月別アーカイブ: 2020年9月

No.754. アカトンボはやって来てるかな.2020.9.29.

今日はマイコアカネを見に行きました.去年は池の水位が大きく下がっていて,例年の産卵場所が完全に乾燥状態で,マイコアカネの姿がありませんでした.ただ,友人の話によると,マイコアカネは隣の池に避難していたということでした.そこで今年はどうなっているかを確かめに行きました.うまくいけば,ビデオで繁殖活動を撮影する予定です.

▲マイコアカネは戻ってきていた.

マイコアカネは戻ってきていました.数は全部で15頭ほどで,とても以前のようにはいきませんが,これだけ生き残っておれば,来年につながると思います.一方で繁殖活動の方ですが,2回ほど産卵を見かけました.ただ,いずれも見つけたときは終わり間近で,すぐにメスが離れて産卵が終わってしまいました.記録は撮れず終いでした.

▲マイコアカネはそこそこの数が見られた.メスもいたし産卵も行われていた.

この池には,タイリクアカネもやって来ていました.以前この池にマイコアカネの幼虫を探しに来たとき,タイリクアカネの幼虫が採れたのですが,やはりやって来ているのですね.まだ少し若い感じのするメスでした.それともう一つ十分成熟した感じのメスもいました.

▲タイリクアカネのメスたち.上は腹部が赤いタイプ.

そして,兵庫県南部では珍しく,9月にアキアカネがいて,交尾までしているのを見つけました.これ以外には,コノシメトンボ,もいました.

▲アキアカネの交尾.
▲コノシメトンボのオス.

マイコアカネの池には12:00頃まで頑張ってみました.結局その後産卵にはやってこず,だんだんと暑くなってきました.池ではアオイトトンボたちがたくさん集まって,あちこちで産卵活動を行っていました.

▲アオイトトンボの産卵.ヒメガマの葉にはたくさんの産卵痕が見られる.

あと,この池には,オオキトンボやリスアカネもやって来ました.夏のトンボは,ウスバキトンボ,シオカラトンボ,ギンヤンマ,アオモンイトトンボなどが活動していました.

結構アカトンボが見られたので,別の池にアカトンボ探しに行くことにしました.オオキトンボの若い個体も見てみたかったので,それがいそうな池へ出かけました.

▲リスアカネのオスとメス.
▲産卵の後だろうか,3頭ほどのナツアカネのメスだけが見られた.
▲マユタテアカネのオス.

オオキトンボもいました.まだ腹部に赤味が差していなくて,黄褐色に見える色彩の個体です.全部で7頭見かけましたが,その中にメスが1頭いました.メスが池畔に止まって摂食活動をしているのは,結構珍しい感じがしました.

▲オオキトンボのオスとメス.まだ赤味がさしていない.

ということで8種類のアカトンボを見つけることができました.8種類というと,兵庫県南部に土着しているアカトンボの半分以上です.先日,ネキトンボとミヤマアカネとナニワトンボを見に行っていますので,あと,キトンボ,ノシメトンボ,ヒメアカネを今年見ていないということになります.マダラナニワトンボはもういないでしょうから… 最近産卵の写真がありませんが,今年の秋はビデオを中心にしているせいです.もう一度マイコアカネに挑戦する予定です.

No.753. ミヤマアカネの観察.2020.9.27.

今日はミヤマアカネの観察に出かけてきました.ちょっと時期的に遅くなった感がありますが,まだまだいるという予想です.しかし,今年,例年の産地のミヤマアカネの個体数が大きく減少していました.時期が遅かったためか,夏の暑さがきつく消耗が早かったからか,はたまた曇りで風が強いせいか,理由は分かりませんが,見渡す範囲にせいぜい10頭ほどがいるだけです.いつもならあちこちでふわふわ飛び出すトンボなのですが…

▲ミヤマアカネのタンデムペア.

それでもタンデムのペアは七つ八つは見かけました.今日はビデオでの記録が目的です.しかし観察時期が遅かったことが裏目に出ました.川に繁茂しているツルヨシの背が高くなり,流れを完全に覆っていて,産卵するペアがまったく外から見えないのです.写真なら一瞬のチャンスで何とかできますが,ビデオではダメでした.仕方なく,ツルヨシの生えていない少し開けた,産卵に来そうなところで待っていました.

▲ミヤマアカネの交尾.気温が16℃で涼しいせいか,交尾時間が長かった.

