026.マサキルリモントンボ   Coeliccia flavicauda masakii

マサキルリモントンボ♂ 未熟
沖縄県石垣市
1992.5.11.

<分類学的位置>
 トンボ目 Order Odonata
 モノサシトンボ科 Family Platycnemididae
 ルリモントンボ属 Genus Coeliccia

<分布>
 日本特産亜種であり,石垣島と西表島に分布する.台湾に原名亜種の Coeliccia flavicauda flavicauda が分布する.

<特記事項>
 南西諸島には,3分類群のルリモントンボが生息しているが,いずれの分類群も分布が重ならないので,原則的には産地で種・亜種名を決めることができる.すなわち,奄美大島・徳之島に分布するアマミルリモントンボ Coeliccia ryukyuensis amamii,沖縄本島およびその周辺の島々に分布するリュウキュウルリモントンボ Coeliccia ryukyuensis ryukyuensis,そして石垣島・西表島に分布するマサキルリモントンボ Coeliccia flavicauda masakii である.
 写真の個体は未熟な個体であり,♂は成熟すると胸部や腹部の淡色部が薄緑色に変化する.時にその部分が青色になる個体があるという.しかしその場合でも,腹部第9,10節は黄色のままである.
<< 前ページトンボ成虫標本箱リスト次ページ >>