月別アーカイブ: 2020年5月

No. 736. アオモンイトトンボを見に.2020.5.30.

予定通り,今日は近くの池に,アオモンイトトンボを見に行ってきました.極めてふつうのトンボですが,こういうのを記録するのに結構手間取ります.色々なトンボの簡単な生態ビデオを作ろうと思っていて,アオモンイトやアジアイトのビデオがないのです.そこで,今日も重たいビデオ機材をかついで出かけてきました.

アオモンイトトンボは午後が産卵時間帯ですので,お昼から出かけました.まあ,サラサヤンマなどとは違って数はたくさんいますので,着いたらあちこちオスが飛んでいました.しかし,メスがいないんですね.橙色をしたまだ未熟なメスは飛んでいますが,緑色のメスがいません.前回21日に来たときに,橙色のメスがたくさんいたので,そろそろ成熟しているかと思いましたが,まだでした.アオモンイトトンボのメスの体色が変化するのには思いのほか時間がかかるようです.こんなことも超普通種で観察を後回しにしているから,経験として私の中にないのですね.反省です.

▲ハスの葉の縁に止まるアオモンイトトンボのオス.
▲キシュウスズメノヒエの葉に止まるアオモンイトトンボのオス.

とにかく腰を下ろして,待つことにしました.日差しは薄雲の上からですので,それほど暑くは感じないので助かりました.腰を下ろしてキシュウスズメノヒエの群落に目をやっていると,不思議なんですね,トンボが見えてくるのです.すぐ近くで3ペアが交尾をしていました.もう1時30分になろうかという時刻ですが,微動だにせず交尾姿勢のまま静止しています.

▲交尾は午前中が中心と思っていたが,この季節だからか,午後になっても続いていた.

そうこうしていると,緑色のメスが目に入りました.腹部を下に曲げて交尾拒否姿勢をとってオスを追っ払っていました.アオミドロの上に止まりましたので,産卵しないかとカメラを構えました.すると,アメンボがやって来て,このメスに近づいて行きます.獲物だと思っているのですね.アメンボの脚が触れた瞬間,メスは飛んで逃げました.

▲止まっているメスにこっそりと近づいて行くアメンボ.

やがて,産卵をしているメスが目に入りました.しかしカメラを向けるとビタッと産卵を止めじっとしています.しばらくして産卵行動を開始しましたが,基質が気に入らないのか,すぐに移動してしまいました.スチルカメラならこれでも十分ですが,動画にはならないのですね,こういう動きは…

▲カメラを向けると産卵を止めてじっと静止した状態になった.
▲2回ほど移動して産卵行動をとったものの,すぐに飛び去った.

飛んだ先にはまたアメンボがいて,このメス産卵をしようと腹部を曲げて基質に触れた瞬間,先端がアメンボに当たって,慌てて飛んで逃げました.それきりどこへ行ったか分からなくなりました.

▲飛んだ先にはまたアメンボがいた.

今日はアメンボに邪魔された日でした.まだアオモンイトトンボの産卵活動の最盛期には早い感じがしましたので,今日はこれで終えることにしました.もっと成熟メスが増えてから来ることにしましょう.池ではショウジョウトンボが元気に活動していました.

▲ショウジョウトンボのオス.

今日の写真はすべてビデオのリッピングです.

No.735. アオサナエとサラサヤンマ,完敗の巻.2020.5.28.

今日はチョウトンボを見に行ったのですが,まだ羽化していなかったです.一昨年にはこの時期に未熟な個体がいっぱいいたのに,今年はまだ早かったのでしょうね.そこで次はアオサナエの産卵観察に行きました.しかしこれもオスが3頭ほど止まっていただけで観察できずじまい.そこで午後はサラサヤンマと転進しましたけれども,これもダメでした.

▲絶好の晴天.しかしアオサナエはオスがいるだけ.
▲すぐ横にアオハダトンボが止まっていた.携帯のカメラを使った.
▲サラサヤンマはいたが,オスばかり.腹部が曲がっている.

サラサヤンマのいる湿地では,オスが4頭ばかり縄張りを張っていました.そのうちの1頭がとても人なつっこく,私の足下で飛び回ります.しゃがむと,目の前30cmくらいのところで何度もホバリングしてくれました.ビデオをかついで行っていたので,写真にはなりませんでした.そしてあろうことか,ビデオの三脚に止まって縄張りを監視し始める始末,まあ,仲良く一緒にメスを待っていましたが,おたがい,ダメな日でした.

▲カメラがないので携帯のカメラで撮影.三脚に止まるサラサヤンマのオス.

あとここでは,ヤマサナエがそれなりの数いました.しかし全部未熟! まだ体も軟らかくヒラヒラ,ふわふわ飛ぶ状態です.もう5月の終わりなのに,ここは特別羽化が遅かったようです.今年はやはり生物季節が例年の感覚とずれている感じがします.

▲未熟なヤマサナエのオス.まだ淡色部が黄色い.
▲ヤマサナエのメス.やはりまだ若い感じがする.

