋館があり,その庭にカナブンがたくさん集まる木がありました.カナブンというのは当時は「駄物」扱いで,アオカナブンでやっと捕まえようかという意欲のわくレベルでした.とにかくカナブンはたくさんいて塊になって樹液を吸っているので,両手ですくうようにして十から二十の採れるだけのカナブンを捕まえ,おにぎりを握るような格好で手の中に収め,そしてパッと空に向かって投げて逃がす,というようなことをやって遊んでいました.

こんな話をしたときによく感じることですが,その感覚が今の子供たちには実感として伝わりません.何を当たり前のことを言っているのだ,今は昆虫が減っているからだろう? と言われそうです.それはその通りなのですが,そのときに私が感じるのは,今の子供たちが自然を見るときには,生まれてから接してきた自然環境を基準(ベースライン)にした感覚を持っているからだろうということです.

ところで私の原体験は,1971年に出かけたアカトンボが無数に飛ぶ六甲山地の裏側に広がる田園地帯でした.山間に広がる普通の田園地帯ですが,最寄りの駅から農道を歩いて短時間網を振っただけで,ナツアカネ,ミヤマアカネ,マユタテアカネ,リスアカネ,コノシメトンボ,ネキトンボ,タイリクアカネが採れました.これらが,ポツポツ止まっているのではなく,多くは電線に鈴なりに止まっており,一方では実る稲穂の上をたくさんのミヤマアカネがひらひら飛び回っているのです.それ以外にも,カトリヤンマ,オニヤンマ,ハグロトンボ,ギンヤンマなどが飛んでいました.下の標本はそのときのものです.

こういうトンボが群れている姿は,私たちの生活空間のすぐそばに普通に存在していました.そして図鑑に書いてある生息環境を見つければ,そこには必ずと言っていいほど目的の種,あるいはそれ以上の種が見つかりました.出かけることさえいとわなければトンボに出会えたのです.つまりこういった感覚が私のトンボという生き物を見るベースラインになっています.

しかし今の子供たち,それもトンボに興味を持っている子供であっても,通常の生活範囲でそのような状況に出会うことはほとんどないのではないでしょうか.そして今ではある種の典型的な生息環境に出かけてもそのトンボに出会うことができないのが普通になっています.ただ目的のトンボを探そうとすれば,それなりの努力をすれば今でもその種を見つけることはできます.ですから「トンボはがんばって探せば見つかる昆虫である」という感覚が,今のトンボ好きの子供たちのベースラインになっているように思われます.

このように世代間でものを見る基準,つまりベースラインが変化していくことを,シフティング・ベースラインと呼んでいます.そしてこの後に「症候群」とつくのは,このベースラインの変化によって何かマイナスの状態が現出しているという意味が込められているのだと思います.

生物多様性というものに価値があると前提すれば,その減少はマイナスの価値になります.生物多様性が減少した状況の中で育っている子供たちにその実感が受け継がれないとき,この社会の中で重要な価値感覚が時代とともに失われていくという「症候」が存在するととらえることができます.

私はトンボのこと以外は何も言うことができません.ですから,トンボという生物群を通して,生物多様性減少についてのシフティング・ベースライン症候群を「治療」する方法を追求する必要があるように,最近特に感じています.

カテゴリー: エッセイ | No. 876. シフティング・ベースライン症候群.2022.9.17. はコメントを受け付けていません

No. 875. リスアカネの産卵.2022.9.11.

今日は秋を探しに出かけてみました.もう一つは,私がトンボ好きだと知っている学生さんが,学校でベニトンボを見たと言っていたので,その学校周辺の公園の池に,ベニトンボがいないか見に行きました.まあ,結果的にはベニトンボは見られなかったです.

今日は,この公園を含めて,3つの公園を歩いてきました.一つ目の公園ではタイワンウチワヤンマ,ギンヤンマ,コシアキトンボ,ウスバキトンボ,オオシオカラトンボ,シオカラトンボ,ネキトンボなどの姿を確認しました.


