兵庫県のトンボ」カテゴリーアーカイブ

No.779. シオヤトンボの飛水産卵.2021.5.9.

今日は,上流域へダビドサナエを見に行くことにしました.今までにまったく行ったことがないところへの探索です.結果的に交尾態になったダビドサナエを1回目撃しただけで,不発に終わりました.初めての場所では,なかなかうまくいきません.

代わりといっては何ですが,山中にある水のきれいな池で,オグマサナエの生息を確認しました.池の周囲の道路上に5頭ほどいました.

▲オグマサナエ.池の周囲には見られたが,池の畔にはいなかったので,繁殖ポイントがよく分からなかった.

オグマサナエが繁殖活動をしていないかと,水辺まで下りてみましたが,まったく姿なし.ただシオヤトンボが産卵をしていました.

▲シオヤトンボの産卵.

シオヤトンボは飛水産卵をします.飛ばした卵を貼り付ける構造物がある場所の前で,そこに向かって水を飛ばします.今日はそればかりねらってシャッターを切りました.水を掻いている途中から水が飛んでいる感じです.力学的にどういうしくみになっているのかちょっと理解が難しい感じです.

▲水滴を前方に飛ばして産卵するシオヤトンボ.

オグマサナエはいたものの,あまり成果がなく,帰りにかつてトラフトンボやヨツボシトンボがいた池に寄ってみました.しかしこの池も改修されていました.建物が建設されたため池の一部を埋め立て,ついでに浚渫もされたようです.広い湿地状の部分が広がっていて,そこにヨツボシトンボが舞っていましたが,今日はトラフトンボもヨツボシトンボも姿がありませんでした.浚渫時に幼虫が絶やされてしまったのでしょう.こうやって,どんどんトンボが消えていくんですね.

▲この池のかつての姿.このヨシ原部分は浚渫されなくなった.

ただ,クロイトトンボがたくさん発生していて,ここのところイトトンボがいないとわめいていたのが嘘のようでした.他に,アオモンイトトンボ,アジアイトトンボ,そしてアオイトトンボが羽化していました.それでも,以前はこの池にいたセスジイトトンボは姿を消していました.

▲クロイトトンボのオスとメス.無数といってよいほどたくさん発生していたのは嬉しかった.
▲アオモンイトトンボのオス.
▲アジアイトトンボのオス.
▲羽化して間もないアオイトトンボのメス.

今日のねらいはダビドサナエだったのですが,これについては,また別の場所をねらうことにします.このあとしばらく天気が悪いようで,ちょっと間が空きそうです.

No.778. ホンサナエの観察.2021.5.6.

今日は雨天の合間の快晴日.ホンサナエ,コサナエ,ヒラサナエを見に行くことにしました.ヒラサナエは今まで行ったことのない場所へ確認に行こうと思いました.そこで,朝一番にホンサナエの状態を見て,次いでコサナエをちょっと探して,その後高い山の上にある湿原へ行き,夕方のホンサナエの産卵という順序にすることにしました.

まずはホンサナエの状況確認です.今年はホンサナエの数が非常に少なかったです.全部で5頭のオスしか確認できませんでした.昨日の雨で増水しているかと思いましたが,それほどでもなく,状況は悪くありません.個体数の年変動かも知れませんね.

▲ホンサナエのオスたち.彼らはどこで羽化しているのだろう.今年見に行ったのだが不明であった.

とにかくまだ消滅はしていなかったので,ほっとしました.ホンサナエというトンボは,今までの経験から,ある年突然いなくなってしまうというパターンがあるのです.こんな少なくてメスが来るか?とも思いましたが,とにかく次はコサナエを見に行くことにしました.いつもと違う場所へ行ってみることにしました.残念ながらコサナエの姿はなく,シオヤトンボ,ホソミオツネントンボ,ホソミイトトンボというところでした.

▲コサナエを見に行った池,というか湿地で,産卵していたホソミオツネントンボ.

