155.コノシメトンボ   Sympetrum baccha matutinum

コノシメトンボ♂
兵庫県明石市
2001.9.24.
コノシメトンボ♀
神戸市西区
1997.9.30

<分類学的位置>
 トンボ目 Order Odonata
 トンボ科 Family Libellulidae
 アカネ属 Genus Sympetrum

<分布> 
 北海道・本州・四国・九州に分布する.周辺の離島にも見られる.海外では,朝鮮半島,中国東北部に分布している.原名亜種 Sympetrum baccha baccha は台湾などに分布している.

<特記事項>
 翅端の褐色部,いわゆるノシメ斑があるトンボである.胸側の第1黒条と第2黒条が上の方でつながっている.ノシメトンボ Sympetrum infuscatum とは,ノシメトンボの胸側の第1黒条と第2黒条がつながらずかつ第1黒条が完全に上縁に届いている点で見分けがつく.さらにリスアカネ Sympetrum risi risi とは,リスアカネの胸側の第1黒条と第2黒条がつながらずかつ第1黒条が完全に上縁に届かない点で見分けがつく.ただしこの場合,リスアカネで胸側の第1黒条と第2黒条がつながっているように見える個体が時々見られるので注意したい.北海道にはヒメリスアカネ Sympetrum risi yosico が分布しているが,こちらは翅端の褐色部がわずかしかないかまたは消失している.

<< 前ページトンボ成虫標本箱リスト次ページ >>