デジタルトンボ図鑑
キバライトトンボ Ischnura aurora (Brauer, 1865)
キバライトトンボ
♂.東京都.2004.4.13.(左),♀,東京都.2004.4.13.(右)./ スケール:1.0cm. 100%, 300% on 150ppi.
<分類学的位置>
 トンボ目 Order Odonata
 イトトンボ科 Family Coenagrionidae
 アオモンイトトンボ属 Genus Ischnura

<分布> 
 国内では硫黄島にのみ分布する.1例だけ石垣島で採集されている.海外の分布に関しては,特記事項にあるように分類の見直しが提唱されており,今後,各地の標本に基づいた研究結果を待たないと正確なことはいえない状況になった.

<特記事項>
 日本国内の本種は,Ischnura aurora aurora という学名が与えられており,その分布域は,台湾,中国中・南部を経て,インドやスリランカ,またフィリピンからポリネシア,パプアニューギニアを経て,オーストラリアに至る地域,とされていた.最近,Lorenzo-Cerballa et al. (2022) は,分子系統学的手法および形態学的手法によって,種 Ischnura aurora について再検討を行った結果を発表した.検討された標品は,Ischnura aurora というラベルの付いた,中国,オーストラリア,フィジーのものと,Ischnura rubilio というラベルの付いたインドのものである(津田(2000)によると,種 rubilio はインドにしか分布していない).その結果,従来 I. aurora とされてきたもののうち,中国の標品は,I. rubilio と同じクレード(系統樹における同じ枝部分)に属し,オーストラリア−太平洋地域の標品はこれとは異なるクレードに属するいう結果を得た.また形態的にも,中国の標品はインドの I. rubilio に近いという.この結果から,従来 I. aurora とされてきたもののうち,アジア地域のものは I. rubilio とするべきではないかと述べている.ただし,まだ検討標本が限られているので,さらなる研究が必要だともしている.
 彼らは論文の中で,I. auroraI. rubilio の形態学的な検索表を作成している.一番わかりやすいオスの区別点は腹部第8節の水色部分の広がり方で,I. rubilio は腹部第8節全体が水色,I. aurora は腹部第8節の後半だけが水色という点である.それによると,上記の写真にある私の所有する硫黄島の標本は,I. aurora に一致する.また,杉村ら(1999)の,硫黄島の標本写真でも,腹部第8節の青色斑がその節の後半にしか広がっていないので,やはり I. aurora に一致している.他の図鑑類では,例えば喜多(2021)や尾園ら(2012)はグアム産の生態写真を使っているが,これもやはり I. aurora に一致しているのが分かる.さらに決定的なのは,この論文中のDNA解析に日本産キバライトトンボの解析結果が引用されているということで,これによって,日本産のものは I. aurora であることが確定している.
 以上にあわせて,World Odonata List によると,種 Ischnura aurora の唯一の亜種 Ischnura aurora viduata がシノニムになっているので,学名表記を Ischnura aurora と変更した.
 ところで,これらの検討から一つ問題になるのは,硫黄島以外で唯一採集されている石垣島産のキバライトトンボの記録である(朝比奈,1964).当時台湾まで分布することが知られていた本種は,台湾との関連が強いと考えられる.これがもし Ischnura rubilio だとすると,日本のトンボ記録が1種増えることになる.そこで「台湾的蜻蛉(汪良仲,2000)」というガイドブックで、台湾の Ischnura aurora の写真を見てみると,これは腹部第8節の後半だけが水色をしており,Ischnura aurora の形質と一致する.石垣島の記録はメスであって写真も見せていただいたが,それではちょっと判別が難しい.しかし台湾など周辺の状況から考えると,Ischnura aurora である可能性が高いと思われる.いずれにしても,専門家の検討を待ちたいと思う.


朝比奈正二郎,1964.1963年度最終の琉球産蜻蛉類の記録.Kontyu, 32(4):529-534.
M. Olalla Lorenzo-Carballa, Iago Sanmartin-Villar, and Adolfo Cordero-Rivera, (2022). Molecular and Morphological Analyses Support Different Taxonomic Units for Asian and Australo-Pacific Forms of Ischnura aurora (Odonata, Coenagrionidae). Diversity (2022):14(8). Open Access: https://www.mdpi.com/1424-2818/14/8/606/htm.
喜多英人,2021.東京都のトンボ.257pp. いかだ社,東京.
汪良仲,2000.台湾的蜻蛉 Dragonflies of Taiwan. 人人月暦,台北縣.