月別アーカイブ: 2021年4月

No.775. オツネントンボとトラフトンボを探しに.2021.4.30.

今年は頼まれ仕事があって,オツネントンボを見つけたいと頑張っていますが,過去の産地へ出かけても,ことごとく出会えずじまいです.ひょっとしたら,何らかの原因で,数を減らしているのかも知れません.それと,トラフトンボの姿もまだ見ていないので,両方の記録がある,十数年前に調査した池に行ってみることにしました.この池は,谷筋に広がった水田地帯の一番奥にあって,水もきれいで,多分汚染も少ない池だと思われます.ずっと以前のこのトップページの写真として使った池でもあります.

池に着いて谷の奥の位置に入り,水面をながめていますと,トラフトンボのオスが水面を行き来していました.今年初めてのトラフトンボです.

▲トラフトンボのオスの飛行.やや風が強く,風上に向かってホバリングをしているところ.

写真を撮っていると,交尾態のペアが2,3度前を横切りました.しかし,目の前を産卵場所とすることはなく,飛び去ってしまいました.ついているときは目の前でメスを放して卵塊形成というふうになるのですが,そうはうまくいきません.

コサナエ属のなかまも,水面に突き出た棒や,ヒメコウホネの葉などに止まっていました.よく見ると,タベサナエとオグマサナエ.写真を撮ろうとすると,タベサナエがオグマサナエを追い回していました.オグマサナエのいる池にタベサナエが入ると,どうもオグマサナエの数が減るような気がしてなりません.タベサナエの方が強いのですかね?

▲ヒメコウホネの葉に止まるタベサナエのオス.
▲タベサナエは,池の周囲のあちこちで見られた.
▲オグマサナエのオス.池の突き出た棒に止まっていたが,すぐにタベサナエに追われて池の外に出た.
▲池の外に出て,鉄板に止まるオグマサナエのオス.滑るので翅をばたつかせている.

少し離れた池岸には,フタスジサナエも縄張り活動をしていました.この池は,オグマサナエ,タベサナエ,フタスジサナエと,コサナエ属3種が同所的に生息している池だったようです.

▲フタスジサナエのオス.池岸の草の中にとまっている.
▲フタスジサナエのオス.

ところで,肝心のオツネントンボですが,やはりここにも姿がありません.というか,毎回書いていますが,イトトンボの類いがまったくいないのです.下の写真のようにスゲがまばらに生える池岸なのですが,トンボたちには気に入らないのでしょうか.そんなとき,明るい褐色をしたイトトンボが水面を一瞬横切りました.それきり姿を見失ってしまったのですが,今時淡褐色のイトトンボといったらオツネントンボといっていいでしょう.でも,まだ未確認は未確認です.これ以外にはイトトンボの姿を見ずでした.

▲観察地の池岸のようす.アジアイトトンボぐらいいても良さそうですが,イトトンボ類は何もいませんでした.

あとはシオカラトンボとシオヤトンボがいただけです.ウーン,本当にイトトンボ類がいませんね.

▲池に来る途中の道で出会ったシオカラトンボのオス.少し粉を吹きかけている.

また次は,イトトンボを探しに行くことにしましょう.

No.774. コサナエ属活動を始める.2021.4.27.

明日からは天気が下り坂で,しばらくは雨や曇り模様の予報です.そこで,今日は,コサナエ属の出現状況を見に行くことにしました.野外観察中,人とすれ違うことは皆無でしたので,いちおう感染防止は果たせたと思います.

最初の池はいつもの池で,フタスジサナエがたくさん出てくるところです.さて,今日はどうでしょう.

▲フタスジサナエのオスたち.まだ体色が薄黄色く,完全に成熟しているとは言えなさそうな個体であった.

現地に入ると,地面からひらひらとフタスジサナエが飛び立ち,「ああ,いつのも景色だな」と胸をなで下ろしました.フタスジサナエたちが飛び回る姿を見ると,本格的なトンボシーズン開幕が感じられます.ここの生息地では,まだオスは完全に薄緑色になっていなくて,池にも出ておらず,成熟まであと一息といったところでした.例年の観察では,オスの方が早く羽化し,メスはだいたい今頃羽化をしています.羽化そのものは観察できませんでしたが,羽化直後の個体や,まだ未熟な個体たちが,芽吹き始めた木々の葉に止まって休んでいました.

▲フタスジサナエのメスたち.まだ未熟な感じがする.2枚目は羽化して間がない個体である.

ここには,一足早く羽化したタベサナエがいます.ただ,まだ池に出ておらず,池の周辺を飛び回っていました.

