No.726. タイリクアカネの越年.2020.1.1.

みなさん,明けましておめでとうございます.

恒例?のお正月トンボ観察に行ってきました.先週,タイリクアカネが10頭ほど生き残っていたので,これが年を越すのではないかと思い,今日見に行ってみた次第です.池に入ったのは10:30.晴れていますが冷たい風が吹いていて,トンボの姿が見当たりませんでした.池の岸を一往復半ほどしたとき,キトンボが現れました.

▲今日初めて姿を見たキトンボのオス.
▲しばらくすると,また1頭池に入ってきた.

もう,キトンボは毎年のように年を越していますので,あ,いたか,という感じでした.何度も池の岸を往復してい歩いていると,だんだんとキトンボの姿を見るようになりました.しかし,一週間前に比べると数は減っていて,全部で4頭ほどしか確認できませんでした.

そんなとき,翅が黄色くなく,体が赤いトンボを見ました,すぐに飛び立ったので種類は確認できませんでした.このトンボが池にいることは確かなので,こうなったら,もう一度出会えるまで待つしかありません.また池岸を歩き始めました.翅があまり黄色くないように見えたトンボを見つけました.でもよく見ると,キトンボのメスでした.メスが入っているということは産卵する可能性もあると,ちょっと胸が高鳴りましたが,日が射してしばらくすると,結局飛び去ってしまいました.

▲単独で止まっていたキトンボのメス.産卵はせずに飛び去り,見失ってしまった.

そして一時間以上歩き回って12時を過ぎたころ,やっとタイリクアカネのオスが目の前に飛んできて止まるというチャンスに出会いました.いました.キトンボ以外のトンボで,私が初めて見ることができた年越しトンボです.

▲年を越したタイリクアカネのオス.

タイリクアカネはもともと晩秋に現れるトンボではありますが,年を越すほど遅くまで生存することは,かつてはなかったと思います.それが越年するようになりました.これも温暖化で気温があまり下がらなくなったせいでしょうか? まあそれはさておき,何か感慨深いものがあります.この池はかなり内陸部で,海岸近くで繁殖するというかつての常識ともはずれています.

四国南部や九州南部では,キトンボ以外のトンボの越年も珍しくないと思いますが,兵庫県南部(淡路島を除く)で越年が見られるトンボは,キトンボ以外には聞いたことがありません.そして次に越年を見ることがあるとしたら,多分アキアカネではないかと思っています.アキアカネも妙に遅く出てくるアカトンボになっていますから…

最後に,タイリクアカネと同じところに止まるキトンボを紹介して,今日を終わります.

▲日のよく当たる斜面に止まるキトンボのオス.上のタイリクアカネとほとんど同じ場所.
カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.726. タイリクアカネの越年.2020.1.1. はコメントを受け付けていません。

No.725. トンボの生き残り調査.2019.12.25.

約一ヶ月ぶりで,トンボを見に行きました.今日は移動性高気圧が真上に居座り,雲一つない,風もない,とても穏やかな日でした.例年の通り,キトンボの生き残りを見に行きました.

▲日向でキトンボたちが飛び回っていた.

キトンボは沢山いました.ざっと数えても10頭以上.まだまだ元気ですね.オスどうしが追いかけ合い,池の水面の向こうの方まで飛んでいき,また引き返してくるといった動きを頻繁にやっていました.12月25日,野外気温8度でも,彼らはなんともないのでしょうか.もっとも日差しを浴びていると,こちらも汗ばんでくるくらいでした.日向に止めていた車の外気温計は19度になっていました.

と,岸辺の草地で,オスがメスを追いかけているのが目に入りました.しばらく見ていると,タンデムになったペアが草むらから飛び出してきました.

▲草むらでメスを捕まえたオス.

産卵をするのでしょうか.しばらく見ていますと,メスを連れ去って草むらの向こうへ飛んでいきました.多分交尾をするのでしょう.こうなると,しばらく待つしかありません.約12分後,ペアが再び池に姿を現しました.

▲約12分後,再び池に姿を現したペア.

そして,このペアは産卵を始めました.しかし見ているとメスがそれほど乗り気でないのが見え見えです.産卵は非常に短時間で終わりました.おそらく産卵意欲のないメスだったのでしょう.あるいは私が来る前に産卵を済ませていた個体だったかもしれません.