産卵に飛び回るペアは,この場所にときどきはやって来るのですが,すぐにツルヨシで覆われた流れの速い場所へ潜り込んでいきます.どうも,この場所はあまり気に入られていないようです.それでも短時間やって来たところを撮影したビデオを見ていると,なんと,打水した場所に,オイカワらしき稚魚が群れ集まってくるのです.その動きから見ると,どうやら放卵され水中に落ちた卵をぱくぱく食べているみたいなのです.卵を魚が食べるという話はよく聞きますが,本当に食べるのは初めて見ました.

ビデオ:ミヤマアカネの卵は魚の餌

打水産卵するトンボはあちこち動きまわって打水する傾向があります.その理由は,ほとんど同じ場所で連続して打水していると,そこに魚が集まってきて,餌場になってしまうからなのかも知れません.そうだとすると,動きまわって打水する行動が進化してきたと考えることができます.同じ打水産卵でも,ヨツボシトンボなどはあまり動かないで打水することがありますが,飛水産卵によって前方に卵を飛ばしますので打水場所には卵は落ちません.

この考え方が正しいかどうかは分かりませんが,トンボの産卵を見ていると,本当にトンボたちの知恵が見えてくるようで,興味が尽きません.短い時間の観察でしたが,ちょっと刺激されました.

No.752. 続 ナニワトンボの観察.2020.9.22.

昨日に引き続き,ナニワトンボの観察にでかけました.昨日はオスの数が多かったのですが,産卵活動は今ひとつでした.あれだけオスがたくさんいたのですから,もっと産卵に来るはずだということで,もう一度出かけることにしました.

▲ナニワトンボのオス.

ナニワトンボは,今日は10:45頃から産卵に入ってきました.昨日より1時間早く登場です.これが普通なのですね.その後12:45くらいまでの間に,7回ぐらい産卵にやって来ました.今日も記録はすべてビデオです.

ビデオ:秋分の日のナニワトンボたち

「兵庫県とその近隣のトンボたち」に公開しました(2020.9.24.).ビデオは産卵行動をすべてスローモーションで編集しています.遊離性静止産卵も観察できました.6分52秒と,少々長いビデオになっています.

▲ナニワトンボの遊離性静止産卵(ビデオの切り出し).

ナニワトンボと同時期に同所的に活動しているのがリスアカネです.メスは色彩がよく似ているので,彼らはよく間違えないものだと感心しますが,ときどきナニワトンボのオスがリスアカネのメスとつながっているのを見かけることがあります.

▲リスアカネのオス.

リスアカネもたくさん産卵にやって来ました.10:30に第一番目が産卵に入り,13:00までの間に10回以上産卵にやって来ました.やはりこれが普通の姿ですね.今はリスアカネの最盛期ですから.いったい昨日は何だったのでしょう? 

ビデオ:リスアカネの産卵ショウ

リスアカネのビデオも,産卵行動部分についてはスローモーションで編集しています.ナニワトンボにしてもリスアカネにしても,暗いところで速い動きで産卵するので,ビデオカメラでピントを追い続けることが非常に難しく,ピントの来ているカットを短くつなぎ編集することになってしまいます.しかしスローモーションでゆっくりとした動きのほうがトンボの動きもよく見えますので,このようにしました.

▲マユタテアカネのオス
▲マユタテアカネの赤い腹部のメスとの交尾.(ビデオの切り出し)

今日はマユタテアカネは2回産卵にやって来ました.一つは腹部が赤いメスとの連結産卵.なかなかチャンスがないパターンです.そしてもう一つが今日のトピック.カエルが産卵中のマユタテアカネにジャンプ一発,食らいついたのです.カエルがトンボをねらうシーンは何度か見たことがありますが,ことごとく失敗するシーンばかりでした.

今回は見事に回っているビデオのファインダーの中で,カエルがジャンプし食いついてくれました.これは相当の幸運がなければ成功しません.まず目の前で食いつきに成功することが必須です.そしてちょうどいい位置にカメラが立っていて,ピントが合っていて,という条件が必要です.これらが全部うまくいきました.なお今日のビデオは限定公開ではなく,「兵庫県とその近隣のトンボたち」に公開しています.

ビデオ:カエルに食べられたマユタテアカネ.

今日は,例年通りの感覚で産卵が見られました.昨日は快晴,今日は雲の多い晴れで日が射したり陰ったり.天気の違いが行動の違いになっているのでしょうか.快晴は良くないのでしょうか? 本当に昨日は動きのない一日でした.もう一つ,ナツアカネが単独産卵する姿にも出会いました.それとオニヤンマが休息しているのに出会いました.