▲タベサナエのオスとメス.オスは淡色部が薄緑色になり,成熟しているようだ.

ここではオグマサナエを見ることができませんでした.そこで,次の場所へ移動しました,二番目の池では,フタスジサナエたちがすでに成熟し,池の岸で追いかけ合いをして過ごしていました,こちらの池の方が早く成熟しているようです.

▲フタスジサナエのオスたち.体色が薄緑色になって,成熟している.

ひょっとしたら産卵が見られるかも知れないと思い,しばらく待ってみました.しかし,雲が出てきて太陽を隠し,トンボの動きも不活発になりましたので,今日は産卵をあきらめました.池の周辺を歩いてみると,メスが枯れ草に止まって休憩していました.まだ産卵にはちょっと早い感じに見えます.

▲フタスジサナエのメス.

ここにはフタスジサナエに混じって,オグマサナエが池岸で活動していました.薄緑色の淡色部が少し黄褐色気味になるので,オグマサナエだとピンときますが,果たしてそうでした.2頭いました.やはりオグマサナエの数は少ないですね.

▲フタスジサナエに混じって活動していたオグマサナエのオスたち.

よく探すと,周辺にタベサナエもいました.この池で羽化しているかどうかは分からないので,3種が同所で繁殖しているとは言えませんが,まあ,近くに3種がいたことはまちがいありません.

▲タベサナエのオス.ここでは,コサナエ属3種がすべて見られた.

ところで,今日も5,6箇所の池をのぞいているのですが,まったくと言ってよいほどイトトンボの姿がありません.この時期なら,クロイトトンボやアジアイトトンボはいてもよいはずです.おまけに成虫越冬種の姿もまったく確認できませんでした.

そこで,最後に,イトトンボを探しに行くことにしました.4つの池を回りましたが,いたのは,アジアイトトンボの交尾態1ペア,クロイトトンボのオス1頭でした.アジアイトトンボやクロイトトンボがいて,「やった,いたいた」と歓喜の声を上げたほどでした.スゲやスズメノヒエが岸辺に生えた浅い池で,イトトンボがまったく飛ばないというのは,今まであまり経験したことがありません.

▲アジアイトトンボの交尾態.

今日は,トラフトンボを見ていません.そこで,この春もう一度最後に,定点池に行ってみることにしました.しかし,水位が1mほど低くなっており,トラフトンボはおろか,ヨツボシトンボもいません.ときどきクロイトトンボの羽化個体が飛び出す程度でした.この池は冬の間長時間水を落としていたこと,すぐ隣の池が幼虫の存在する冬に池底を掘り返したことなどで,ほとんどのトンボが死滅したようです.特に隣の池がトラフトンボやヨツボシトンボの供給源になっていたようで,これでこの定点池は終わりになるでしょう.近くに種の供給源はないように思われますので.もう復活は当分望めないと思います.

▲完全に池の底が掘り返された.ここは,下の写真のように,ヨシが豊かに茂る浅い池岸の部分だった.
▲同じ場所のかつての姿.この浅い岸部分にヨツボシトンボやトラフトンボが生活していた.〇はトラフトンボ幼虫.

No.773. ドライブがてら兵庫北部へ.2021.4.23.

今日は薄曇りというか,霞のかかった晴れという感じでした.トンボの出現状況を見ようと,兵庫北部へ行ってきましたが,これといって変わったことはありませんでした.ニホンカワトンボがすでに成熟して縄張りを形成していました.もっとも,ほとんどは未熟状態でした.

▲ニホンカワトンボのオスとメス.いずれも未熟状態.
▲源流域で縄張りを形成しているニホンカワトンボの成熟オス.

関東の方では,ニホンカワトンボは河川の中流付近に生息しているという常識があるようですが,こちらでは,上の写真のように源流にまで生息しています.同所的にアサヒナカワトンボもいます.

▲アサヒナカワトンボのオス.

川面のぞいてみましたが,まったく何もいませんでした.池では,ホソミオツネントンボとホソミイトトンボが飛び回っていましたが,産卵は見られませんでした.

▲ホソミオツネントンボのオス.

シオヤトンボは,もう多くが成熟して,活発に飛び回っていました.あと,コサナエのオスが2頭,池に降りてきて飛びましたが,すぐに姿を消しました.なんとなく天気がすっきりせず,トンボたちの活動もすっきりしないものでした.北部も,まだ少し時間がかかりそうです.