▲反対側へ回り込んで写真を撮ろうとしたが,その間もなく,産卵を終えて飛び去ってしまった.

さて,今日の驚きは,まだタイリクアカネが「たくさん」いたことです.昨年は12月21日に1個体のオスを見つけ,これがもっとも遅い記録でしたが,今年更新しました.今日は少なくとも10頭足らずはいたと思います.まだまだ元気に活動していて,オスが水面の向こうの方まで追飛する姿を何度も見ました.

▲けっこう敏捷に飛び回っていたタイリクアカネたち.

タイリクアカネの方は産卵活動は見られませんでした.ただこれだけ生き残っていたら,産卵を目にするのもアリかと思います.タイリクアカネは結構遅くまでいるトンボですが,キトンボにはかなわないようです.でもひょっとしたら,今年はタイリクアカネが年を越すかもしれません.今年の観察は今日で終わりにしようと思っていましたが,お正月,また観察に来る必要が出てきたようです.

▲水面に出て活動するタイリクアカネのオス.
カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.725. トンボの生き残り調査.2019.12.25. はコメントを受け付けていません。

No.724. アキアカネは晩秋のトンボになった.2019.11.23.

兵庫県南部でアキアカネの減少を感じ始めてから,もう20年近くが経とうとしています.この数年アキアカネが少し回復傾向にあるように感じますが,二点指摘しておかねばなりません.一点目は,数が回復したように感じるとはいえ,「どこにでもあふれかえっている」というような,昔の量ではありません.「環境が整っているところにはそこそこ集まってくる」という程度です.もう一点は,「アキアカネの繁殖活動最盛期が11月になった」ということです.昔は9月の下旬になればたくさん繁殖活動していました.今は9-10月はポツポツ見られるという程度で,次々と繁殖活動をするペアが産卵場所に入ってくる,というような状況にはなりません.このような状況になるのが11月なのです.

▲稲刈り後の水田で産卵するアキアカネ.

今日はそんなアキアカネを期待しながら,この15日に行ったところと同じところへ出かけてみました.15日もアキアカネはいましたが,数も少なくまだ産卵を見かけることはありませんでした.今日は暑いくらいの快晴で,アキアカネもたくさんやって来ているかもしれません.早速,谷に入った水田で,アキアカネが少なくとも3ペア,産卵をしていました.稲刈り後の水田での産卵,兵庫県の南部では,なにか久しぶりのような気がします.

▲水田横の水路で産卵するアキアカネのペア.

たくさん写真を撮りました.次は,キトンボが集まっていそうな池へ行ってみました.すると,池にもたくさんアキアカネがいました.池の水が落とされていて,岸の部分が湿地状になっているので,そこに集まって産卵をしていました.先の水田よりこちらの方がアキアカネの個体数が多かったように思えます.

▲池の岸では交尾うぃているアキアカネのペアもいました.
▲打水産卵をするアキアカネのペア.浅い部分で水中に卵を入れている.
▲こちらは湿地状の場所で打泥産卵するペア.
▲岸辺の泥の部分で打泥産卵をするアキアカネのペア.
▲全部で10ペア以上は産卵しにやって来ていたように思う.

現地に着いたのが11:00ころで,12:30まで観察を続けましたが,その間,次々と産卵にやって来るペアを観察することができました.もうそろそろ色々なトンボが姿を消すころなのですが,アキアカネはまだまだ元気そうです.

さて,アキアカネ以外にも,産卵をしているトンボがいました.マユタテアカネです.マユタテアカネは,2ペア産卵をしているのを見つけました.

▲岸辺でメスを待っているマユタテアカネのオス.
▲池横の草原に止まるマユタテアカネのメス.
▲水際に産卵するマユタテアカネのペア.
▲眉斑が目に見えるので,それが地面を見て,打泥する位置を決めているよう思えてしまう.
▲マユタテアカネはかなり高い位置から水際に急降下して打泥する.
▲腹部の曲がり方から見て,打泥産卵というよりオニヤンマが行う挿泥産卵という方が近い.
▲こういう角度で泥に突き刺さる感じの写真がよく撮れる

アキアカネとマユタテアカネ以外には,コノシメトンボ,タイリクアカネ,キトンボがいました.これらすべて交尾ペアを見たのですが,どういうわけか,その後の産卵を見ることがありませんでした.もっとも,タイリクアカネなどは,アキアカネの産卵と思って相手にしなかった可能性はあります.キトンボは,交尾個体を見失ったため,その後どうなったか分かりません.キトンボは,産卵後のメスをオスが捕まえることがあるので,交尾が終わっても産卵を始めない場合も結構あります.

