No.543. トンボ観察はじめ-タベサナエの羽化 2017.4.16.

今年は春先に冷え込んだために,まだ桜が散り始めというような状態.こんなときにサナエトンボと出会えないかと思い,出かけてみました.

0416-000▲まだ桜はこんな状態.今年の桜は遅くて,咲く期間も長く続いている.

まだ春のトンボには少し早いのですが,オグマサナエなどの気の早いサナエトンボがいるかもしれません.オグマサナエはまだでしたが,タベサナエが羽化をしていました.羽化途中が1個体,羽化殻が2個体分見つかりました.

0416-001

0416-005

0416-002

0416-003
▲タベサナエの羽化.上2枚:羽化途中のオス,中:羽化殻,下:処女飛行後の静止.

別の池ではホソミイトトンボがぺアリングをしていました.しばらく待ちましたが,産卵は始めませんでした.

0416-004
▲ホソミイトトンボのペア.このほかにオスは数頭飛んでいた.

フタスジサナエ,オグマサナエなど,春のコサナエ属はもうあと1週間以内という感じです.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ観察記 パーマリンク