県外のトンボたち」カテゴリーアーカイブ

No.780. オグマサナエの観察.2021.5.13-14.

今年は梅雨入りが早くなりそうで,「週末には梅雨入りか?」という天気予報が出ています.そういう意味では,昨日,今日は,とても大切な「非雨天」の日.そこで,友人にいただいた情報をもとに,オグマサナエを観察に行くことにしました.ここはオグマサナエの個体数が多いところと聞いていましたが,まさにその通りでした.

まずは13日.この日は天気が悪いことは承知していましたが,ロケハンを兼ねて様子を見に行くことにしました.産卵をビデオに撮るというのが一番大きな目的で,この日はビデオカメラだけしか持って行きませんでした.現地に到着すると,石垣やコンクリートの上など,明るいところにコサナエ属がペタペタ止まっていました.確かめてみると全部オグマサナエでした.

一通り見回って,友人が産卵を見たという杉の葉が垂れている場所へ陣取りました.私もここが一番いいと感じたからです.13:40,14:00にオグマサナエのメスが産卵に来ました.13:40のメスは,入ってきて地面に止まりましたが,私が急な動きを見せたのを嫌ったのか,飛んで行ってしまいました.14:00のメスは,木の根元付近でかなり長時間産卵をやってくれました.しかし,持って行ったのがビデオカメラでしたから,木の枝葉の陰で産卵しているメスをどうしても捉えることができず,結局うまく撮影できずに終わりました.

オグマサナエは夕方に産卵に来るように感じていましたが,この日は空もどんよりしていて,夕方の雰囲気がありました.メスが去ったあと,オスが入ってきました.記録を一枚撮っておきました.

▲オグマサナエのオス.メスが産卵を終えたあと,入ってきた.

これ以外には,トラフトンボが水面を飛行していたのと,ホソミオツネントンボが飛んでいました.またクロスジギンヤンマがうす暗い曇り空の下で,産卵していました.

▲クロスジギンヤンマの産卵.

まあ,本番は明日ですので,3時間ほどでオグマサナエの産卵メスを2回見た,というかなりいい手応えを持ってこの日は帰宅しました.

さて,日付は変わって14日.予報では一日中晴れです.しかし実際はどんよりとした曇り空.ただ気温は高そうで,12日水曜日が雨だったこともあり,昨日,今日と産卵には来るはずだという確信を持って,気合いを入れて現地に7:30に入りました.朝の産卵をねらったわけです.しかしまだ空はどんよりと曇っています.でもこの状態は,早朝という感じを醸し出しており,これから日が射して暖かくなってくると,そこから一日が始まるという感じになるので,オグマサナエの生態を観察するには都合の良い状況かと思われます.

オグマサナエのオスはまだ池には現れていません.メスはオスが出てくる前に産卵に来ることが多いので,緊張感をもって池面を見渡していました.7:55,一頭のメスが入りました.私の背後の地面に止まりました.産卵に来たようです.翅を震わせています.ただ私がふり返った動きによって,それを感じて飛び去ってしまいました.昨日と同じ失敗です.ここのオグマサナエは,オスもメスも人の動きを敏感に感じ取って逃げてしまいます.

8:00,トラフトンボが水面を飛び始めました.またオグマサナエのオスも現れ,水面を2,3頭で追いかけ合いをしています.でもよく見ると,オスが他のオスを「後ろから」追いやるのでなく,先頭の個体が一直線逃げているのを追いかけているというのが,飛び方の違いで分かります.多分先頭はメスなのでしょう.池に入ったメスを2,3頭のオスが先頭の個体と同じ軌跡を描いて飛んでいます.

8:21,メスが池から足下の方へ入ってきて,Uターンするように飛びました.これは産卵する気配はありませんでした.2頭目のメスです.やはり朝に入ってくるようです.空は,やっと雲が切れ始め,太陽の光が池に差しこみました.