▲コノシメトンボのオス・メス,っして交尾ペア.

コノシメトンボの交尾は,あまり写真に撮る機会がありません.なんか,やっと撮れたという感じです.

▲タイリクアカネのオスと交尾ペア.

タイリクアカネは,ほかのトンボに混じって飛んでいました.意識して見なければ見落としそうな感じでした.タイリクアカネは,近年内陸部に繁殖活動域を広げたと私は思っていますが,数が少なければ,昔のように大量のアカトンボがいる場所では,見落としていたかもしれませんね.

▲岸辺の日当たりのよいところに止まっているキトンボ.

毎年よく見かけるキトンボの産卵に,今年は出会う機会がまだありません.たくさんいるところへでかければ見られるのでしょうが,いつもと違うところで見てみたいという気もあります.

さて,全体として,まだまだトンボはたくさん飛んでいるという感じでした.15日と比べても,数は減っている感じがしません.マユタテアカネは少し減った気がしますが,逆にアキアカネが増えたので,全体としては,変わらない印象です.今年はいつ頃までトンボたちが飛んでいるでしょうか,また次の暖かい快晴の日に見に来てみたいと思います.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.724. アキアカネは晩秋のトンボになった.2019.11.23. はコメントを受け付けていません。

No.723. ネオニコチノイド系農薬の脅威.2019.11.18.

昨日,日本トンボ学会の一般講演で,衝撃的な話を聞きました.アキアカネの減少の一つの原因と考えられているネオニコチノイド系殺虫剤の影響が,トンボといった極めて一部の昆虫群の減少にとどまらず,広く水生節足動物減少に影響を及ぼし,さらに食物連鎖を通して漁獲高の減少を引き起こしているという話でした.さらに陸上生態系にも影響が及び,ミツバチの体内や蜂蜜に残留していて,ミツバチの減少を引き起こしている原因ではないかという話もありました.演者は千葉工業大学の亀田豊准教授をはじめ,トンボ学会からの二名でした. なお,ヒトに影響を及ぼす濃度ではないということも述べられていましたが,ヨーロッパの多くの国ではこの殺虫剤は使用禁止になっているそうです.

ここで,「農薬」と書かずにより広い意味での「殺虫剤」と書いたのには理由があります.ミツバチの体内に残留しているネオニコチノイド系薬剤の生態系内での移動経路を解析研究した話の中で,「シロアリ駆除のための薬剤」が地中に浸透し,植物がそれを吸収し体内に取り込んで花粉や蜜にそれが含まれ,ミツバチが運搬して蜂蜜に含有されることや,地下を通って湧水となってわき出ている水をミツバチが飲んで体内に蓄積されている,といった話があったからです.つまり農業利用以外に広く利用されているネオニコチノイド系薬剤の影響という視点での話だったのです.

ネオニコチノイド系薬剤は,浸透性薬剤で動植物体内に取り込まれ,昆虫の神経系を撹乱する薬剤だそうです.ミツバチの場合, 働き蜂が巣から突然いなくなる症状,”蜂群崩壊症候群(CCD)”を引き起こす原因ではないかと考えられています.あくまで想像ですが,ひょっとしたら,神経系をやられて太陽コンパスが使えなくなり,帰巣できなくなってしまうのかもしれませんね.

ミツバチに対するネオニコチノイド系薬剤の影響に関する記事は,インターネットを検索するとたくさん出てきますので,興味のある方は, ネオニコチノイド(neonicotinoids) や ミツバチ,蜜(honey),CCDなどをキーワードにして,検索してみてください.色々な考え方や意見が表明されています.

さて,亀田氏の講演の後,トンボ学会の二名からは,アキアカネやノシメトンボの減少を詳細なデータから,ネオニコチノイド系薬剤の使用を示唆したものや,マダラナニワトンボやベッコウトンボなどの絶滅危惧種の突然の減少に,やはりネオニコチノイド系薬剤が影響していることを示唆する話でした.基本的には,使用時期と減少時期の一致性,薬剤の生息地における残留濃度と消滅の有無などの関係性から論じた内容でした.詳細はまだ研究中ですので,また公表されれば,本Webサイトでも取り上げたいと思っています.

