H010.ハグロトンボ Atrocalopteryx atrata
■生息環境
生息環境の写真
 ツルヨシなどが生えている河川の中流域であれば,たいがいそのすがたを見ることができる.小規模な河川や用水路にも,抽水植物さえあれば,すみついていることが多い.未熟期に暗い林床へもぐりこむ性質があるので,樹林や竹林が近くにある場所に数が多い.
 ところで,ハグロトンボのすむような河川の中流域は都市部や農村地帯にあることが多く,治水上,河川改修工事の必要な地域である.また,栄養塩を多く含む水田の排水や家庭排水等の汚水の流入も多くなる.ハグロトンボはヨシなどの植物組織に産卵し,幼虫の生活場所もヨシなどの植物の根際である.河川を改修したり,浚渫したりするときには,まず流域の植物は根こそぎ取り除かれるので,ハグロトンボの卵・幼虫は壊滅的な打撃を受け,工事の行われた場所ではまず全滅するものと思われる.たとえ生き残った幼虫があったとしても,水辺の植物がなければ羽化場所がないし,成虫が他からその場所にやってきたとしても,もはやそこには産卵する植物がないということになる.このような河川改修工事による水辺環境の劇的な変化,水質汚濁による幼虫の生育に対する環境圧力の二重苦には,さすがのハグロトンボも個体数を減じる以外にとるべき道はないように思える.
樹林に接した植生豊かな中流域.