▲タイワンウチワヤンマのオス.▲

二つ目の公園には,親子連れがたくさん来ていて,ほとんどの家族の子供やお父さんが網を振っていました.この時期,バッタとトンボが一番目立つので,家族連れの虫かごの中身は,ほとんどバッタとトンボでした.これだけ網を振られると,池には数が多いシオカラトンボと子供では採るのが難しいギンヤンマぐらいしかいません.ちょっとかごをのぞかせてもらうと,マユタテアカネをとっている子供がいました.ここでは私はマユタテアカネを見ませんでしたので,なかなかやるな,という感じでした.


▲たくさんの子供たちが網を振っていたが,シオカラトンボは採り尽くせない?.▲

こんな感じなので,明るい池を避けて,私はほとんど真っ暗な林の中の池を目指すことにしました.樹林の中の細道に入ると,虫採りをしている家族連れは全くいません.さすがにこんな薄暗いところにトンボがいるとは思わないのでしょう.目的の池に着きますと,リスアカネが合計3ペア産卵していました.単独オスも4,5頭飛んでいます.


▲リスアカネの産卵.あまりに暗いので,ピントはほとんど勘に頼った.▲


▲リスアカネの産卵.▲

リスアカネはアカトンボですが,秋のアカトンボとはいえず,7月終わり頃からもう産卵をしているトンボですので,秋の「訪れ」を感じるというのではありませんでした.


▲リスアカネの産卵.▲

産卵はいつも通り,池の水際の陸上で行われています.所々に木漏れ日が差し込んでおり,それがバックにくるとトンボの姿をはっきりと視認できます.


▲池の水面に反射する木漏れ日をバックに産卵するリスアカネ.▲

さて,三つ目の公園には,カトリヤンマを探しに入りました.しかし全くといっていいほどトンボ自体がいませんでした.40分ほど歩いて,見つけたのは,ハグロトンボ(1),オオシオカラトンボ(2),リスアカネ(2),コシアキトンボ(1)だけでした.たったの6頭.本当にトンボがいません,この時期...

今年この時期にトンボを見に来て,夏のトンボの生き残りが少ないのと,オニヤンマをほとんど見ないのが気になります.例年なら,「またオニか」というぐらいこの時期には飛んでいるのですが,姿を見ません.今,サイレント・アースという本を読んでいて,これには,全世界で昆虫が減っていることが書かれています.「沈黙の春」の昆虫版とでも言うべき本です.私もフィールドに出て,本当にそれを感じます.

今日は結局小さな秋は見つかりませんでした.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No. 875. リスアカネの産卵.2022.9.11. はコメントを受け付けていません

No. 874. ミヤマサナエには出会えない.2022.9.4.

今はトンボの端境期.最近は気温上昇の影響か,夏のトンボが姿を消すのがちょっと早まった感じがします.それで,アカトンボが本格的に出てくるまでの間,新しいトンボの姿が見られない時期が,この8月末から9月上旬にかけて続くのです.この時期に陽の当たる場所で姿が普通に見られるのは,いわゆる通季種と私が名付けている,多化性で春早くから秋まで見られる普通種です.

夏のトンボで比較的遅くまで残っているのは,ハグロトンボ,オナガサナエ,ミヤマサナエ,タイワンウチワヤンマなどです.今日は,ミヤマサナエがいないかと,兵庫県北部へ行ってきました.しかし川にはほとんどトンボがいず,いたのは,池に寄ったときに見た通季種ばかりでした.兵庫県のミヤマサナエは,羽化時期を除けば,本当に難しい.


▲兵庫県北部ではタイワンウチワヤンマがいないせいか,まだウチワヤンマがいる.▲


▲ショウジョウトンボは春早くからずっと姿を見せるトンボになった.▲


▲通季種の代表,ギンヤンマが池の中ほどで産卵していた.▲

まだまだ暑い日が続いています.今の時期には,夏の生き残りのトンボや秋のトンボは林の中に見に行かないと出会えないのかもしれません.日向はまだ夏でした.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No. 874. ミヤマサナエには出会えない.2022.9.4. はコメントを受け付けていません

No. 873. ウスバキトンボのマーキング調査.2022.9.3.

