月別アーカイブ: 2020年8月

No. 748. タイワンウチワヤンマを見に行った.2020.8.17

夏のトンボ観察第三弾は,タイワンウチワヤンマです.すっかり兵庫のトンボの仲間入りをしてしまいました.平地の池に行けばたいがい見られますが,あえて淡路島へ行ってきました.タイワンウチワヤンマの数が断然多いし,産卵にやって来るポイントを知っているためです.それにそこは木陰で待つことができるのです.明石海峡大橋を渡って,現地に着いたのは8:15でした.タイワンウチワヤンマたちはもうたくさん池のまわりに集結し,あちこちで追いかけ合いをしています.

▲池の畔の植物に止まるタイワンウチワヤンマのオスたち.

3-4mごとに止まっている状態ですので,1頭が飛び立つとまわりの2,3頭がそれを見て飛び立ち,もう激しい追いかけ合いを展開しています.あまりに速いので,ほとんど写真にはなりませんでした.端っこの方にお愛想で写っているのが一枚あったので,載せておきます.あとは少しゆっくりと飛んでいるオスを記録しておきました.

▲オスを追いかけるオス.
▲何か動くものを見ると飛び立って周囲をパトロールしてまた止まる.

メスの方は9:30から11:00の間に3回入ってきました.しかし,産卵動作を始めるとすぐオスに見つかって交尾態になります.ふつうは,交尾態になっても十数秒で解き,オスの縄張りで産卵を始めるというのが過去の観察でした.しかし今日は,3回とも,オスがメスをかむと,交尾態で姿を消してしまいました.唯一2回目のメスは,オスに見つかるまでに少し時間があって,植物に止まったりもしましたので,記録が撮れました.

▲産卵に入ってきたタイワンウチワヤンマのメス.いったん静止した.
▲その後飛び立ってしばらくホバリングした.産卵するかと思ったがオスに捕まってしまった.

上のメスはオスに見つかるまでに産卵動作をしましたが,シオカラトンボが追いかけ回して邪魔するのです.いや,タイワンウチワヤンマの産卵は,なかなか落ち着いて見ることが難しいです.

タイワンウチワヤンマ以外には,オオヤマトンボの産卵,シオカラトンボの産卵,ギンヤンマの産卵などを見ました.オオヤマトンボはピンボケでした.

▲シオカラトンボの警護付き産卵.
▲ギンヤンマの産卵.

11:00を過ぎると気温がどんどん上昇し,太陽が真上に近くなり木陰もなくなりました.今日も気温は35度超えの予報.熱中症になってはつまらないので,ここまでとしました.帰り際に少し歩いてトンボたちを見てみましたら,彼らも暑いのでしょう,タイワンウチワヤンマは腹部をまっすぐ上に上げての腹部挙上姿勢をしていましたし,シオカラトンボは腹部下垂で暑さをしのいでいました.オスたちはみんな大変な思いで頑張っていますね.

▲腹部を垂直に上に上げて,腹部挙上姿勢をとるタイワンウチワヤンマのオス.
▲タイワンウチワヤンマの逆で腹部下垂姿勢で暑さをしのぐシオカラトンボオス.

しかし本当にシオカラトンボは暑さに強いですね.聞くところによると,シオカラトンボの青白い粉は紫外線をカットする働きがあるそうで,この粉の成分を使った紫外線カットの化粧品が開発されているそうです.

最後,淡路島なので,ベニトンボが進入していないかちょっと気にとめてみましたが,姿はありませんでした.酷暑の日は半日が限界です.最後にこの日に撮ったビデオを紹介しましょう.限定公開です.YouTubeで見るには下記のリンクをクリックしてください.

https://youtu.be/LsL4ubcklzU

No.747. ネアカヨシヤンマの観察.2020.8.15.

真夏のトンボ観察第二弾は,夏のヤンマです.しかし,8月も中旬になるとヤブヤンマはちょっと難しくなります.今はネアカヨシヤンマやコシボソヤンマが盛りです.このところの暑さで湿地の水も干上がっているかも知れません.そうなるとネアカヨシヤンマがやって来ます.今日はネアカヨシヤンマねらいで観察に行きました.ネアカヨシヤンマは午後に産卵に来るのですが,今日は午前10:00に現地に入ったところ,1頭のメスが産卵をしていました.気温は31℃.暑い中日向で産卵しています.不思議なことに日陰には入らず,日向ばかりを飛び回ってあちこちで産卵を続けます.

▲干上がったばかりの湿地の草の中で産卵をするネアカヨシヤンマのメス.
▲イノシシの足跡のくぼみで産卵するネアカヨシヤンマ.

以前にも書きましたが,ネアカヨシヤンマはイノシシの足跡で産卵します.間接的な共生関係みたいなものですね.日向で産卵しているので,ストロボを使わず自然光でも撮影してみました.