9:03,ついに産卵をするメスに巡り会いました.すぐ前で産卵をするのですが,足下が悪くよく滑るので,どうしても私の動きが不自然になり,メスはそれを感じて移動します.なかなか同じところで産卵をするという感じではなく,10mくらいの範囲をあちこちせわしなく移動するので,ビデオ撮影はあきらめ,メスを追いかけながら写真撮影をしました.

▲産卵に入ってきたオグマサナエのメス.
▲産卵ポイントの杉の葉が垂れているところで産卵しているオグマサナエ.

9:29,次のメスが入り,杉の葉に止まりました.しかし,私の手が動いただけで,逃げてしまいました.本当に敏感です.10:00少し前,またメスが入りました.今度は私も刺激しないようにナマケモノ的な動きで対処しました.撮影はできたのですが,よく見るとどうもオグマサナエではないように思えました.写真を確認するとタベサナエ.タベサナエはオスをまったく見ていないのですが,いるんですね.ちょっとがっかりしました.

▲タベサナエの産卵.腹部第10節の長さが短く前肩条がない.色も黄色があざやか.タベサナエだ.

その後,10時台に交尾形成を3例見ました.私が陣取っている場所以外にもメスが入ってきて,オスに捕まっているようです.交尾態はいずれも樹上高く消え去りました.空はいつの間にか雲がなくなり,青空になっていました.それからというもの,メスはパタッと来なくなりました.隅一で終わるのではないかという心配が当たりました.結局産卵の写真はこれだけでした.一方で,オスたちは,太陽が照り始めると活発に活動を始め,私の立っているところへも次々とオスがやって来ます.

▲オスたちは定住的な縄張りを持つというより,あちこち移動しながらメスを待っているように見える.

オグマサナエは,オスどうしが出会うと追尾行動で追い払いますが,定住的な縄張りは持たず短時間で飛び去って移動しています.これは縄張り形成と言うよりは探雌行動のように思えます.

時刻が11:00を過ぎました.オグマサナエの賑やかさは少しなくなってきました.そんなとき,トラフトンボの交尾態が飛び始めました.家の近くの生息場所でもそうでしたが,トラフトンボの交尾態は,一時に立て続けに入ってくる傾向があります.ここでも同じで,合計4ペアが,次々に入ってきました.アオミドロの浮かんでいる場所でメスを放しました.卵塊形成を見たかったのですけれども,離れたメスをオスが追うので,樹上高くメスは上がってしまいます.

▲トラフトンボの交尾態警護による産卵場所探し.
▲オスがメスを放した直後,メスは打水し,樹木の上の方に上がって卵塊形成をした.

どうも今日は卵塊形成観察が無理のようですので,ねらいを変えて,打水の瞬間をねらうことにしました.また,卵塊を抱えたメスが水面を飛ぶ姿も面白いので,それもねらうことにしました.

▲卵塊を抱えて,打水する場所をさがしているトラフトンボのメス.

トラフトンボの打水は,水面に腹端を浸けて,形成した卵塊を水面にこすりつけるように前方へ移動して,放卵します.ビデオでは撮ったことがありますが,写真では撮ったことがありません.今回映りは悪いですが,撮影に成功しました.

▲一連の打水行動.

打水するメスをカエルがしっかりとねらっていました.割合に動きが緩やかになりますから,狙い目なのでしょうね.

▲放卵するトラフトンボのメスをねらっているカエルさん.

トラフトンボの交尾態は,午後になってからも,2回訪れました.

さて,肝心のオグマサナエの方ですが,13:23に足下を周回するメスを見ましたが,これは産卵することなく,池の外へ出て行きました. 

14:00になりました.昨日はこの時間に産卵メスが来ました.今日は産卵ポイントには木漏れ日が差しこんでいます.そしてまだまだオスが入れ替わり立ち替わり入ってきます.昨日は曇天で夕方の雰囲気があったのでメスが来たのでしょう.今日はまったく来る気配がありませんし,もし来ても,オスにお持ち帰りされるでしょう.オスたちは差しこむ木漏れ日のスポットに止まっています.今日はここまでとすることにしました.

▲晴天の日にはやはりまだまだ活動は続くようだ.これではメスは出てこない.