サラサヤンマ,翌29日も再挑戦しました.メスが2頭入ってきたものの,1頭目はオスに持って行かれ,2頭目は産卵せずに姿を消しました.どうも今年はいつもの年のように行きませんね.この数日全部失敗で目的のトンボや行動に出会いません.明日30日も晴れそうですので,難易度の低いアオモンイトトンボでも見に行くことにします(5/29記).

No.734. 端境期の様相が見えてきました.2020.5.27.

6月が近くなった今日は,春のトンボと夏のトンボが入れ替わる状況を見に行ってきました.今日はもう解説はほとんどなしで,写真を並べておきたいと思います.

まずは春のトンボたちの最後の活動状態です.シオヤトンボ,ニホンカワトンボ,ヨツボシトンボなど,まだまだ元気に活動していました.

▲かなり老熟したシオヤトンボ.
▲十分成熟したニホンカワトンボ.
▲ヨツボシトンボ.まだ働き盛りという感じである.

次は,今が盛りのトンボです.5月下旬から6月上旬にかけての時期に最盛期を迎えるトンボたちで,ムカシヤンマ,サラサヤンマ,ヤマサナエなどが頑張っていました.

▲ムカシヤンマのオス.
▲縄張り活動をするサラサヤンマのオスたち.
▲あちこちにペタペタ止まってメスを待っているヤマサナエのオスたち.
▲驚かせると飛び立ってホバリング.じっとこっちを見ているようだ.

次は,いわゆる通季種と私が呼んでいるなかまたちです.4月から10月ぐらいまでずっと姿を見せ頑張るトンボたち.もちろん今もしっかりと頑張っています.クロイトトンボ,シオカラトンボなどです.

▲たくさんのペアが産卵していたクロイトトンボ.
▲成熟していたものもたくさんいたが,さらに次々と羽化してくるシオカラトンボ.

これからが最盛期になるトンボたちもたくさんいました.ショウジョウトンボなどは,もうすでに元気に活動を開始しており,ヨツボシトンボと追いかけ合いをしていました.それ以外に,キイトトンボ,ハッチョウトンボも動きが見られていました.

▲通季種の仲間に入れてもよいショウジョウトンボ.やはり今も次々と羽化してくるのだ.
▲夏の池を彩るキイトトンボも羽化が始まっている.
▲ハッチョウトンボ.色が変わり始めているオスに混じってほぼ成熟色になったオスもいた.

これ以外にも,ハラビロトンボ,オオヤマトンボ,クロスジギンヤンマ,オオイトトンボ,ホソミオツネントンボ,ネキトンボ(処女飛行),などを見かけました.何度も言っていますが,一年で一番トンボの種類を見ることができる季節が始まりました.

No. 733. 源流域のトンボ観察.2020.5.23.

昨日に引き続いて源流域へトンボを見に行ってきました.やはり結果は惨憺たる感じでした.5時間粘って,ヒメクロサナエ1頭,ムカシトンボが数回通過,あとはアサヒナカワトンボが3頭ほどいただけでした.

▲源流域の木漏れ日に止まるアサヒナカワトンボのオス.
▲湿地の流れの中で産卵するアサヒナカワトンボ.

場所を移動してヒラサナエを見に行ってきました.こちらも数は少なかったです.ぽつりぽつり止まっていただけです.

▲腹部挙上姿勢をとるヒラサナエのオス.
▲ヒラサナエのメス.
▲ヒラサナエの交尾.

今日も主たるねらいはビデオ撮影でしたので,すべてリッピングです.

No.732. アオハダトンボを見に行った.2020.5.22.

緊急事態宣言も解除され,今日は少し遠出して県内あちこちへ回りました.まず北の方に行こうと思ったら,昨日の天気予報とまったく違ってどんより曇り,霧雨まで降る始末.途中からすぐに転進して,ダビドサナエを見に行くことに.しかしダビドサナエはまったくいなかったのです,一昨年産卵を観察したところなのに,….仕方ないのでアオハダトンボを見にまた転進.結局5時間ぐらい車を乗り回して,やっと,トンボに会えました.

▲オス1頭が3頭のメスを囲っている.
▲3頭のメスのグループ産卵.

もうあちこちでメスが産卵していて,5月22日なのに,最盛期を迎えているような様相でした.ただ,上流で工事でもしているのでしょうか,水が濁っていて清流のイメージはありませんでした.

▲産卵するメスたち.

例によって,オスがメスに対しディスプレイを行って接近,交尾にいたるシーンも観察できました.一番上の3投下凝っている写真の3頭目のメスをゲットしたときのものです.

しかしアオハダトンボ以外のトンボの姿がほとんどありません.ヤマサナエもいないし,タベサナエもアオサナエもいません.ニホンカワトンボもいない.ホンサナエのオスだけが1頭水面を高速で飛ぶのを見ました.それと帰りに川の横の道路でタベサナエのメスが何かを食べているのを見ました.なんか,トンボが少ないです.

▲希少種のアオハダトンボだけがいる川って変な感じだ.

今年はどこへ出かけても,なんかトンボがいない,というか,求めて,出かけていったトンボに出会えないという感じです.うーむ.

ところで,ブログのテーマをバージョンアップしたら,過去の記事の画像のサイズが小さくなってしまったので困りました.