▲ストロボを使わずに撮影した.影が濃く映っている.

ネアカヨシヤンマの産卵は,何枚撮っても同じような写真になるので,これくらいにし,最後は顔のアップです.

▲ネアカヨシヤンマのメスの顔.

水が完全に涸れていたので他のトンボの数は少なかったです.それでも,シオカラトンボやオオシオカラトンボがまだ残って活動していました.木陰ではリスアカネが止まっていました.木の枝の上側に隠れるように止まっていました.

▲枝の上に止まっているリスアカネのオス.

観察が終わったときには気温は34℃になっていました.本当にネアカヨシヤンマは暑さに強いトンボですね.

No.746. 朝のオナガサナエ.2020.8.14.

長い梅雨,そして梅雨が明けても曇りの日が続き,とどめは台風崩れの温帯低気圧.長い間天気が不安定でしたが,今日からしばらくは「夏過ぎる」晴天つづき.熱中症に気をつけながら,夏のトンボ観察を始めることにしました.手始めはコオニヤンマ,でしたが,結果的にはコオニヤンマは姿を現さず,オナガサナエの産卵ショウになってしまいました.

現地に着いたのは,7時30頃.川の水は少なく植物も背が高く茂って,川幅が狭く川面は閉ざされた感じになっていました.でもこういう感じは産卵にはとてもいいのです.案の定,着くやいなやメスが産卵に入ってきました.今日はコオニヤンマの産卵をビデオに記録するのが当初の目的ですので,オナガサナエもビデオに撮りました.そして十分ビデオに撮ってからカメラに切り替えました.

▲9:00を過ぎると暑くなってきて,腹部挙上姿勢をするオス.

メスはのべ20回以上産卵に入ってきました.今日は特別多い感じです.もちろん,特に暑くなってくると,1頭のメスが複数回産卵に入ってきますので,メスの数はこれほど多くはありません.7:30から10:00頃まで観察を続けましたが,20分と待つことなく次々と産卵にやって来ました.また今日はオスのお持ち帰り成功率が高く,8回ぐらい産卵に来たメスがオスに持って行かれました.

▲産卵に入ってきたメス.
▲続けて入ってきた別のメス.
▲上から見下ろすように撮影したメス.

写真は9:30頃に撮影したもので,それ以前の産卵メスはすべてビデオに収めています.ビデオも公開しましたので,よければご覧ください.

ビデオ:朝のオナガサナエ

最近,目的のトンボを見に行っても,数が少なく空振りになることが多かったのですが,今日は久しぶりに溜飲を下げた(おおげさですが)という感じでした.でも,目的のコオニヤンマではなかったですが…

オナガサナエ以外には,コオニヤンマのオス,ハグロトンボ,シオカラトンボがいました.そうそう,シオカラトンボがたくさんいて,オナガサナエのメスを自分のメスと勘違いするのでしょうか,数回メスにつかみかかり,1回タンデムになりました.スチルカメラでなかったので記録できませんでしたけど.

▲コオニヤンマ.これ1頭だけしか姿を見なかった.
▲ハグロトンボはたくさんいて,盛んに活動をしていた.
▲シオカラトンボは,川の流れの上で打水産卵までしていた.

No.745. 林の中で過ごすミルンヤンマ.2020.8.2.

暑い夏,林の中にもぐりこんでいるトンボを,私も林の中にもぐりこんで探しました.結果はミルンヤンマ3頭,オス1,メス2でした.

▲ミルンヤンマのメス.
▲ミルンヤンマのメス.ちょっと複眼が水色になりかけ.
▲ミルンヤンマのオス.わずかに水色が出てきつつある複眼.

これ以外には,本当に何もいませんでした.ウスバキトンボの未熟なのが群れて道路の上を飛んでいただけでした.以上おしまい.

No.744. 梅雨明けのトンボたち.2020.7.31.

近畿地方に梅雨明けが宣言されました.というわけではありませんが,以前から予定していたヤンマの調査に行ってきました.が,結果は惨憺たるものでした.まず日中の産卵活動.ヤブヤンマを対象にしたのですが,メスが1回入ってきて,くるくると飛んで,水を飲んでさようなら,それでおしまいでした.夕方の黄昏飛翔を,新しいところ開拓などということで,実績のないところへいってみましたが,オニヤンマとオオヤマトンボが飛んだだけで,これもダメ.今年は,例年行っている場所へ行っても,違う場所へ行っても,トンボに出会えませんね.

ということで,普通のトンボたちの記録だけ撮っておきました.ヤブヤンマを待っているとき,池ではリスアカネがもう活動を始めていました.池の水面近くではオオイトトンボがビュンビュン飛んでいました.アキアカネも2頭羽化していました.アキアカネの羽化としては遅い感じですね.

