前ページへ 目次へ 次ページへ

 K080.アオビタイトンボ Brachydiplax chalybea flavovittata 
 ▲神戸産写真記録なし.


各区の記録状況 (●:2005年以降の記録,○:2004年以前の記録,×:公表記録なし)
北区 西区 垂水区 須磨区 長田区 兵庫区 中央区 灘区 東灘区
× × × × × × × ×

 アオビタイトンボの発見は,神戸市ではただ1例です.西区玉津町の池で2001年7月5日に岡氏が撮影したものが「トンボと自然を考える会」の会誌(トンボと文化,108号)に紹介されています(岡,2004).国内では南北大東島で最初に発見され,沖縄島など琉球列島へ分布が広がり,その後九州でも見られるようになりました.神戸には何らかの原因で飛来したものか,または人為的に運ばれたものであろうと考えられます.

前ページへ 目次へ 次ページへ