No.741. コフキトンボの群れ.2020.6.29.

今年はある池でコフキトンボがたくさん発生しているので,群れている状態を観察・撮影にちょっと出かけてきました.

▲コフキトンボの群れ.

コフキトンボは,私のもっとも好きなトンボの一つですが,最近はなかなかこれくらい群れているところを見る機会が少ないので,少し嬉しくなりました.池中これだと大発生というところですが,池の植生のある場所に集まっている感じでした.それでも,池の周囲には2,3mごとに止まっていました.

▲コフキトンボの群れ.一番下は,14頭が写っている.

よく見ると,単独でいるのは,十分成熟したオスが多いことに気づきました.どれが成熟したオスかは,本当のところ分からないのですが,複眼が真っ黒になり,青灰色の腹部に黒いシミのような斑が出ている個体は,単独で池の周囲に散らばり,縄張りを形成していました.コシアキトンボほどではないものの,ときどき,2頭が並んで停止飛翔した後追尾するような動きをしていました.

▲オスは止まっていることが多いが,ときどき飛んで縄張りを監視している.
▲池に単独で出ている個体にはオスが多く,腹部に黒い斑が出ている.

産卵行動をビデオに撮りたかったので,来そうなところで待つことにしました.そこは,黒い斑を持つオスが,水面に浮かぶキショウブの葉を産卵基質とみて,縄張りを形成しているところでした.もっともときどき姿を消すなど,弱い縄張り意識しかないようなオスではありました.キショウブの葉にはコフキトンボの卵がたくさん貼り付いていました.過去に産卵をしたところのようです.

▲右上にオスが止まっている.水面に浮かぶキショウブの葉にはコフキトンボの卵が付着している.
▲この場所で縄張りを形成しているオス.
▲キショウブの葉に付着したコフキトンボの卵.眼点ができて発生が進んでいる.

2時間半待ちましたが,結局ここには産卵に来ませんでした.交尾態が飛んで向こうの方に行くのを見ただけでした.ビデオは追いかけて撮ってもいい映像が撮れないので,待って撮ることが多いのですが,今日はダメでした.

観察で気づいたのですが,群れて止まっているのは,メスと,まだ複眼が黒くなっていないオスで,複眼が黒くなり腹部に黒いシミのような斑が出ているオスは,単独でいて,縄張りを形成しているようだということでした.

▲群れの中にいるオス.2頭ともオスであるが複眼が黒化していなくて青灰色粉もうすい.
▲上がメスで下がオス.やはりオスは複眼が黒化していない.
▲左がオスで右がメス.複眼が黒化していなくて青灰色粉が十分吹いていないオスである.
▲単独で池の周囲に止まり,縄張りを形成していると思われるオス.複眼が黒化している.
▲ちょうど両者の中間的な感じのする単独オス.複眼はまだ完全に黒化せず腹部に斑もない.

まだ仮設段階ですが,今日の観察結果から言えることは,コフキトンボのオスは未熟なうちには群れて生活し,成熟が進んでくると単独で活動するようになっていくのではないかということです.単独活動を始めるサインは複眼の黒化と腹部のシミのような黒斑が出てくることです.一方のメスはどうなっているのかは分かりません.成熟しても群れの中にいるのか,群れから離れて草地などで生活するのか,今年は数の多いこの池ならそういった観察ができそうです.最近は個体数が激減し,未熟でも成熟でも孤独な個体が多いですから.

今日それ以外にいたトンボは,ウスバキトンボ,ショウジョウトンボ,チョウトンボ,オオヤマトンボ,ウチワヤンマ,コシアキトンボなどで,後はオオキトンボが羽化して飛び立ちました.

▲いつものように追尾行動をしているコシアキトンボ.
▲ウチワヤンマのオス.交尾態での飛翔は一度だけ観察したがどこかへ行ってしまった.
▲オオキトンボの処女飛行後の個体.
カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.741. コフキトンボの群れ.2020.6.29. はコメントを受け付けていません。

No.740. 6月のトンボたち.2020.6.23.

今日は,6月のふつうのトンボを,散歩ついでに見てきました.6月はほんのちょっと探しただけで,多種のトンボに出会えるので楽しいですね.まずはキイロサナエ.もうヤマサナエの姿は見られませんでした.

▲キイロサナエのオス.

続いてコフキトンボ.今日訪れた場所は,以前はたくさんのコフキトンボがいたところでしたが,最近はせいぜい数頭しか見られなくなっています.前回はメスばかり撮ったので今日はオスも忘れないように撮りました.

▲コフキトンボのオス(上)とメス(下).

この時期に姿を見せはじめるのがチョウトンボです.まだ少し数は少ない感じでしたが,池に出て活動していました.

