月別アーカイブ: 2020年7月

No.743. 暑い一日でした.2020.7.19.

今日はとても暑い一日でした.池ではトンボたちはどうしているでしょうか.夏の普通種を見に行ってきました.

▲夏の代表選手,タイワンウチワヤンマの腹部挙上姿勢.
▲タイワンウチワヤンマに優占種の位置を持って行かれるか? ウチワヤンマの腹部挙上姿勢.

まずは,タイワンウチワヤンマとウチワヤンマの競演です.とにかく日差しが熱いので,両方とも腹部挙上姿勢をとっています.太陽の方に腹部先端を向けているのでしょう.真横から撮ると,同じ角度に腹部を持ち上げているのが分かります.次はコフキトンボ,これは腹部挙上はせずに,なんて言うのでしょうね,腹部下垂をやって暑さをしのいでいます.

▲腹部下垂?をやって暑さをしのぐコフキトンボのオス(上)とメス(下).

コシアキトンボは,日向でも日陰でも,あまり関係なく飛び回っています.個体数が多いと止まっている暇などないのでしょうね.でもはやり,日陰に集まっているオスの方が多いような気がしました.30分ほど待っていると,5頭ものメスがこの日陰に入ってきて産卵をしていました.もっとも,日向で産卵するメスも結構いましたけど...

▲日向で追いかけ合いをするコシアキトンボのオス.
▲日向で産卵するコシアキトンボのメスにオスが襲いかかる.
▲日陰で産卵するコシアキトンボのメスたち.

暗いところで黒いコシアキトンボが産卵していると,本当にわかりにくい感じです.最後にもう一度コフキトンボを見て帰りました.

▲コフキトンボのメスとオス.メスは帯トンボ型.

No.742. チョウトンボがいっぱい.2020.7.18.

今年はコフキトンボが多いので,今日もちょっとのぞいてみました.コフキトンボはまだまだ羽化が続いているようで,今日は未熟な個体が止まっていました.一方で,老熟しきった個体もいました.

▲羽化して間もないコフキトンボのメス.
▲老熟しきったコフキトンボのメス.

例によってウチワヤンマの数も多く,着いた途端に交尾態で飛んでいるのを見ました.しかし産卵はどこでやっているのか不明.ウスバキトンボも顔を出し,タイワンウチワヤンマがついに現れました.ウチワヤンマより小型ですが,こちらの方が競争に強いような感じです.ウチワヤンマの数が減り始めるかも知れません.先日12日,ウチワヤンマとタイワンウチワヤンマの羽化殻が一緒についていたのですが,入れ替わりの季節が来たのかも.

▲ウチワヤンマの交尾態.もう機能上の交尾は終わって,姿勢は産卵場所探索モード.
▲ついにタイワンウチワヤンマが顔を出した.真夏の季節がやって来たようだ.
▲ウスバキトンボも数が増え始めたように思える.

ということで,この池は今日はちょっとだけ.もう一つの池にチョウトンボを見に行くことにしました.チョウトンボはうじゃうじゃ飛んでいました.このトンボ,見ている分には,金属光沢がキラキラ光ってきれいのですが,写真に撮ると,なんかその美しさがうまく写りません.どうやって撮ればいいのでしょうね.

▲なんとか,金属光沢のいい感じが出た一枚.

やはりISO100で撮れば,輝きの感じが出るようです.飛んでいるときはISO800ぐらいに上げているので,微妙に色がくすむのかも知れません.チョウトンボはあちこちで産卵交尾を繰り返していました.数が何しろ多いので,オスたちは,追尾,メスの追跡・取り合い,交尾と,あちこちで大騒ぎしています.

▲オスと同色型のメスとの交尾.オスメスとも先端にノシメ斑的な斑紋がある.
▲交尾を解いた瞬間.

メスは産卵を始めますが,もう,オスに追われてとてもじゃないけど落ち着いてなどという話になりません.でも,これが本来の姿なのでしょうね.

てな感じで,観察を終えて帰宅しました.そうそう,イトトンボが少ないと嘆いていますが,この池にはアオモンイトトンボがいました.植生が豊かでないとダメなのでしょうね.今日の池はハスがびっしりと茂っていました.

▲チョウトンボはハスの池に多い?
▲チクゴスズメノヒエの間にいたアオモンイトトンボ.