今,ウスバキトンボの国内での移動を調べるための,マーキング調査が行われているのをご存じでしょうか? NHKの番組「ダーウィンが来た!」で,ウスバキトンボを扱った番組が制作される予定で,その移動状況を,一般市民の力を借りてマーキング調査しようというものです.

ウスバキトンボは,太平洋を飛行して移動することで知られており,長距離移住者の代表的なトンボです.日本には,毎年春以降にやってきて数を増やし,どんどん北の方に広がっていきますが,日本では通常越冬できず,やがて死滅していくという,一見変わった生活を営んでいるトンボです.この日本国内での移動状況を調査しようというものです.

下記アドレスのWebページに,その協力案内が掲載されています.

★トンボ大調査 協力者募集します!★

こういったマーキング調査は,ウスバキトンボの移動範囲があまりにも広大なので,その成功が難しいとは思います.しかし,放送局が大勢の一般市民に募集をかけて実施しようとしているので,その再捕獲率が少しは上がる可能性があります.ご興味がある方は参加してみてください.

今の季節,9月上旬は,兵庫県あたりでは,ウスバキトンボは新しい個体がたくさん羽化して飛んでいる状況です.この時期にマーキングされた老熟個体を見つけるのは難しいかもしれませんが,逆にマーキングするにはチャンスです.あらゆる場所で,たくさんのウスバキトンボが群れて飛んでいます.

++++++++++

ところで,ウスバキトンボは,絶滅に向かって北へ移住をするという行動が私たち日本人の興味を引くからでしょうか,不思議なトンボとされています.しかし,絶滅して子孫を残すことができないような遺伝的行動形質が進化することはない,と言ってよいでしょう.進化は,その行動をとることによってより多くの子孫が生き残り,それゆえその行動がより多くの子孫に受け継がれ,やがて,その種全体がそのような行動をとることが一般的になる,といった過程を経て起きるものだからです.これが自然選択です.

ウスバキトンボがなぜこのような行動を進化させたかを知るためには,本来の生活場所やその環境を知る必要があります.本来の生活環境下で,この「絶対的移住(生活史に組み込まれた移住)」がより多くの子孫を残すのに有利であることを知る必要があるはずです.しかし,私の知る限りにおいて,この点について一般の方々に向けて解説した文章はほとんど見当たりません.もちろん専門書には,それなりの考え方が記されてはいます.そこで,当サイトで,その考え方を紹介することにしました.すでに公開してから数ヶ月が経っていますが,興味ある方は下記のページを参照してみてください.

神戸のトンボ:ウスバキトンボの話

この番組を通じて,ウスバキトンボの国内での状況が少しでも解明されることを期待しています.

カテゴリー: コラム | No. 873. ウスバキトンボのマーキング調査.2022.9.3. はコメントを受け付けていません

No. 872. ミルンヤンマ探し.2022.8.28.

まだアカトンボには少々早い感じですので,今日はミルンヤンマとミヤマサナエを探しに行きました.ミヤマサナエはロケハン的な探索で,もちろん?,見つかりませんでした.ミルンヤンマの方は,産卵に来ることはなく,オスが摂食飛翔をしていただけでした.暗い中で素早く飛んでいるので,置きピンでシャッターを切りまくりましたら,50枚ほどの内,1枚だけピントが来ていました.ただ,近すぎてストロボの最短距離内のようで,ちょっと明るい部分が飛んでしまいました.


