トンボのからだのつくり
■せいちゅうの からだのつくり
せいちゅうのからだのつくり
せいちゅうのからだのつくり

  トンボはこんちゅうのいっしゅです。こんちゅうのとくちょうは、からだが、あたまむねはらという、3つのぶぶんにわかれていること、あしが6ぽんあること、はねが4まいあることです。トンボのからだも、そのようになっていることがわかりますね。

 あたまには、ふくがんとよばれる、おおきな「め」があります。このおおきな「め」のおかげで、とびながらでも、とんでいるちいさなむしをみつけて、つかまえることができます。あと、エサをたべるためのくちや、みじかいしょっかくがあります。

 むねには、おおきなはねが4まいと、つかまえたエサをにがさないように、するどいとげのあるあしが6ぽんあります。

 トンボのはねは、おおぞらをじゆうにとびまわれるように、かるくじょうぶにできています。トンボとよくにたこんちゅうはたくさんいますが、はねに、けっせつえんもんがあるのが、とくちょうです。ただし「えんもん」は、カワトンボなどでは、ないものがあります。

■ようちゅうの からだのつくり

タイリクアカネのようちゅう
オツネントンボのようちゅう

 トンボのようちゅうのすがたは、きんしるいのなかまと、ふきんしるいのなかまとでは、おおきくちがっています。きんしるいには、びさいとよばれる、えらがついています。

 おおきなようちゅうには、しがとよばれる,はねをおさめるいれものがありますが、ちいさなようちゅうでは、ないか、あってもめだちません。

 そっきょくとはよこのとげ、はいきょくとはせなかのとげのことです。これらは、ようちゅうのなまえをきめるときに、たいせつなくべつてんになります。

 ようちゅうのからだで、いちばんびっくりするのは、かしんです。おりたたみしきで、のびるようになっています。これをすばやくだして、えさをとらえます。

■オスとメスのみわけかた

 トンボのオスとメスは、はらのつけねのぶぶんで、みわけます。はらのつけねの、したのぶぶんに、ふくせいきがあればオスで、なければメスです。ふくせいきは、かくれていて、みにくいときもありますので、とんぼをうらがえして、おなかのほうをみてください。

 メスには、はらのさきのほうのしたがわに、さんらんかんさんらんべんという、たまごをうむためのそうちがあります。おすにはそれはなく、はらのさきに、じょうぶぞくきかふぞくきという、メスをつかまえるそうちがあります。メスには、それらはなく、びもうがあるだけです。

オスとメスのみわけかた

 とんぼがけっこんするときは、オスが、じょうふぞくきかふぞくきをつかって、メスのあたまをつかまえ、ふくせいきをつかって、こうびします。(きんしるいでは、あたまではなく、くびのぶぶんをつかまえます。) ですから、しゃしんのように、になります。こうすれば、オスもメスも、おなじほうこうをむくので、こうびしながらでも、すばやくとびまわることができます。

トンボのこうび

<このページの漢字>
 1.あたま:頭
 2.むね:胸
 3.はら:腹
 4.あし:肢,脚.トンボには「肢」をつかうのがふつうです.
 5.はね:翅.こんちゅうの「はね」には「翅」をつかいます.
 6.ふくがん:複眼
 7.けっせつ:結節
 8.えんもん:縁紋
 9.びさい:尾鰓.「鰓」は「えら」のことです.
10.しが:翅芽
11.そっきょく:側棘
12.はいきょく:背棘
13.さんらんかん:産卵管
14.さんらんべん:産卵弁
15.じょうふぞくき:上付属器
16.かふぞくき:下付属器
17.びもう:尾毛
 ※一部の漢字は学校のフィルタリングではねられる可能性があるので表記していません.

<< まえのページキッズ・ワールドつぎのページ >>