No.728. やはりトンボの出がいまいちでした.2020.5.2.

2週間ほど自宅にこもりきりでしたので,今日は散歩・運動がてら,トンボを見てきました.暖かい日が続いていますし,5月に入りましたので,さぞや池は賑やかになっているだろうと思いましたが,飛んでいるトンボは,ホソミオツネントンボ1頭とシオヤトンボ1頭でした.トラフトンボも,ヨツボシトンボも,クロイトトンボも,フタスジサナエも,例年見られるトンボはまったく姿なし???

▲最初の池で見られたのはホソミオツネントンボ,それも1頭だけだった.

仕方なく,少し離れた池まで足を伸ばしました.しかし,そこも,静かな感じでした.さすがに池岸を歩いてガサガサやってみると,ちょっとだけコサナエ属が飛び出しました.それにしても,タベサナエ2頭,オグマサナエ1頭,フタスジサナエ1頭,シオヤトンボ3頭,トラフトンボ1頭というところでした.全然池が賑やかではありません.ちょっと農道を林に沿って歩いてみますと,コサナエ属が2,3頭追いかけ合いをしながら飛ぶのを見ました.まだ成熟していないのでしょうか.

▲タベサナエのオス.
▲オグマサナエのオス.
▲フタスジサナエのメス.まだ未熟である.

唯一接近遭遇できたフタスジサナエのメスの状態から見ると,やはり成熟が遅れている感じですね.羽化が遅かったのかもしれません.

▲シオヤトンボのオスとメス.
▲池を飛んでいたトラフトンボのオス.

なんか今年は違う感じですね.できるだけ外出は自粛ですが,今日は3密接近遭遇0でした.ねらいのオツネントンボは,なかなか出会えません.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 パーマリンク