▲チョウトンボのオス.

もうたくさん出て活動しているのがシオカラトンボ.いつも無視しがちですが,今日はきちんと記録しておきました.

▲シオカラトンボのオス

池で数多くが追いかけ合いをしたり産卵をしたりして活発に活動していたのがショウジョウトンボです.体の赤がワインレッド調ですが,今ひとつ色の輝きが抜け切れていないのが惜しいところです.成熟虫はどこかに濁りが感じられるのですね.

▲ショウジョウトンボのオス.

湿地ではハッチョウトンボがたくさん活動していました.今日はじっくり観察することはせず,ざーっと見て回るのがねらいですので,繁殖活動は見ていません.

▲ハッチョウトンボのオス(上)とメス(下).

アカトンボの羽化も始まっており,ネキトンボがたくさん飛び立っていました.残念ながら,こちらが見つける前に飛び立ったので,記録はできませんでした.アキアカネがぽつんと日陰の池に止まっていました.

▲羽化直後と思われるアキアカネ.

これ以外の不均翅類では,ギンヤンマ,クロスジギンヤンマ,ヨツボシトンボ,ウスバキトンボ,オオシオカラトンボ,コシアキトンボ,コオニヤンマ,コヤマトンボ,オオヤマトンボなどの姿を見かけました.均翅類については,まずキイトトンボ.未熟なものから産卵しているペアまで,あちこちで見かけました.

▲キイトトンボのオス.

モートンイトトンボも湿地や休耕田で活動していました.ハッチョウトンボに混じって飛んでいるものもいました.

▲モートンイトトンボのオス.

オオアオイトトンボの羽化期に当たったようで,幼虫が出てきてこれから羽化しようとするタイミングにも出会いました.こういうのはなかなかチャンスはありません.また羽化途中の個体もいましたし,ちょっと残酷ですが,羽化途中にクモに襲われた個体もいました.クモが脚を顔面にからめている姿は,映画エイリアンの幼体が人の顔に貼り付いているのを連想させられました.

▲これから羽化を始めるオオアオイトトンボ幼虫.
▲羽化途中のオオアオイトトンボのメス.
▲クモに襲われたオオアオイトトンボの羽化途中の個体.

あと,日陰でオオアオイトトンボが羽化している横では,モノサシトンボが活動をしていました.均翅類では,これ以外には,オオイトトンボ,クロイトトンボ,アオイトトンボなどが見られました.

▲モノサシトンボのタンデム.

ちょっと散歩がてらに歩いただけで,24種のトンボに出会うことができました.あと,ちょっとヤゴをすくってみたのですが,ナツアカネ,キトンボなどが採れました.これで合計26種.特に数少ないトンボを見に行くのでなければ,最近は,田園地帯へ出かけるより,自然を活かした公園に行く方が,たくさんのトンボに出会えるようです.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.740. 6月のトンボたち.2020.6.23. はコメントを受け付けていません。

No. 739. コフキトンボの発生状況を見に.2020.6.21.

今日は梅雨の晴れ間.家にばかりいても仕方がないので,コフキトンボやチョウトンボの状況を見に行ってきました.

▲コフキトンボたち.気が付いたらメスばかり撮っていた.

チョウトンボは非常に数が少なかったのですが,今年はこの池,コフキトンボがかなり発生しているようです.池の周囲2-5m間隔でオスが止まっていて,メスはかたまって止まっていました.あまりにも離れたところで写真にはなりませんでしたが,産卵も2回見ました.今年はコフキトンボの生態を撮影することができそうな感じがしました.

コフキトンボと同様に数が多かったのはウチワヤンマでした.5-10m感覚でオスが止まっており,交尾態での飛翔を3回,産卵を2回見ました.

▲ウチワヤンマの産卵.このメスは打水した後よく止まるメスであった.

池にはコシアキトンボも結構たくさん飛んでいました.例によって追いかけ合いもあちこちで行われていました.

▲コシアキトンボの追飛.

帰り道でウチワヤンマが水田でなわばりを形成しているのを見ました.水田のような浅い水溜りでも,広さがあれば繁殖活動水域と認識するようですね.

▲水田の周囲の柵に止まって,時々水田上を飛んで縄張りを監視していた.

普通種ばかりでしたが,トンボたちが元気に活動しているのを見られてよかったです.コフキトンボがたくさんいたのがラッキーで,今年はここでコフキトンボの産卵をきちんと記録することができるかもしれません,

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No. 739. コフキトンボの発生状況を見に.2020.6.21. はコメントを受け付けていません。

No.738. 今日も試写を兼ねて.2020.6.7.

