126b.キバネモリトンボ   Somatochlora graeseri aureola

キバネモリトンボ♂
北海道静内町
1992.7.29. leg.S.Ito

<分類学的位置>
 トンボ目 Order Odonata
 エゾトンボ科 Family Corduliidae
 エゾトンボ属 Genus Somatochlora

<分布> 
 日本特産亜種であり,北海道,青森,岩手,新潟の各県に分布する.原名亜種のモリトンボ Somatochlora graeseri graeseri は,国内では北海道の一部(知床半島・大雪山付近)に分布し,海外では朝鮮半島北部から中国北部を通って東部シベリアにまで分布している.

<特記事項>
 エゾトンボ属の各種はいずれも非常によく似ている.区別は,♂の場合は尾部付属器の形状,♀の場合は産卵弁の形状で区別するのがよい.北海道では多種が生息しているので特に注意が必要だが,広瀬・伊藤・横山(2007)が,これらの形状を写真入りで詳しく解説しているので,入手して参照するとよい.

広瀬良宏・伊藤智・横山透,2007.北海道のトンボ図鑑.いかだ社,東京.

<< 前ページトンボ成虫標本箱リスト次ページ >>