次はヒラサナエです.20年以上も前に一度行ったことのある湿原です.今度の車にはナビがついているので,ナビで行ってみることにしました.面白半分で携帯電話のGoogleMapでもルート検索しナビを起動したら,カーナビとGoogleMapナビで,それぞれ山の反対側から上るルートを指定してきました.カーナビの方を信頼して,そのルートで行くことにしました.しかし林道を30分ほど上ったところで通行止め.また30分ほどかけて下り,今度はGoogleMapの指定道路で行こうとしましたら,今度は通行禁止.2時間以上時間を無駄にして,結局たどり着けませんでした.歩いて行くしかないのでしょうかね.また今度攻めることにしたいと思います.

時間もだいぶん過ぎましたので,仕方なく,予定通り,ホンサナエの産卵を見に行くことにしました.

現地に入ったのは 16:30 少し前.時間的にはいい感じです.川をのぞくと,ほどなくメスが通り過ぎました.いい感触です.来る数が少ないと予想されましたので,ウェーダーをはいて川に入り,万全の準備をして待つことにしました.すると,オスが1頭水面を飛び始めました.もうまったく他のオスの姿はありません.夕方まで頑張ってメスを待って飛ぶオスには,たいていご褒美があります.あっと思ったら,入ったメスをきっちりとお持ち帰りされてしまいました.西日の方に向かって嬉しそうにメスを連れて飛び去っていきました.努力は必ず報われる!

▲16:40ごろ,水面をホバリングするようにスライドしながら飛ぶオス.これは明らかにメスを待つ飛び方だ.

さて,オスがまったくいなくなったし,メスも2回飛んだことになるので,来ると確信して水面をにらんでいました.すると間もなく,1頭のメスが入り,岸辺の草に止まって卵塊づくりを始めました.近づくとちょっと飛んで逃げましたが,すぐ近くで続きを始めました.

▲岸の笹の葉に止まって卵塊を作り始めたが,近づくとちょっと飛んでまた継続した.

このメスは一度飛び立ち,打水して放卵し,再び岸辺に止まって卵塊を作り始めました.

▲上のメスと同じメス.翅を小刻みに震わせながら,2度目の卵塊形成をするメス.

このメスは打水すると逃げるように太陽の方に向かって飛び去りました.幸先いい感じです.少し待つと,またメスが入りましたが,見失ってしまいました.少ししてよく見ると,コンクリートの壁に止まって卵塊をつくっていました.

▲横からはみ出るほどの大きな卵塊をつくっている.

このメスは,見失ってから少し時間がたって発見したので,2回目の卵塊づくりだったのでしょう.飛び立って打水したらすぐに川から出て行きました.農家の方が車から私が写真を撮っているのを見ています.ここへは毎年のように来るので,もう顔なじみのような感じになっています.

メスはあと1回入りました.最後のメスは敏感で,近づくとすぐに移動し,ほとんど写真にはなりませんでした.証拠写真を一枚だけ.

▲3頭目のメス.

打水の瞬間を撮ろうと思いましたが,これはまったくダメでした.17:35終了.まあ今日は8時間ぐらい車に乗って移動ばかりしていた感じで疲れましたが,終わりよければすべてよしということで,夜道を帰りました.

No.777. コサナエ属3種の観察.2021.5.3.

昨日の強風から一転,今日は風もなく穏やかな快晴の朝でした.この時期はトラフトンボかコサナエ属の観察になります.今年はトラフトンボはあまり可能性がないので,コサナエ属3種の活動を観察することにしました.

まずはフタスジサナエです.目的地に着くと,まだ朝の8時台で,外気温は12度.ちょっとトンボの動きは不活発に感じました.まだ未熟そうに見えるメスがシダの葉に止まっていました.

▲フタスジサナエのメス.朝日を浴びてシダの葉の上で体を温めているのでしょうか?

朝にはよく産卵に来るので,毎年観察している産卵ポイントに降りて,メスを待ちました.すると間もなく1頭のメスが産卵に入ってきました.