今日も新しいマクロレンズの試写を兼ねて,トンボの様子を見に行ってきました.今日は,ムカシヤンマ,ハッチョウトンボ,ヤマサナエなどがいるところへ出かけました.ムカシヤンマには出会うことがありませんでしたが,ハッチョウトンボはたくさん活動していました.

▲通常のトンボ全景のトリミング.ハッチョウトンボたち.

トンボを大きく鮮明に撮りたいのでマクロレンズを買ったのですが,さすが単焦点レンズだけのことはあって,脚の棘や体毛や翅脈がきれいに表現されています.今回は写真にトリミング以外の操作を加えていません.またトリミングしないでもかなり大きく写ります.下の写真はリサイズだけでトリミングなしですが,これくらいのサイズでも簡単に写ります.もっと大きくなりますが,風で動いているので,ピント合わせとフレームインさせるのは野外では難しいです.

▲ノートリミングのフレーム.風と手ぶれで動くので,寄って中央に入れるのは難しい.

一方,ドットバイドットでトリミングしてみました.オリジナルのサイズは6000ピクセルX4000ピクセルですが,そこから640ピクセルX480ピクセルぶんを切り取りました.つまりオリジナル写真でどれくらい写っているかが分かります.ただし,JPEGで記録していますので,その分の画質の荒れはあるとおもいます.こんな写真を撮るならRAWで撮らねばなりませんね.

▲レンズ自体はかなり性能がよいような気がする.

ヤマサナエがいました.まだ若い感じで活動の最盛期の様相を呈しています.この場所は毎年若干出現が遅いのです.うまくいけばヤマサナエの産卵が見られるかも知れません.少し粘ってみたのですが,12:00少し前になると,あまりに暑いのか,たくさんいたオスも全部山へ帰っていきました.

▲ヤマサナエのオス(上)とメス(下).

かなり寄って撮りました.体表の毛一本一本までが見え,ズームレンズとは違うと思いました.オスにもメスにも脚に白いペンキのようなものが付いていて,どこかそういう場所があるのかも知れませんね.殺虫剤でなければいいのですけど.帰り際に少し離れたところにオオシオカラトンボの交尾態がいました.離れたところのトンボを撮って拡大したときにどのようになるか試してみました.

▲オオシオカラトンボの交尾態.

シャープに写っています.今日は画像処理をかけていないのですが,レンズが違えば写り方も違うことを実感しました.

ところでトンボの件ですが,きょうもまたイトトンボにほとんど出会うことがありませんでした.ヤマサナエを待っているときに,ちょっと季節外れのホソミイトトンボが1頭通り過ぎただけでした.下のようなスイレンがいっぱい咲いた山裾の池にも,クロイトトンボ1頭飛んでいませんでした.どうも???です.

▲山裾のスイレン池.クロイトトンボもモノサシトンボもいない.
カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.738. 今日も試写を兼ねて.2020.6.7. はコメントを受け付けていません。

No.737. イトトンボがいない.2020.6.5.

久しぶりに新しいレンズを買ったので,試写を兼ねて,トンボを撮りに行きました.合わせて,トンボの出現状況を確かめました.最初はかつての定点池.ヨツボシトンボとショウジョウトンボとオオヤマトンボが飛んでいました.レンズがマクロレンズなので,イトトンボ類を接写したかったのですが,水面を見つめていても,離れたところにクロイトトンボが1頭止まっていただけでした.今頃はクロイトトンボの最盛期だと思うのですが,ほとんど出会えませんでした.

▲きれいな池の畔だが,イトトンボ類はいなかった.

二つ目の池に行きました.ここはチョウトンボの羽化を待っている池なのですが,チョウトンボはおろか,何も飛んでいませんでした.

三つ目は池のある公園に行きました.ここはそれなりにトンボが生息している公園なのですが,やはりトンボの姿が少なかったと思います.30分ほど歩いて見かけたトンボは,シオヤトンボ2頭,シオカラトンボ1頭,ヨツボシトンボ1頭,オオシオカラトンボ2頭,ハラビロトンボ1頭,オオヤマトンボ2頭,ギンヤンマ1頭,アオイトトンボ1頭,ヤマサナエ1頭でした.

▲老熟が進んだシオヤトンボオス.
▲草むらに止まっていたアオイトトンボオス.
▲ヤマサナエのオス.

公園には池がいくつかありますが,どの池にもイトトンボ類が見られませんでした.歩いていても,トンボが足下を飛ぶこともほとんどありません.上の写真の3種だけが,歩いて出会ったトンボでした.アジアイトトンボやクロイトトンボの姿が全くないというのは不思議ですし,ヤマサナエも去年以前,もっとあちこちにペタペタ止まっていましたし,…. なんか今年はトンボが少ない感じがまだ拭えません.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.737. イトトンボがいない.2020.6.5. はコメントを受け付けていません。