月別アーカイブ: 2019年9月

No.717. マイコアカネが消えた.2019.9.26.

▲去年の9月22日に観察に行ったマイコアカネ.たくさん飛んでいた.

今日は快晴で,絶好のトンボ撮影日より.まだマイコアカネの行動をビデオに撮っていないので,じっくりと時間をかけて撮影に挑もうと,満を持して出かけました.9:00ころに現地に着きました.現地の池の状況は全くの問題なしで,気温も十分.

▲マイコアカネが好む平地の池のヒメガマの群落の今日の姿.去年はこの間をたくさん飛んでいた.

ところが,マイコアカネの姿が全くないのです.周辺のねぐららしいところも含めて,2回まわってみましたが,ただの1頭もいません.いたのは,オオキトンボと飛び回るギンヤンマ,その他アオイトトンボが2頭いただけでした.マイコアカネは生息地を離れて移動するトンボではなく,未熟なときも周辺の木陰で過ごしています.そして秋になると水辺へ出てきます.そのマイコアカネが,池とその周囲にまったく姿がなかったのです.

▲この池のすぐ横の木陰で過ごす未熟なマイコアカネ. 池の水は大きく落とされていた.2018.8.20.

この池は時に大きく水を落とすことがあります.ひょっとしたら,ちょうど幼虫期や羽化期に,ヒメガマの群落の部分に水がなかったのかもしれません.池のつくりから見て,水が2,3m落とされれば,浅い岸にあるマイコアカネの生息域は完全に干上がります.どうもそんな感じがします.

▲池にはオオキトンボが1頭だけぽつんと止まっていただけである.

マイコアカネは,平地や山裾のヒメガマなどが茂る池に生活しています.こういった池から今,どんどんトンボが消えています.その中の一つがマイコアカネで,まとまってみられる池がなくなっています.そこで今日,10年以上も前にマイコアカネがいた平地の池に念のため行ってみました.

▲10年前マイコアカネがいた池.ちょっとヒメガマが茂り過ぎているが.
▲アオモンイトトンボのオスとメス.

その池にいたのはたくさんのアオモンイトトンボとシオカラトンボ1頭,アジアイトトンボ1頭だけでした.アカトンボは何もいませんでした.もう一つ別の平地の池にも行ってみました.そこにはオニバスが茂っていました.しかしトンボの姿はシオカラトンボとショウジョウトンボがそれぞれ1頭ずつでした.

▲もう一つ別の平地の池に行ってみたら,そこはオニバスがたくさん茂っていた.
▲上の池にいたシオカラトンボ.

まあ,この時期,平地の池に行ってもアカトンボはなかなかいないというのは十分予想されたところですが,それにしても,何もいない.ただただ暑い日差しがそそぐだけです.あまりに成果がないので,趣を変えてミルンヤンマを見に行ってみましたがこれもまったく手応えなし.今日はダメの予感がしました.しかしやっと,通りすがりの小さな池にリスアカネが集まって活動しているのに出くわしました.

▲リスアカネがあちこちの木陰に止まっていた.

11時30分ころになると,連結ペアがどこからともなく池に入ってきて産卵を始めました.やっと緊張感を持って撮影に挑むことができました.

▲草の間で連結打空産卵するリスアカネ.
▲珍しく,産卵途中で止まって休息した.

この時期はナニワトンボなどがいるところへ出かければ,それなりに成果があるのは分かっていましたが,マイコアカネが消えたことから,あえて今日は,この時期にあまり訪れない平地の池にこだわってみました.平地の秋はまだもう少し先のようです.

No.716. ナツアカネを見に行った,ついでに… 2019.9.19.

今日は,ナツアカネが稲穂の上で産卵する姿が見たくて,去年ナツアカネがそこそこ集まっていた谷の水田へ行ってみました.ここは稲刈りが早くて,去年9月の下旬に行ったときには,ナツアカネはそこそこいたものの,稲がきれいに刈り取られてなくなっていました.そこで今年は少し早い目に行くことにしたわけです.しかし現地に着きますと,もう稲刈りが終わっていました.早いです.一方ナツアカネの方はまだちらほら,ここは時期的にマッチングせずダメですね.

▲電柵にの電線に止まるナツアカネのオス.
▲草に止まるナツアカネのメス.

ということで,今日の目的は果たせずに終了.といっても,まだ午前中ですし,空はよく晴れています.近くを歩いてみることにしました.他のアカトンボが活動しているかもしれません.

▲ノシメトンボのオス.最近はあまりまとまった姿を見ない.

最初に道の横に止まっていたのは,ノシメトンボでした.ノシメトンボは水が落とされたため池の岸に広がる草原に産卵します.ここにはそんな環境はないので,水田での産卵をねらっているのかもしれません.

▲ヒメアカネのオスとメス.