この池のすぐ横を小さな川が流れています.少し覗いて帰ることにしました.ダビドサナエがいました.私的には,最近あまり会うことがないトンボになっています.

▲ダビドサナエのオス.

ということで,今日はこれでおしまいです.昨日・今日と,メスが10頭近く池に入ったのが確認できました.ただ,写真に撮るのは難しかったです.

No.762. カトリヤンマとナツアカネ.2020.10.20.

今まで使っていたテーマは,写真サイズが横に縮まってしまいます.今のところどうしても写真縦横比がおかしくなってしまいますので,テーマを変更しました.

今日は県外へ,カトリヤンマとナツアカネを見に行きました.これらのトンボを見るために県外へ行かねばならないというのは,私の探索能力が落ちているためか,それともトンボがいなくなったせいか,……,後者であってほしいような,前者の方がいいような,複雑な気分です.幸い天気は上々で,ナツアカネは11:30ごろから13:30ぐらいまでの間,カトリヤンマは14:00から15:00くらいまでの間に産卵にやって来ました.今日のメインはビデオですので,写真はほんの少しだけです.

▲13:13,オスが水田の上を飛び回っているのを見つけた.

カトリヤンマはお昼を過ぎてから姿を見せはじめました.まずはオスが水田の上を飛び回っているのを見つけました.もう,兵庫県ではなかなか見られません.ただすばしこく,なかなかピントが来ません.視度調整が狂っているのかと思うほどです.

▲水田の上を往ったり来たりして飛び回るカトリヤンマのオス.

オスが飛び回っているとき,ふと水田横の水路からメスが飛び出してきました.産卵に入っていたのです.この水路は日陰になっていて非常に暗く,ビデオで撮ったのですがあまりよい色が出ませんでした.こういうときはストロボカメラがいいです.草が上を覆っているような場所で,その間からかろうじて産卵の姿を確認することができました.

▲水田横の水路で産卵するカトリヤンマ.非常に暗くて色が出ない(ビデオの切り出し).

陰になっているところで産卵しているせいか,かなり長い間産卵を続けてくれました.そうこうしているうちに,結構カトリヤンマが入ってくるようになりました.通り過ぎるだけ,みたいな感じが多かったですが,メスは4回産卵するのを見ることができました.暗い水路だったら嫌だなと思っていますと,水田のまっただ中で産卵を始めました.

▲水田のまっただ中で産卵するカトリヤンマ(ビデオの切り出し).

ただ,やはり陰になるところが好きなようで,日差しが強い分コントラストが強すぎる感じになりました.時間があればビデオをご覧ください.


兵庫県とその近隣のトンボたち:カトリヤンマは水田生活者

さて,カトリヤンマの観察の前,たくさんのナツアカネと戯れました.今日の観察地は,1枚の水田を残して稲刈りが終わっていました.まだ稲が残っている水田でもナツアカネは産卵していましたが,こちらはスチル写真記録がありません.稲刈り後のわらの上で産卵するナツアカネです.

▲稲刈り後の,切り株とわらの上で産卵するナツアカネ.
▲ひこばえが出始めたあたりで産卵するナツアカネ.

ナツアカネは実にたくさん産卵していました.ナツアカネは県下でもまだまだ見られますが,これほどたくさん産卵にやって来るところは,まだあるのでしょうか? 普通種ですが,たくさん飛んでいると嬉しくなって,ついつい長時間ビデオを回してしまいました.編集が大変になりそうです.

▲産卵場所で交尾をしてから,産卵を始めていた.

今日はたくさんのナツアカネが産卵にやって来ましたので,ビデオに撮るのも最後は疲れてしまうくらいでした.よければビデオでのナツアカネの活動もご覧ください.

兵庫県とその近隣のトンボたち:水田で生活するナツアカネ

今日は,ナツアカネ以外にもアキアカネが産卵していました.これはビデオだけでどうぞ.ただただ産卵するだけのものですが.限定公開です.


https://youtu.be/xeicjKd5t0E

というところで,今日はこの辺で.