▲来て早々産卵に入ってきたフタスジサナエのメス.草の生えた岸辺で産卵している.

まあ,幸先のいいときはこんなものですね.観察を始めて5分もしないうちに,産卵にやって来てくれました.もっと早く来ていれば,さらに多くの産卵に出会えたかもしれません.

▲草の上をせわしなく行き来しながら,産卵を続けるメス.

このメスは,産卵中に静止することがありませんでした.しばらくの間産卵を続けて最後に静止しました.近づいて行くと飛び立ち,そばに隠れて止まっていたオスに捕まりました.そして交尾になりました.

▲フタスジサナエの交尾.産卵が終わったメスを捕まえることが多い.

来てすぐに一つの目的を果たせましたので,次はオグマサナエが来ている池に行って,オグマサナエの産卵をねらうことにしました.次の池に着くと,フタスジサナエが活動していました.ときどき飛んで周りをパトロールしています.

▲フタスジサナエのオスの活動.下のオスは飛んでいる.

オグマサナエは,岸辺で,フタスジサナエに混じって止まっていました.時刻は9:30.このオスといっしょにメスがやって来るのを待つことにしました.オスのいるところにメスは来るはずです.

▲オグマサナエのオスたち.多分3頭はいたと思う.ときどき飛んでパトロールしながら,メスを待っている.

1時間30分ほど待ちましたが,何も産卵にはやってきませんでした.オス君といっしょで待ちぼうけというところです.やはり夕方が狙い目なのでしょう.そこで,回りを少し調べてみることにしました.すると,別の池にタベサナエがいました.

▲タベサナエのオス.3頭ほどいたようだ.

他には変わったことがないので,もう一度オグマサナエの所へ戻りました.するとまもなくメスが産卵に入りました.胸側の黒条が1本でしたが,オグマサナエではなくタベサナエでした.この池ではタベサナエのオスが見当たらないのですが,メスは気にせず産卵にやって来るようです.

▲日陰の草地に産卵に入ってきたタベサナエのメス.
▲このタベサナエは産卵中に何度も静止した.静止して卵塊をつくっているように見えた.
▲その後しばらく産卵を続けてやがて出て行った.

残念ながらというか,予想通りというか,やはりオグマサナエの産卵を見ることはなかなか難しいです.やはり朝か夕方に攻めるしかないようですね.明日は晴天ですが,孫たちの守があり,その後しばらく天気が悪そうで,次は来週の観察になりそうです.いよいよ川に入ることにしようかと考えています.

そうそう,今日もイトトンボ類を1頭も見かけることがありませんでした.とても気になります,この状況が….コサナエ属以外には,トラフトンボが飛んでいたのと,シオカラトンボ,シオヤトンボ,そしてニホンカワトンボといったところでした.

No.776. やっと出会えたオツネントンボ.2021.5.1.

今日の天気予報は強風注意報に雷注意という,あまり出かけたくないような予報でした.しかし,青空が出ていましたので,この2,3年内にオツネントンボの記録のあった池のようすを見てみることにしました.気温は20度を超えていて,こちらに問題はありません.

出かけた二つ目の池でやっと1頭のオツネントンボの姿を見ることができました.風が強く,このときは空も曇っていて,トンボたちの動きは鈍かったので,オツネントンボもじっと止まっているだけという感じでした.

▲やっと出会えたオツネントンボのオス.

池の岸に沿って4回ほどていねいに探索しましたが,オツネントンボはこれ1頭だけでした.また周辺の草地も丹念に探してみました.こちらにはシオカラトンボがいただけでイトトンボの類いはまったく姿を見せませんでした.

オツネントンボ以外には,ホソミオツネントンボ,ホソミイトトンボと,成虫越冬3種がそろっていました.とくにホソミイトトンボは7,8頭いて,よく飛び回っていました.

▲ホソミオツネントンボのオス.
▲ホソミイトトンボのオス.頭部を大きくしてみた.