▲オニヤンマのオスの休息.

最後にナツアカネの単独打空産卵にビデオを限定公開で紹介しておきます.同じ池で4種のトンボが産卵にやって来るというのは,結構珍しいと思います.

https://youtu.be/xuDX0fXODj8

No.751. ナニワトンボの観察.2020.9.21.

そろそろアカトンボの季節です.早くから活動を始めるのが,ナニワトンボとリスアカネ.いずれも夏の終わりには活動を始めています.今日は快晴のお彼岸,ナニワトンボ観察には最適の日です.朝9:00過ぎ,昨年の池に行ってみました.ところが,ナニワトンボは1頭だけしか見つかりません.今年は少ないのか,と近所の池にも行ってみましたが,やはりまったく姿がありません.まあ,1頭でもいないよりはいいと,もとの池に戻って,池の周辺を探索してみました.すると,樹木の高いところに止まっているオスたちを見つけました.

▲比較的高い位置に止まっているナニワトンボのオス.

全部で5,6頭のオスを見つけましたので,ひと安心とここに陣取りました.しかしなかなかナニワトンボの活動は活発になりません.例年ですと10:30ぐらいからぼちぼち産卵個体が見られるのですが,まったく動きがありません.11:00ごろマユタテアカネだけが産卵をしていました.11:30ぐらいになると,あちらこちらにナニワトンボのオスが樹木から降りてきました.全部で10頭以上はいました.しかし産卵にはやってきません.まあ暇なので,オスと戯れました.

▲池の低いところへ降りてきて活動をしているナニワトンボのオスたち.

12:00に,メスが単独で入ってきましたが,すぐに姿を消しました.メスがやって来たのに気をよくしてさらに待ちました.12:30ごろ連結のペアが産卵に入ってきました.今日はビデオで撮る予定です.しかしなんと,録画ボタンを押し忘れて,撮ったつもりになっていました.ときどきやるポカです.3時間待ってのあげくなので,かなり落胆しましたが,もう一ペア来ることを期待して待ち続けました.13:00少し前,もう一ペアが産卵に入ってきました.今度は録画ボタンをしっかりと押して撮影にのぞみました.

https://youtu.be/-At12tFdYDI

ナニワトンボといえば,いっしょにいるのがリスアカネ.リスアカネも3ペアほど産卵にやって来ました.今日はリスアカネのビデオはひとまずお蔵入りです.

▲リスアカネが意外と少ないように思えた.

例年ですと,11:00台にいちばん産卵個体が多いのですが,今日は午後に入ってから産卵にやって来ました.快晴の日はこんな感じになるのでしょうか? 今までの経験とは少し違う行動だと思いました.

No.750. アカトンボを見に行きました.2020.9.19.

今日は,兵庫県北部に,アカトンボの状況を見に行ってきました.アキアカネはまだまったく姿を見ることができませんでした.夏のトンボが終わり,秋のトンボが出てくる,ちょうどその端境期のような感じです.池では,アオイトトンボがビュンビュン飛び回り,そこだけ秋が来ているようでした.オオルリボシヤンマもギンヤンマに代わり池を飛んでいました.

アカトンボは,ネキトンボが産卵,そして湿地の草むらでナツアカネが産卵していました.今日はビデオだけをかついでいったので,写真はありません.今日のビデオはすべてスローモーションにしています.

これからもビデオをかついでいくことが多くなりそうですので,新たにトンボノート専用の,YouTube限定公開ビデオを設けました.限定公開ですので,YouTubeのページでは,今日の分については以下のリンクで見ることができます.

https://youtu.be/TqwH4KO8kAk

2020年のトンボの観察では,結構ビデオをかついで行っていることが多いのですが,ストーリーにならないときはお蔵入りにしていました.でも,映像がもったいない気がしますので,順次さかのぼってビデオを公開していくことにします.新しい観察記を公開するたびに,末尾に新しいビデオクリップのURLを紹介しますので,過去のページもご覧になってください.ちなみに本日は,オオルリボシヤンマとタイワンウチワヤンマを公開しました.

No.749. オオルリボシヤンマ.2020.9.15. / YouTubeへのリンク
No.748. タイワンウチワヤンマを見に行った.2020.8.17. / YouTubeへのリンク