トンボ観察には,あちこちの公園によく出かけるのですが,緊急事態宣言が出ると,県立の公園などは閉まってしまうのでしょうか...なんか気が重いですね.

No.772. 近所の平地池に.2021.4.22.

今日は薄曇りで風も強く,近所の池で,アオモンイトやセスジイトを探してみました.セスジイトトンボが見られなくなってきましたのでこれがねらいでしたが,やはりいませんでした.沈水植物の繁茂する池に多いトンボですが,外来生物によって沈水植生は身の回りのため池では絶滅状態です.いたのはアオモンイトトンボだけでした.

▲アオモンイトトンボのオス.

アオモンイトトンボは成熟していて,池の上を飛んでいる個体もいました.他にはシオカラトンボが1頭.それ以外にまったくトンボの姿がない状況でした.

▲シオカラトンボメスの未熟個体.

平地の皿池におけるイトトンボの減少は,どうみても異常な感じです.今度よく晴れたら,もう少し足を伸ばして,平地池のトンボたちを観察してみようと思います.5月になると,コサナエ属や源流域のトンボが賑やかになりそうですから...

No.771. やっと出会えた成虫越冬種.2021.4.20.

4月20日.例年ですと,いろいろな春のトンボが姿を見せはじめる時期です.今日はそういった春のトンボの姿を見に行くことにしました.まず最初の池はかつての定点池.すぐ近くで工事をやっているせいか,水が満水ではありません.ということで,1頭のクロイトトンボの処女飛行を見ただけでした.

次が,シオヤトンボの池.池の縁を歩きますと1頭のトンボが,コンクリート護岸の水際から,処女飛行に飛び立ちました.ハラビロトンボに見えました.そっと近づいて写真を撮りました.早い羽化です.シオヤトンボの未熟な個体も2頭ほど見られました.ホソミオツネントンボも2頭飛んでいました.ちょっとピンボケで紹介はできません.

▲ハラビロトンボのメス.かなり早い羽化である.
▲シオヤトンボの未熟なオス.

次はオツネントンボを探しに行きました.今日でここは3回目ですが,今年はオツネントンボは集まっていないようです.シオヤトンボは,未熟な個体に混じって,もう成熟したオスがいました.コサナエ属のなかまの姿もありませんでした.ホソミイトトンボが1頭,池の縁を飛んでいました.

▲縄張り活動中のシオヤトンボ成熟オス.

ということで,次はタベサナエやフタスジサナエを見に行きました.ここでは,フタスジサナエが羽化をしていました.タベサナエもいましたが,まだ成熟しきっていません.池から周りの林に向かって,処女飛行に飛びたつコサナエ属の姿もありました.

▲フタスジサナエの羽化.他に,羽化殻も2個見つかった.
▲タベサナエのメス.だいぶんからだがしっかりしてきているようだが,まだ成熟はしていないようだ.

ここでもシオヤトンボの成熟したオスがいて,メスと交尾していました.しかしメスは産卵せず,どこかへ行ってしまいました.まだきっと成熟していなかったのでしょう.

▲成熟したシオヤトンボのオス.

少し見かけたホソミオツネントンボにしろホソミイトトンボにしろ,どうも群れているという感じではありません.そこで,去年ホソミイトトンボを見た池へ行ってみることにしました.ここにはいました.ホソミイトトンボが10頭程度,3ペアがタンデムになって,交尾,産卵を行っていました.本当に成虫越冬種を見つけにくくなりました.というか,イトトンボ全体が減っている感じです.

▲交尾・産卵するホソミイトトンボたち.

いるべき種がいると,ほっとする感じです.この池の近くでは,オグマサナエ,タベサナエ,ヨツボシトンボが見つかりました.これで今日,コサナエ属3種に出会えました.

▲オグマサナエのオス.私の観察地ではオグマサナエの数が一番少ない.
▲ヨツボシトンボのオス.もう成熟して,縄張りを形成していた.
▲タベサナエのオス.まだ羽化直後だ.

やっとトンボが出てきた感じです.今年は3月が異常に暖かかったのでトンボの出が早いかと思いましたが,例年通りという感じでした.

今日の観察で残念だったのは,最初に訪れた場所で,工事で池の底を掘り返していたことです.特になだらかになった岸辺の部分を深く浚渫していました.これによって,この池で発生していたヨツボシトンボやトラフトンボの幼虫は全滅したものと思われます.本サイトの動画で紹介しているトラフトンボやヨツボシトンボはこの池で撮影したものです.近くの池に退避してくれていればいいのですが.こうやって,観察地が一つずつ消えていきます.