▲ミルンヤンマオスの摂食飛翔.Uターンした瞬間である.▲

今日は川を探索したわけですが,川のそばの道路や水田に,オナガサナエがたくさんたむろしているのに出会いました.最初の場所では,メスばかりが見つかってオスはいませんでした.川に入ってもオスは全く姿がなく,メスは悠々と産卵したり水浴びをしたりしていました.オスがいない状態では,そこはメスの天国みたいな感じでした.なんか伸び伸びと活動しているんですね.なお,川ではハグロトンボがたくさん活動していました.


▲ハグロトンボはあちこちで活動をしていた.▲

止まっているメスは合計4頭見られました.これらのメスは近づいても一気に山の方に逃げるという行動は示さず,ちょっと飛んで止まり場所を変えるという動きでした.産卵には3回入ってきました.ただ,産卵行動は,いつものように一カ所でホバリングするという感じではなく,あちこち飛び回ることが多かったです.


▲アスファルト上や水田の電柵に止まったりしているオナガサナエのメス.▲


▲悠々と産卵するオナガサナエのメス.▲

もう一つの場所,ここはミルンヤンマを探しに入ったかなり上流域なのですが,やはりメスが複数いました.ここにはオスもいました.ただ,オスも川の石の上に止まってメスを待つといういつものパターンとは違い,ほとんどの個体は草地や水田や道路に止まっているのです.オスとメスがすれ違う場面でもオスはメスを捕らえようとはせず,繁殖活動をしていない感じに見えました.またこれらの個体は,近づいても山の方に逃げることもなく(といってもここは山の中なので,山の斜面の樹上にという意味),はじめの場所と同じく,ぐるっと飛んで止まり場所を少し変えるといった行動を示します.


▲川のそばの護岸やコンクリートに止まるオナガサナエのメス.▲


▲草地や岩場に止まるオナガサナエのオス.流れに近い場所ではある.▲


▲こういう角度で成熟オスの写真が撮れることは少ない.水田のネット支持棒.▲


▲道路上に止まるオナガサナエのオス.▲

ミルンヤンマのいるような上流にまでオナガサナエが入っていることにまず驚きます.ほとんどは写真のように流れから少し離れたところに止まっていましたが,1頭だけ流れに止まっている個体もありました.写真で見て分かるように,かなり上流部の様相でヒメサナエが止まっているような場所です.


▲上流部の流れの石に止まっているオナガサナエのオス.▲

このように,流れから少し離れたところにたくさんの個体が集まっているのを見るのは初めてです.二カ所目の上流部は,オスの止まり方や行動などから見て,ひょっとしたら彼らのねぐらなのかもしれません.でもはじめのメスばかりのところは水田で,この場所がねぐらとはとても思えません.一時休息といった感じに見えました.いずれにしても,オナガサナエの珍しい集合状態を見た気がします.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No. 872. ミルンヤンマ探し.2022.8.28. はコメントを受け付けていません

No. 871. オオルリボシヤンマとタカネトンボ.2022.8.27.

連日の猛暑日も一段落し,時折秋の風を感じるようになりました.今日は秋の入り口に飛ぶトンボたち,オオルリボシヤンマとタカネトンボを見に行ってきました.先日出かけたときには両方とも全く姿を見せてくれませんでした.あれから一週間と一日.今日はどうでしょう.

観察地に入ったとき,空はどんより曇っていました.オオルリボシヤンマはこんな天気でも産卵にはやってきます.タカネトンボはちょっとどうかなという感じです.現地では全くオスが飛んでいません.オスはやはり晴れた日の方がよいようです.しかし,メスは3頭産卵にやってきていました.この場所,今年もオオルリボシヤンマは健在のようです.


▲産卵するオオルリボシヤンマ.▲

次に待つのはタカネトンボですが,オスさえ飛んできません.ちょっと不安を抱きながらオオルリボシヤンマと戯れていますと,オオルリボシヤンマのまわりを飛び回る小さなトンボが目に入りました.タカネトンボのメスです.見つけた場所では短時間産卵をしただけで姿を消しました.少しまわりを歩いてみますと,別の場所で産卵を続けていました.