私は,日々の野外観察や,そのまとめとしていくつかのトンボの減少についてこのサイトで議論していますが,よく使うフレーズに「生息地の見た目には何の変化もないのに,突然特定のトンボが減少したり消滅したりする」というのがあります.今まで薬剤の影響を強く感じていました.しかし今回の講演を聴いて,ますます確信が持てたという感じでした.

カテゴリー: コラム | No.723. ネオニコチノイド系農薬の脅威.2019.11.18. はコメントを受け付けていません。

No.722. トンボの生き残り調査.2019.11.15.

ここのところ天気のメリハリがはっきりしていて,今日は朝から雲一つない快晴.ただ気温は14度を超えることはなく,風は涼しい秋の日でした.こういう日は正午前くらいをねらっていくとトンボの活動が盛んです.アカトンボの生き残りがどれくらいいるか見に行くことにしました.場所は例年行っている池でした.車をかなり手前に置いて,農道を歩いて観察することにしました.

▲道路上に非常にたくさんのマユタテアカネが止まっていた.

まず目立ったのが,マユタテアカネでした.道路に3mくらいの間隔を置いてたくさん止まっていました.道路横の草地にもいて,歩くと次々と飛び立つありさまでした.今年はマユタテアカネが大発生しているようです.交尾態のものもいましたが,これは遠くへ飛び去ってしまいました.

▲道路横の草地に止まるマユタテアカネのオス.
▲池岸の石ころの上に止まるマユタテアカネのオス.

マユタテアカネに次いで数が多かったのは,コノシメトンボでした.最近コノシメトンボを姿をあまり見ない感じでしたが,今日の観察地は違っていました.道路上にもペタペタ止まっていましたし,池の畔にも数頭いました.水面上も元気に飛んでいました.コノシメトンボはメスもいました.メスは隠れるように草むらの陰で陽の当たるところに止まっていました.

▲マユタテアカネに混じってアスファルトの道路上に止まるコノシメトンボのオス.
▲池畔の石ころの上に止まるコノシメトンボのオス.
▲池畔の枯れ草の上に止まるコノシメトンボのオス.
▲オスのいるところから離れた草むらの陰に止まるコノシメトンボのメス.

道路上には,数は少なかったですが,アキアカネやタイリクアカネも姿を見せていました.アキアカネは確認できたのが3頭,タイリクアカネの方は1頭だけでした.本当にタイリクアカネは内陸部のふつうの池に,他のトンボたちと混じっているんです.

▲道路上に止まるアキアカネのオス.
▲道路上に止まるタイリクアカネのオス.縁紋の赤さがアキアカネとは違う.

コノシメトンボに混じって飛んでいたのが,リスアカネでした.日陰が好きなトンボですが,さすがにこの時期になると日向で活動していました.交尾態のものもいました.もう少し待てば産卵したかもしれませんが,次を急ぐことにしました.

▲池畔の石ころに止まるリスアカネのオス.
▲池から少し離れた草原で交尾するリスアカネのカップル.

今日はキトンボの顔を見に来たのです.この時期に水落をして石がゴロゴロしているような池底が露出している池だったら,たいがいキトンボがいるはずです.池の周囲を歩いて探しました.

▲水を落として石がゴロゴロした池底が露出した池.キトンボ好みだ.
▲日当たりのよい岸辺で暖まっているキトンボのオス.
▲キトンボは全部で4頭ほど確認した.

キトンボはやはりいました.でも他のトンボの数が多く,キトンボは目立たない存在でした.写真を見て分かるように,まだ若い感じがします.キトンボはこれからが本格的シーズンなのでしょう.

今日は産卵活動はまったく見ることができませんでした.ちょっと池に来るのが遅かったかもしれません.でも,アカトンボがまだまだたくさん生き残っていましたので,次の晴れに期待することにしましょう.来週は後半が晴れそうです.今日は6種類のアカトンボに出会いました.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 | No.722. トンボの生き残り調査.2019.11.15. はコメントを受け付けていません。