No.745. 林の中で過ごすミルンヤンマ.2020.8.2.

暑い夏,林の中にもぐりこんでいるトンボを,私も林の中にもぐりこんで探しました.結果はミルンヤンマ3頭,オス1,メス2でした.

▲ミルンヤンマのメス.
▲ミルンヤンマのメス.ちょっと複眼が水色になりかけ.
▲ミルンヤンマのオス.わずかに水色が出てきつつある複眼.

これ以外には,本当に何もいませんでした.ウスバキトンボの未熟なのが群れて道路の上を飛んでいただけでした.以上おしまい.

No.743. 暑い一日でした.2020.7.19.

今日はとても暑い一日でした.池ではトンボたちはどうしているでしょうか.夏の普通種を見に行ってきました.

▲夏の代表選手,タイワンウチワヤンマの腹部挙上姿勢.
▲タイワンウチワヤンマに優占種の位置を持って行かれるか? ウチワヤンマの腹部挙上姿勢.

まずは,タイワンウチワヤンマとウチワヤンマの競演です.とにかく日差しが熱いので,両方とも腹部挙上姿勢をとっています.太陽の方に腹部先端を向けているのでしょう.真横から撮ると,同じ角度に腹部を持ち上げているのが分かります.次はコフキトンボ,これは腹部挙上はせずに,なんて言うのでしょうね,腹部下垂をやって暑さをしのいでいます.

▲腹部下垂?をやって暑さをしのぐコフキトンボのオス(上)とメス(下).

コシアキトンボは,日向でも日陰でも,あまり関係なく飛び回っています.個体数が多いと止まっている暇などないのでしょうね.でもはやり,日陰に集まっているオスの方が多いような気がしました.30分ほど待っていると,5頭ものメスがこの日陰に入ってきて産卵をしていました.もっとも,日向で産卵するメスも結構いましたけど...

▲日向で追いかけ合いをするコシアキトンボのオス.
▲日向で産卵するコシアキトンボのメスにオスが襲いかかる.
▲日陰で産卵するコシアキトンボのメスたち.

暗いところで黒いコシアキトンボが産卵していると,本当にわかりにくい感じです.最後にもう一度コフキトンボを見て帰りました.

▲コフキトンボのメスとオス.メスは帯トンボ型.

No.710. オオセスジイトトンボを見に行ったが.2019.7.25.

ものはついでというので,北海道から直帰せず,新潟に寄ることにしました.フェリーも小樽から新潟行きがあるのです.新潟にはオオセスジイトトンボヤオオモノサシトンボの生息する場所があります.それをちょっとのぞいていようというわけです.ところが,前日まで19度から20度という曇り空で涼しい北海道にいて,新潟に着いたらいきなりガンガン晴れた35度.倍近くの気温上昇に,身体が参ってしまいました.それでも滝のように汗をかきながら池及び池の周囲を周到に探索しました.しかしながら,これらのトンボの姿はまったく確認できませんでした.ふつうのセスジイトトンボばかりが目立っていました.

▲セスジイトトンボのオス(上)とメス(下).

ショウジョウトンボ,チョウトンボ,コフキトンボ,シオカラトンボ,ギンヤンマなどのふつうのトンボたちはたくさん舞っていました.このように晴天でも目的のトンボの気配すら見つけられないと,自身のトンボ探索能力の衰えを感じてしまいます.1時間半が限界で,諦めることにしました.

今から25年前(古い!)の1994年にここを訪れ,幼虫を採集したときには,池に入って5分もたたないうちに,オオセスジイトトンボヤオオモノサシトンボの幼虫がたくさん網に入りました.私の探索力のなさもあると思いますが,多分,数がかなり減少しているのでしょう.あるいは私の来た時期が悪かったのかも…

▲25年前に採集したオオセスジイトトンボとオオモノサシトンボの幼虫標本.

この遠征旅行では,最後の最後までいい成果を出すことができませんでした.全国的にトンボが減少し,気軽に行っただけでは,もはやトンボを見ることすら難しくなっているように思えます.