▲行ったり来たりしているので,ファインダーにつかまえるだけで大変.▲


▲腹端に卵が出ているのが見える.▲


▲打水の瞬間.▲


▲暗くて,なかなかピントが来ない.▲

タカネトンボの産卵は,(1) 打水,(2) 岸と反対向きに定位,(3) 岸に向く,(4) 卵を含む水滴を岸に向かって飛ばす,(5) 急なUターン,ということを繰り返します.一連の動きを見てみましょう.


▲(1) まず打水する.打水したあとの水紋が見える.▲


▲(2) いったん,岸とは反対の向きに定位する.▲


▲(3) 向きを変えて岸の方に向かって定位する.▲


▲(4) 岸に向かって卵を含んだ水滴を飛ばす.▲


▲(5) 岸の手前で体をひねってUターンする.▲

いよいよ秋の入り口になりましたね.今年のトンボ観察で残されているのは,秋のトンボたちだけとなりました.アカトンボ類,アオイトトンボ類,そしてルリボシヤンマです.一年は速いですね.

カテゴリー: 神戸市のトンボ, 観察記 | No. 871. オオルリボシヤンマとタカネトンボ.2022.8.27. はコメントを受け付けていません

No. 870. 近場まわりでタイワンウチワなど.2022.8.19.

今日は,近場を回って,この時期のトンボの状況を見に行きました.8月後半というのは,そのときが最盛期というトンボが意外と少ないのです.夏のヤンマなどはそろそろ終盤の時期に入ります.といってもまだまだ飛んでいますけど...コシアキトンボやチョウトンボももう終盤です.ショウジョウトンボは二化目が出ているくらいの時期です.ギンヤンマやシオカラトンボはもうずっと最盛期が続いています.

実はこの時期に最盛期を迎えるトンボの一つがタイワンウチワヤンマです.ウチワヤンマしかいない地域では今でもウチワヤンマが元気に活動していますが,兵庫県南部では,この時期のウチワヤンマはかなり見るのが難しくなってきました.


▲2022.8.15. 鳥取県にて.今でもウチワヤンマが元気に活動している.▲

成果がなかったのでブログでは報告していませんが,この8月15日に兵庫県北部へタイワンウチワヤンマの進入調査に行ってきました.そのとき,上の写真のようにまだ池ではウチワヤンマが元気に活動していました.


▲タイワンウチワヤンマ.暑いのでほぼ垂直な腹部挙上姿勢をしています.▲

一方,兵庫県南部のタイワンウチワヤンマが入り込んでいる池では,ウチワヤンマはもうほとんど姿を見ることがありません.タイワンウチワヤンマが入り込んでいない池では姿を見ることがありますが...

さて,今日の第一の目的は,タイワンウチワヤンマの産卵観察です.例年,個体数の多い淡路島へ行くのですが,手近で済ませようという魂胆です.この池では数回タイワンウチワヤンマの産卵を見ていますので,観察できる可能性は高いです.ただ,池の周辺がどの場所も同じようで,産卵に来るポイントが分かりません.そういうことですので,池の周囲を移動しながら観察しました.すると,メスがうまく目の前に入ってきました.


▲産卵に入ったタイワンウチワヤンマのメス.矢印は糸を引いている卵.▲

ストロボの接触点がちょっとおかしく,うまく光らなかったので逆光で影になってしまいました.腹端から糸を引いて卵が着いているのが分かります.糸はほとんど写っていませんけど.タイワンウチワヤンマはウチワヤンマと違って,結構動き回って打水するので,今日はほとんどピントが来ませんでした.

産卵はきょうはこれ1頭だけでした.あとは,クロイトトンボ,チョウトンボ,コシアキトンボ,シオカラトンボ,ギンヤンマなど元気に活動していました.

さて次はタカネトンボです.タイワンウチワヤンマの産卵は午前が多く,タカネトンボは午後です.ということで昼食をとって移動しました.現地で2時間近く過ごしましたが,残念ながらまだタカネトンボは姿を見せてくれませんでした.オオシオカラトンボだけが元気に飛び回っていました.


