神戸のトンボたち
K005. コバネアオイトトンボ Lestes japonicus
タンデム.1991.10.18.,神戸市西区.
タンデム.1991.10.18.,神戸市西区./神戸市RDB:
 市内の記録は西区,長田区にあります.このほかに関西トンボ談話会(1984)では鈴蘭台〜藍那の近辺にプロットが落ちていますが,後に発行されたデータ集(関西トンボ談話会,2006)では神戸市内の記録が掲載されておらず,記録の真偽については不明です.
 長田区の記録地にはおそらく今はいないものと思われます.長田区で記録した松本(1982)は「コバネアオイトトンボは洪積台地(こうせきだいち)の遠浅の池に産し,特定の水生草本(当地で私が知る限りではカヤツリグサ科カンガレイ)の茎にのみ卵を産付する珍しい種類である.風に強い日には水面下水底迄(まで)降りて産む.」と述べています.
 1990年代までは,西区にはコバネアオイトトンボの産する池が点在していましたが,そのうち一つは西神南団地の建設に伴う池の改修工事で消滅,もう一つの多産地(写真の場所)は兵庫県南部地震でため池が崩壊し,その改修工事で消滅,他はオス1頭の記録のみでその後は全く発見されていない池,といった状況です.
 現在神戸市では本種が確実に見られるところはありません.兵庫県下でも確実に見られるところがほとんどなくなっているといってもいいような状態です.いちおう現在神戸市RDBランクはAですが,本格的調査が行われれば「市内絶滅」になる可能性は十分にあります.