神戸のトンボたち
K077. キトンボ Sympetrum croceolum
オスの静止.2009.11.7.,神戸市長田区.
オスの静止.2009.11.7.,神戸市長田区./神戸市RDB:
 キトンボは非常に美しいアカトンボです.秋深くになって植生豊かな池沼に現われます.神戸市に限らずどこでも個体数は少なく,多数がみられるところはほとんどありません.
 兵庫県下での観察によると,成虫は7月15日に羽化直後のものと思われるメスが採集されましたので,このころには羽化が始まっているようです.しかし,この時期幼虫はまだ翅芽がふくらまない状態のものが多く,普通は7月下旬から8月下旬にかけて羽化するものと思われます.
 神戸市では,過去に多数の採集記録があります.かつては神戸市各地で見られたのだと思いますが,きれいなトンボでよく採集されたため記録が残っているのかもしれません.
 私が見つけた神戸市内の池は,いずれも浮葉植物,沈水植物などが繁茂した,周りを樹林で囲まれた環境です.しかし,こういう池でもどこでもいるわけでなく,現在は市内ではもはや稀種となった感があります.発見された池でも,恒常的に見られるところはありません.
 本種に関しては神戸市内での知見も乏しく,その生息状況ははっきりとはつかめないのが現状です.