ビデオによる生態紹介
打泥産卵をするタイリクアカネ
Loading the player...
H077.タイリクアカネ S. striolatum imitoides 
 タイリクアカネはかつて海岸地帯に生息すると考えられていた.しかし近年かなりの内陸部でも普通に見られるようになってきた.タイリクアカネの産卵方式については,山本ら(2009)では「連続打水産卵を行う」ことだけが記されており,杉村ら(1999)の生態解説では「アキアカネのようにぬれた泥の上に産むようなことはまずない」とまで断定している.つまりこれは,今まで本種の打泥産卵の観察例がほとんどないことを示している.しかし筆者の観察では,内陸部のタイリクアカネの産卵様式は,打水産卵よりむしろ好んで打泥産卵を行っているように見える.本撮影地の個体群も,打水産卵もすることはあるが,落水時,ほとんどの個体は打泥産卵を行う.
 打泥産卵をするタイリクアカネ.2018.10.28. 3'15".