048.ヒメイトトンボ   Agriocnemis pygmaea pygmaea

ヒメイトトンボ♂
沖縄県石垣市
1992.5.11.
ヒメイトトンボ♀
沖縄県石垣市
1992.5.11.

<分類学的位置>
 トンボ目 Order Odonata
 イトトンボ科 Family Coenagrionidae
 ヒメイトトンボ属 Genus Agriocnemis

<分布> 
 徳之島以南の南西諸島の多くの島々,南北大東島に分布する.海外では,台湾,中国南部からインド,パキスタンに至る東南アジア,フィリピン,インドネシアからパプアニューギニア,オーストラリアに至るオセアニアなどに分布する.

<特記事項>
 非常に小さなイトトンボで腹長が約15mm程度しかない.コフキヒメイトトンボ Agriocnemis femina oryzae とよく似ており同定に注意を要する.♂の場合は尾部付属器の下付属器が上付属器より短いことで,♀の場合は前胸に黒斑がなくその後縁中央部に突起がないことで見分ける.なお未熟な♀は濃い赤色をしている.

<< 前ページトンボ成虫標本箱リスト次ページ >>