▲うす暗い林の中で活動を始めていたリスアカネ.ときどき飛んでまわりを監視.
▲水面にはオオイトトンボが飛び回る.
▲羽化直後のアキアカネ.7月31日は結構遅い感じがする.

一番数が多いのは,やはりシオカラトンボとオオシオカラトンボ.両種は入り交じって繁殖活動を展開していました.そして,なんと,オオシオカラトンボの背中にシオカラトンボが止まりました.このシオカラトンボ,飛び立ってはまたそのオオシオカラトンボの上に止まります.オオシオカラトンボも,もう動くのが面倒くさいのでしょうかね.

▲警護産卵をするオオシオカラトンボ.
▲警護産卵するシオカラトンボ.
▲オオシオカラトンボの背中に止まるシオカラトンボ.一回飛んでまた止まった.

面白いと思ったのが,ウスバキトンボでした.たくさん飛んでいるシオカラトンボやオオシオカラトンボに交じって,3頭のウスバキトンボのオスが,水面をいったり来たりして飛んで,いわゆる縄張り活動的な動きを見せていました.ウスバキトンボは,あまり他のトンボが産卵しないようなところで幼虫がよく見つかるのですが,こんなにたくさんのトンボが活動している中に混じって,繁殖活動を繰り広げるものなのですね.そこへウスバキトンボのメスが入ってきて単独打水産卵を始めました.当然オスが見逃すはずがなく,捕まえて交尾態になりました.

▲結構植生が豊かなふつうの池で繁殖活動をするウスバキトンボ.交尾.

やがて,オスはメスを放し,連結で産卵を始めようとしますが,他のウスバキトンボのオスがこれを追い回し,なかなか落ち着いて産卵できません.そんな状態が続き,しばらくするとオスはメスを放しました.メスは単独で植生の間に産卵しようとしましたが,今度はシオカラトンボのオスに目をつけられ追われる始末.とうとう,池を去って行きました.他のトンボがほとんどいない公園の池などで繁殖活動をするのは見たことがありますが,こんな他のトンボがひしめき合っている中での繁殖活動は,あまり見たことがありません.なんか新鮮な感じがしました.

さて,14:30ごろにはヤブヤンマは諦め,ヒヌマイトトンボを見に行くことにしました.絶滅危惧IB種ですから,ときどき生存を確認しておく必要があります.このトンボの観察はいつもそうですが,昼下がりの暑い日差しがさす中,熱中症になるのではないかと恐れながらの観察,30分が限度でした.オス・メス飛んでいました.産卵はしていませんでしたが,メスの腹部先端に泥がついていたので,産卵はしているようですね.主に摂食活動をしていました.アジアイトトンボが混じっていました.

▲ヒヌマイトトンボのオスとメス.メスはうぐいす色になっている.
▲ここのヒヌマイトトンボの生息地にはアジアイトトンボが入りこんでいる.

さて,夕刻が迫ってきましたので黄昏飛翔の観察時刻です.先に言ったようにこれはダメでしたので,付近にいたトンボたちを記録しておきました.チョウトンボ,ショウジョウトンボ,ギンヤンマ,シオカラトンボ,オオシオカラトンボ,コフキトンボ,オオヤマトンボ,コシアキトンボ,キイトトンボ,オオイトトンボ,クロイトトンボ,オニヤンマなどを眺めて時間を潰していました.すると,クロスジギンヤンマが入ってきました.この時期のクロスジギンヤンマは遅い記録という感じです.

▲クロスジギンヤンマのオス.ちょっと写りは悪いが,証拠写真.

このクロスジギンヤンマ,ギンヤンマとしょっちゅう追いかけ合いをしていましたが,クロスジギンヤンマどうしの時と違い,池を追い出すまでは追飛しないのが見ていて興味深かったです.やはり追飛中に別種だということに気づくのかも知れませんね.なお,クロスジギンヤンマは2頭いました.

シオカラトンボは,昼間でも盛んに産卵活動をしていますが,夕方になるとその頻度がより高くなる感じがしました.また夕方になるとハグロトンボが道路に出てきます.日差しがきついときは日陰に入っているのですが,あちこちにペタペタと止まっていました.そして,水辺では,キイロサナエが止まっているのを見かけました.私的には,7月31日のキイロサナエは,もっとも遅い記録になりました.もっとも,探せば他の方の8月の記録もあるんですけど.

▲夕方になると,シオカラトンボの産卵活動の頻度も高くなる気がする.
▲道路に出てペタペタと止まるハグロトンボ.
▲夕陽を受けて水辺に止まるキイロサナエのオス.

最後,帰り際に,キリギリスが草むらから出てきて止まっていました.夏は,夕方になると,トンボに限らず,他の昆虫たちも,ほんのちょっぴり行動が変わる感じがします.

▲今日のゲスト,キリギリスのオス.

今日一日で,20種以上のトンボに出会いました.夏はトンボの季節ですね.