次に出会ったのは,ヒメアカネのオスとメスです.まだちょっと完全成熟とまでは行かないような若さが感じられる個体でした.次に小さなため池があったのでのぞいてみますと,ネキトンボが活動していました.そしてこの ため池を終点として折り返し,帰り道でぽつんと止まっているマユタテアカネを見ました.

▲ネキトンボのオス.3頭ほど活動していた.
▲マユタテアカネのオス.

アカトンボたちはいるにはいましたが,ネキトンボをのぞいて,繁殖活動をする気配が見られません.どうも面白くないので,先日あまり出会えなかったオオルリボシヤンマの産卵を見に行くことにしました.オオルリボシヤンマの産卵は午後です.ここからの移動に1時間以上かかるので,ちょうど昼過ぎに着きそうです.

オオルリボシヤンマの観察地に着いたのが12:00ちょうどくらいでした.オスが2頭飛んでいましたが,メスの姿がありません.今年は数が少ない年なのかと思いましたが,昼食をとって時間をおいてみることにしました.12:40,池に戻りますと,2頭のメスが産卵にやって来ていました.そばを歩くと,パッと飛び立ち,ホバリングします.

▲産卵しているそばを歩くと,ふわりと飛び上がり,ホバリングする.

しばらく固まったようにじっとしていますと,高度を下げて,ピタッと産卵基質の枯れ木などに止まります.

▲安心したのか,産卵を再開したオオルリボシヤンマのメス.
▲池の岸を固めている杭に産卵している.

そうこうしていると,オスがメスを追いながら池に入ってきました.メスは向かい合って同調するようにホバリングして,にらみ合っています.オスは一生懸命メスにアプローチしようとしているのでしょう.しかしメスは頑としてそれに応えようとはしません.こういう場合はたいがいオスが諦めます.しばらくすると,オスはメスから離れて,また池の中程をパトロールするように飛び始めました.

▲左のオスが右のメスを追って目の前に入ってきた.しかしメスはにらみ合いを続ける.

先ほどから産卵しているメスは,私の動きに反応して,ときどき飛び上がってはホバリングを繰り返していますが,逃げる気配はありません.オオルリボシヤンマは,今年はビデオを撮ることにしていますので,写真はそこそこにして,ビデオカメラを回しました.

▲あちこち移動しながら産卵を続けるオオルリボシヤンマのメス.

ビデオを撮り続けていますと,やがてこのメスは高く浮き上がるように飛んだ後,近くの樹木の幹に,ムカシヤンマのように止まりました.産卵が終わりになったのでしょうか.

▲ムカシヤンマのように,木の幹にペタッと止まるオオルリボシヤンマのメス.

しばらく待っていると,再び池に降りてきて,産卵を再開しました.結局このメスは14:00ころまで産卵を続け,やがて飛び去っていきました.

オオルリボシヤンマを観察しているときに,私のまわりで動きまわっているトンボがいました.オオアオイトトンボです.ここは結構標高があるせいか,時期的に少し早い感じがしますが,タンデムもいくつか飛んでいます.ひょっとしたら産卵するかもしれないと思い,オオルリボシヤンマの記録が終わった後,ここぞという木の枝を見上げてみました.いました.タンデムで止まっているペアが.

▲イロハモミジの枝に止まる,オオアオイトトンボのタンデムペア.

14:00過ぎというと,過去の観察からは,まだ産卵せずにこのまま連結状態でじっとしているのではないかと思っていました.ところが,すぐにメスは腹部を曲げ,産卵をし始めました.9月19日のオオアオイトトンボの産卵は,私の観察例としてはかなり早いように思えます. 同じ場所で,去年は10月7日に産卵を観察に来ています.

▲産卵を始めたオオアオイトトンボのペア.時刻は14:33.

ということで,アカトンボは活動せず止まっていただけでしたが,オオルリボシヤンマやオオアオイトトンボが繁殖活動を行っていました.終わりよければすべてよし,ということで,今日の観察を終えました.

No.715. 秋の掛かり.2019.9.14.

秋の訪れをさぐりに,兵庫県の北部へ行ってきました.まだまだ夏のトンボが頑張っているのがよく見られるのですが,秋のトンボたちは活動を開始しているでしょうか? 目的地に着いたのは9:40ころ.ギンヤンマが池を飛び回っており,ショウジョウトンボが追いかけ合いをしています.まだ夏の名残がたっぷり残っているように見えましたが,足下の日陰の,池畔の草に,アオイトトンボが止まっていました.よく見ると,たくさんいます.そして,産卵をしているペアもいました.

▲池畔のイグサに産卵しているアオイトトンボのペア.

秋が始まっていることにほっとした感じがしました.気温はまだ30度を超えていますので,雰囲気は秋ではないのですが,アオイトトンボはきちんと季節を読んでいるようです.すると,ネキトンボが産卵を始めました.ネキトンボはアカトンボではありますが,夏から産卵をしていますので,秋の訪れのお知らせということにはなりません.とはいうものの,秋にたくさんのペアが産卵するのも事実.彼らは秋を待っていたというのがいいかもしれません.

