神戸のトンボたち
K029. カトリヤンマ Gynacantha japonica
オスの静止.2006.10.14.,神戸市北区.
オスの静止.2006.10.14.,神戸市北区./神戸市RDB:
 6月下旬から7月初旬に羽化が始まります.成虫は秋遅く11月ころまでそのすがたを見ることができます.
 夏の間の未熟な時期には,昼間は雑木林の中に潜り込んでおり,夕方になると水田の上や農道の上を低く飛んで,真っ暗になるまで摂食(せっしょく)を行います.数が多いところでは,足にトンボが当たることがあるくらいです.ただ,最近はそういった状況はもうほとんど見られなくなりました.
 秋になると昼間に飛ぶようになり,午前中雑木林の横の空間をやや高く飛んで摂食飛翔をしたりします.稲刈りが終わった水田や,水が落とされて底が露出した池などの泥の中に卵を産み付けます.
 神戸市では各地でかつては普通に見られた種類ですが,他の例にもれず,最近は数が減ったように思います.水田の乾燥化が結構こたえているように思われます.