月別アーカイブ: 2019年4月

No.678. コサナエ属三種のようすと… 2019.4.28.

ここのところ,連日寒い日が続いています.昨日トンボ観察に出かけようとしたら,雨がぱらついてきました.北風が吹いて寒い上に雨まで降ればどうしようもないので,昨日は中止.そして今日の方が天気がよくなるとのことでしたが,朝から曇り,雲量10の完全な曇り.風も冷たく,時々薄日が差すくらいで条件はあまりよくありません.しかし,観察が1週間空いていますので,今日は出かけることにしました.春のトンボたちは一週間でようすがガラッと変わってしまうことはしばしばですから.繁殖活動は今日は当てにせず,特にコサナエ属のトンボたちがどうしているかを観察することを目的とし,4カ所に出かけました.

▲タベサナエのオス(第二地点).今年は昨年に比べるとタベサナエの個体数が少ない気がする.
▲タベサナエのメス(第一地点).何かを食べている,もぐもぐタイム.

まずは一番気の早いはずのタベサナエ.今日は写真の2頭しか見かけませんでした.オスは体色が黄色く,オスメスとも複眼はまだ少し濁っていて,成熟している感じはありません.昨年はこの時期もう産卵が始まっていました.今年は遅いというより,例年の感じで,昨年が異常に早かったといった方がいいかもしれません.

▲フタスジサナエのオス(第一地点).まだ淡色部は黄色く複眼にも濁りがある.
▲フタスジサナエのメス(第二地点).これも成熟しているとは言いがたい.

次はフタスジサナエ.フタスジサナエもまだまだ成熟している感じはありません.まだふわりと飛ぶ感じで,ビューンと飛ぶ感じではありません.個体数はそれなりにいて,数は出ているようでした.

▲在来種のタンポポに止まるフタスジサナエのメス.

フタスジサナエは,今日もまだ羽化していました.10日前に今年初めての羽化を見たのですが,今日もまだ同じところで,羽化が続いているようです.羽化途中,処女飛行に飛んだところ,まだ翅が開いていないオスなどがいました.

▲11時少し前に羽化していたフタスジサナエのメス(第一地点).
▲池の縁を歩いたときに飛び立ったフタスジサナエのメス(第二地点).
▲処女飛行に飛び立ったあと,まだ翅が開ききっていないフタスジサナエのオス(第二地点).

これら二つの地点ではオグマサナエが見られませんでした.今日の第一地点にはオグマサナエが毎年姿を見せるのですが,今日は見つけることができませんでした.今年はまだオグマサナエに出会っていないこともあり,確実に見られる場所(第三地点)へ足を運ぶことにしました.

▲オグマサナエのオス(第三地点).淡色部の黄色味が取れて成熟が進んでいる個体だ.
▲オグマサナエのオス(第三地点).こちらの個体はまだ体色が黄色く未熟と言えそうだ.
▲オグマサナエのメス(第三地点).複眼がまだ白っぽく未熟なメスである.

オグマサナエも,タベサナエに負けないくらい早く出てくるトンボですが,こちらもまだ十分に繁殖活動が行えるほど成熟していないような感じでした.いちおう池の周囲も歩いてみましたが,サナエトンボの姿はまったくありませんでした.オグマサナエの方は例年並みの個体数が見られました.

▲オグマサナエのオスたち(第三地点).寒いのか明るいものに貼り付くように止まっている.
▲送水管に止まるオグマサナエのオス(第三地点).

コサナエ属三種は,いずれもまだ十分に成熟していませんでした.繁殖活動の観察は,あと一週間ほどしてからの方が良さそうです.

さて,それ以外のトンボたちも,もちろんいましたので,それらを紹介しておきます.まずはシオヤトンボ.

▲青白い粉を吹き始めたシオヤトンボのオス(第二地点).
▲成熟した感じのシオヤトンボのメス(第二地点).

シオヤトンボは,今日の観察地すべてで,その姿を見ました.オスはもう青白い粉を吹いていて成熟しているものも多く,湿地でメスを待っていたり,交尾している個体も見られました.

▲シオヤトンボの交尾(第二地点).交尾は3組見られた.

歩いていますと,いかにも産卵しそうな水田で交尾しているペアがいました.これはここで産卵するに違いないと考え,ちょっとしつこく追うことにしました.何しろ成虫越冬種をのぞけば,今年初めての産卵観察になります.と言って,毎年シオヤトンボの交尾は観察しているのです.ごく普通種なのにねぇ.一番に出てくるトンボの特権です!?.

▲水田の横の草地で交尾しているシオヤトンボ(第二地点).

交尾を解いた後,メスは3分ほど静止して,おもむろに飛び立って産卵を始めました.シオヤトンボの産卵は,いわゆる飛水産卵で,畦近くの水面で産卵するものと思い,動きを追いながら,落ち着いて産卵を始めるのを待ちました.ところが,水を張った水田の中央で産卵を始めたのです.しかも,飛水動作は見られず,チョンチョンと,浮かんでいるアオミドロに卵を貼り付けるような動作で産卵をしているのです.