これ以外には,アオモンイトトンボとクロイトトンボがいました.いずれも2,3頭しか姿は確認できませんでした.この池はジュンサイが茂っており,よく晴れた温かい日に来れば,もっとたくさんのイトトンボがいるかも知れません.今年はイトトンボ類に本当に出会えない春なので,この程度でもいればほっとします.

▲ジュンサイの葉の上に止まるクロイトトンボのオス.
▲アオモンイトトンボのオス.

今,外は,雷の音とともに雨が降ってきました.少しの晴れ間を利用しての観察でした.まあ,オツネントンボを見つけただけでよしとしておきたいと思います.

ここの池以外にも2つの過去に記録のある池を回ってみました.一つ目はトンボの姿が皆無,二つ目はトラフトンボとギンヤンマが飛んでいました.そしてタベサナエが1頭草地に止まっていただけでした.どちらの池にもイトトンボ類の姿はありませんでした.やっぱりトンボの姿が全般に少なく感じます.

No.775. オツネントンボとトラフトンボを探しに.2021.4.30.

今年は頼まれ仕事があって,オツネントンボを見つけたいと頑張っていますが,過去の産地へ出かけても,ことごとく出会えずじまいです.ひょっとしたら,何らかの原因で,数を減らしているのかも知れません.それと,トラフトンボの姿もまだ見ていないので,両方の記録がある,十数年前に調査した池に行ってみることにしました.この池は,谷筋に広がった水田地帯の一番奥にあって,水もきれいで,多分汚染も少ない池だと思われます.ずっと以前のこのトップページの写真として使った池でもあります.

池に着いて谷の奥の位置に入り,水面をながめていますと,トラフトンボのオスが水面を行き来していました.今年初めてのトラフトンボです.

▲トラフトンボのオスの飛行.やや風が強く,風上に向かってホバリングをしているところ.

写真を撮っていると,交尾態のペアが2,3度前を横切りました.しかし,目の前を産卵場所とすることはなく,飛び去ってしまいました.ついているときは目の前でメスを放して卵塊形成というふうになるのですが,そうはうまくいきません.

コサナエ属のなかまも,水面に突き出た棒や,ヒメコウホネの葉などに止まっていました.よく見ると,タベサナエとオグマサナエ.写真を撮ろうとすると,タベサナエがオグマサナエを追い回していました.オグマサナエのいる池にタベサナエが入ると,どうもオグマサナエの数が減るような気がしてなりません.タベサナエの方が強いのですかね?

▲ヒメコウホネの葉に止まるタベサナエのオス.
▲タベサナエは,池の周囲のあちこちで見られた.
▲オグマサナエのオス.池の突き出た棒に止まっていたが,すぐにタベサナエに追われて池の外に出た.
▲池の外に出て,鉄板に止まるオグマサナエのオス.滑るので翅をばたつかせている.

少し離れた池岸には,フタスジサナエも縄張り活動をしていました.この池は,オグマサナエ,タベサナエ,フタスジサナエと,コサナエ属3種が同所的に生息している池だったようです.

▲フタスジサナエのオス.池岸の草の中にとまっている.
▲フタスジサナエのオス.

ところで,肝心のオツネントンボですが,やはりここにも姿がありません.というか,毎回書いていますが,イトトンボの類いがまったくいないのです.下の写真のようにスゲがまばらに生える池岸なのですが,トンボたちには気に入らないのでしょうか.そんなとき,明るい褐色をしたイトトンボが水面を一瞬横切りました.それきり姿を見失ってしまったのですが,今時淡褐色のイトトンボといったらオツネントンボといっていいでしょう.でも,まだ未確認は未確認です.これ以外にはイトトンボの姿を見ずでした.

▲観察地の池岸のようす.アジアイトトンボぐらいいても良さそうですが,イトトンボ類は何もいませんでした.

あとはシオカラトンボとシオヤトンボがいただけです.ウーン,本当にイトトンボ類がいませんね.

▲池に来る途中の道で出会ったシオカラトンボのオス.少し粉を吹きかけている.

また次は,イトトンボを探しに行くことにしましょう.