083.ウチワヤンマ   Sinictinogomphus clavatus clavatus

ウチワヤンマ♂
兵庫県明石市
2001.7.21.
ウチワヤンマ♀
兵庫県明石市
2001.7.21.
ウチワヤンマ♂黒化型
兵庫県神戸市
2001.6.17.

<分類学的位置>
 トンボ目 Order Odonata
 サナエトンボ科 Family Gomphidae
 ウチワヤンマ属 Genus Sinictinogomphus

<分布> 
 本州・四国・九州に分布する.周辺の離島にも見られる.海外では,朝鮮半島,中国,ロシア(シベリア),台湾,ベトナム,ミャンマー,タイ,ネパールなどに広く分布している.

<特記事項>
 腹部第8節側縁下方に半円形の付属物がついているのが特徴である.本種ではそれに黄色の部分があって,タイワンウチワヤンマ Ictinogomphus pertinax と区別できる.最近筆者は黒化型の個体を採集したので,紹介した.池沼性の種で,茎の先端部などに水平に静止する.

<< 前ページトンボ成虫標本箱リスト次ページ >>