▲池の中央でコナギに止まって腹部挙上姿勢.30度超えなのでやはり暑いようだ.
▲ヒシの生えた池の上で飛び回って産卵するネキトンボのペア.
▲産卵も最後の方になると,オスはメスを放して,メスは単独産卵をするようになる.

ネキトンボは次々産卵に来るのですが,すぐ下を見ると,コノシメトンボが止まっていました.この池でコノシメトンボを見るのは初めてです.まだ胸側が赤くなっていなくて,体色は完熟していないような個体です.しばらく飛んだり止まったりしていましたが,ネキトンボに気をとられていると,いつの間にかいなくなりました.そして少しすると,メスを引き連れて帰ってきました.メスを見つけてどこかで交尾していたようです.ちょっと残念です.コノシメトンボの交尾ってあまり見かけませんから…

▲すぐ足下に止まっていたコノシメトンボのオス.
▲胸側が赤くなっていなくて,上の個体と同じであると思われる.
▲連結打水産卵するコノシメトンボ.

池を離れて,別のアカトンボを探しに行きました.でも,まったくアカトンボの姿がありません.やはりまだ時期が少し早いということは,こういったところに感じられます.本当に秋の掛かりなのでしょう.もう一度池に戻ってみましたら,今度は,ナツアカネが池の堤の上の草地で,連結打空産卵をやっていました.ナツアカネもまだ胸側が完全に赤くなくて,体色は完熟していません.

▲背景に池が写ったナツアカネの産卵ショットは珍しい.落ちる卵が見える.
▲少し日陰に入ると,背景が真っ暗で夜のような写真になる.

今日は気の早いアカトンボがやって来ていることが確認できました.でも,この池でも,アオイトトンボはたくさんいましたが,コノシメトンボ,ナツアカネはそれぞれ1ペアだけで,後はネキトンボがたくさん,ということで,やはり本格的な秋の入りは,もうほんの少し後のようでした.

帰り道,夏の生き残りのトンボたちを記録しておきました.老熟は進んでいるようですが,まだまだ頑張っています.

▲シオカラトンボのオスとメス.メスはまだ新鮮な感じだ.
▲アジアイトトンボのメス.
▲ショウジョウトンボのオス.
▲コフキトンボのオス.
▲キイトトンボのオス.たくさんキイトトンボが飛んでいた.
▲チョウトンボのオス.色が褪せて老熟が感じられる.

これ以外にも,ギンヤンマ,オニヤンマが飛んでいました.オニヤンマは今が繁殖活動の最盛期のようでした.

No.714. オオルリボシヤンマを見に行った.2019.9.6.

秋晴れのよい天気が続いています.そろそろオオルリボシヤンマも集結しているのではないかと思い,今日はビデオ機材を担いで,オオルリボシヤンマを見に行きました.産卵は昼からになりますので,ゆっくりとした出発になりました.結論から言うと,まだ少し早いのか,それとも今年は数が少ない年なのか,記録に撮るのには向いていない状況でした.

さて到着したとき,2頭のオスが池の上空を飛んでいました.ときどきしつこく追飛する行動が見られました.ちょうど正午ころ,メスが入ってきました.ここはヒメコウホネが茂っている池で,オオルリボシヤンマはその上をホバリングしながら飛んで,産卵する位置を決めているようでした.岸近くの良い場所にも止まりましたが,近づくとすぐに飛び立つ状態でした.1頭だけで産卵しているときは,他のトンボもそうですが,神経質になっています.ようやく産卵を開始したのはかなり向こうの方で,しかもヒメコウホネの中深くに入りこんで産卵していますので,その姿さえ見ることはできません.石を投げたりして飛ばせてみましたが,いい位置にはやってきませんでした.そうこうしているうちに,オスがしつこくつきまとうように後ろを飛ぶメスが入ってきました.止まってもオスの動きにいらつくのか,結局短時間で池から出てしまい帰ってきませんでした.

▲オスにつきまとわれ,結局すぐにいなくなったオオルリボシヤンマのメス.

最初に入ったメスのことなどもう忘れたころ,そのメスがヒメコウホネの上に浮上して,飛び回りました.近づくと,ほんの短時間だけ,その姿が見える位置で産卵をしました.2時間近くも産卵し続けているんですね.

▲ヒメコウホネの葉柄に産卵するオオルリボシヤンマ.緑色型.

これ以外のトンボは,オオシオカラトンボが1頭,林床で休むオオアオイトトンボが1頭,そしてときどきタカネトンボが通り過ぎるだけでした.静かな山の池の午後でした.3時間粘ってもこんな感じで,トンボの姿が少ないです.