▲オオシオカラトンボの交尾と産卵.▲

タカネトンボは9月に入ってからにした方が良さそうです.時刻は14時を過ぎました.コシボソヤンマが産卵に来る時刻です.実は昨日もコシボソヤンマを見に行ったのです.1頭のメスが産卵しているのを見たのですが,場所が気に入らないのか,すぐにどこかへ姿を消しました.今日はそのリベンジも兼ねています.流れに入って産卵しそうな朽ち木を見て回りますと,1頭のメスが飛び上がって木にとまりました.どうも最近足下がおぼつかなくなって,川を歩くとふらつきが大きく,バシャバシャやってしまい,産卵しているトンボに先に気づかれて飛ばれてしまいます.


▲私の気配に反応して,産卵をやめて飛び上がり,木に止まったコシボソヤンマ.▲

しかしこれはよくある動きです.経験上20分で産卵を再開します.過去何度か同じ経験をしています.本当に不思議なくらい20分で再開するのです.時刻は14:50.したがって産卵再開は15:10になります.コシボソヤンマから目を離さず.20分待つことにしました.待っている間,足下を1頭のコシボソヤンマらしき個体が飛びましたが,見失いました.まあ,このメスを待つのが確実です.

15:06,羽を小刻みに震わせ始めました.これは飛び立って産卵を再開する前兆です.15:09,飛び立ちました.メスからはずっと目を離しませんでしたので,飛ぶコースが手に取るように分かります.飛び立った朽ち木の方に少し大回りをするように飛んでやってこようとしています.そのときでした.もう1頭のコシボソヤンマが木陰から飛び立ち,このメスを追うように飛びました.メスは逃げるように小さく旋回しましたが.オスに見事に捕まり,連れて行かれました.

やっと産卵の再開かと喜んだのもつかの間,オスにお持ち帰りされるとは...ついていません.でも考えようによっては,これは初めてのコシボソヤンマ生態の観察になりました.今までコシボソヤンマのオスがメスが産卵しているすぐそばを飛んでも,全くメスに気づかないシーンばかり見てきました.今日初めてオスがメスを連れ去るところを観察できたのです.これは,コシボソヤンマの出会い場所が産卵場のある流れであることを示す一例になります.そう納得して,観察を終えました.このオス,多分さっき足下を飛んだ個体だと思います.

ということで今日の観察は終えることにしました.帰り道,秋を待つマユタテアカネがひっそりと止まっていました.


▲木陰で秋を待っているマユタテアカネメス.▲

カテゴリー: 神戸市のトンボ, 観察記 | No. 870. 近場まわりでタイワンウチワなど.2022.8.19. はコメントを受け付けていません

No. 869. ネアカヨシヤンマ.2022.8.15.

お盆の間は家族サービスでトンボ休止.今日解放されましたので,別口の調査活動を行ったあと,ちょうど場所と時間が合ったので,ネアカヨシヤンマを見に行きました.現地に入ったのが13:56.14:00ごろに産卵に来るので,一通り見て回った後,少し待ちましたら,ほどなくメスが産卵に入ってきました.


▲例によって,なかなか近づけない.▲

今年のネアカヨシヤンマはこれで3回目の遭遇ですが,どの個体もなかなか近づけさせてもらえません.逃げるとこちらに背を向けて着地,産卵.なかなかうまくいきません.


▲日陰や日向に移動して産卵はするが,一カ所で長続きしない.▲

やっとのことで,かなり近づくことができました.メスの方もその場所が気に入ったのでしょう.結構長い間飛ばずに産卵を続けてくれました.


▲やっといいアングルで産卵してくれた.▲

今日は特にネアカヨシヤンマに会いに行ったわけではなく,ついでというところでしたが,時間通りに産卵にやってくるネアカヨシヤンマのおかげで,出会うことができました.ここまで.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No. 869. ネアカヨシヤンマ.2022.8.15. はコメントを受け付けていません