▲水を張った水田に浮かぶアオミドロをねらって産卵を始めた.
▲打水した瞬間.水滴を前方に飛ばさず,アオミドロに卵を貼り付けるように腹端を置く動作.
▲産卵を続けるシオヤトンボのメス.

トンボの産卵様式も,時と場合によっていろいろと変化するのですね.卵をどのように置くのか,考えながら産卵様式を決めているように見えます.でもトンボは考えたりしないでしょうから,なぜこの場合に飛水行動が引き起こされないのか,不思議です.飛水する目的は,卵を植物などに貼り付けることでしょうから,この場合はアオミドロに貼り付けるという目的であれば,飛水しない方が目的に合致しています.トンボの行動は奥深いです.

さて,これ以外には,今日寄った第四地点の池で,クロイトトンボが次々に羽化して飛んでくるのを見ました.クロイトトンボの羽化の最盛期に入っているようです.しかし,毎年ここで見るヨツボシトンボやトラフトンボの姿は,まったく見られませんでした.

▲クロイトトンボのメスの処女飛行個体(第四地点).
▲オツネントンボが1頭だけ止まっていた(第四地点).シャッターを切った瞬間に飛び立った.

ということで,今年はまだまだ春のトンボが池を賑わすという所まではいっていなくて,もう少し時間がかかりそうです.明日夕方から雨になるようで,この雨が終わって,連休後半の晴天くらいがちょうど観察時かも知れません.

No.677. 成虫越冬三種そろいぶみ.2019.4.21.

今日は朝から雲が出ていて,あまりパッとしない天気でした.そこで家でいろいろなことをしていますと,だんだんと日差しが出てきました.空には薄雲がかかっており,太陽の力も弱く感じられますが,気温も上昇し,地面には影ができるくらいになっていました.こうなると,もうじっとしていられません.近くの定点観察池に,成虫越冬種,特にオツネントンボの活動を見に行くことにしました.

▲ホソミイトトンボのオス.芽吹いた蘆の葉に止まっている.

この池は,3月の下旬に訪れたときには,大きく水を落としていました.先日のぞいたときにかなり水位が回復していたので,成虫越冬種なら来ている可能性があるということで,ここを選びました.昨年は何も見つけることができなかったのですが,例年であればどれかの成虫越冬種が見られます.池にはカンガレイやヨシの枯れた茎や葉が浮かんでいて,オツネントンボやホソミイトトンボに好適な産卵基質を提供しています.ヨシはまだ水面から10cmほど芽を伸ばしているだけでした.池に降りると,トンボが飛ぶ影が見えました.何か来ている,と,辺りを見回しますと,ホソミイトトンボが止まっていました.さらにすぐ横に,ホソミイトトンボの交尾ペアがいました.

▲ホソミイトトンボの交尾.11:06.

これは産卵しているペアもいるかも知れないと思い,池の周囲を歩いて探しました.ホソミイトトンボは池の一角にほとんど集中して集まっていました.と,足下をタンデムペアが飛びました.慎重に追いかけて,産卵を観察しました.

▲あちこち飛んで移動しながら産卵を続けるホソミイトトンボのペア.
▲上から見ると,まわりの色と同化して,なかなか見つけにくい.

最近動体視力が落ちてきたのか,飛び立ったペアがさざ波立つ水面を飛ぶと,まず間違いなく見失ってしまいます.上の写真ではっきりしましたが,上から見ると本当に見にくくなります.しばらくじっとしていると,産卵しているペアが2組いることが分かりました.

▲2組しかいないがいちおうグループ産卵ということになる.

ホソミイトトンボのようなオスが直立に近い姿勢をとることを,歩哨姿勢というそうです.まわりの敵を警戒して被食を避ける効果があるそうです.さらに,この姿勢は,他の産卵ペアを誘引する効果もあって,上の写真のようにかたまってグループ産卵することが多いようです.確かに観察していると,ペアが偶然で会うと,絡むように飛んで同じ場所で産卵しようとする行動が見られます.

▲歩哨姿勢をとらずに産卵することもある.ホソミイトトンボ.
▲産卵は12:30位まで見られた.

ホソミイトトンボを観察していると,オツネントンボとホソミオツネントンボが飛んでいるのを見つけました.どちらも来ているのですね.今日のねらいはオツネントンボですので,ホソミイトトンボにはこの辺でお別れし,オツネントンボを探しに,また池の周囲を歩いてみました.そうすると,ホソミオツネントンボの産卵に出会いました.

▲ホソミオツネントンボの産卵.
▲産卵は長続きしなかった.

ホソミオツネントンボは,通常,池に浮かぶ枯れ茎などには産卵せず,植物体の水面より高い位置に産卵をします.特に岸から水面に被さるように伸びる葉や茎が好きです.この池にはそういった環境があまりないので,毎年ホソミオツネントンボはいても数が少ないのです.ましてや産卵はなかなか見られませんでした.今日は写真のようなところで産卵していました.しかし長続きせず,別の場所を探すように飛び去ってしまいました.

結局これ以外は何も見つからなかったので,また元の場所に戻りました.すると,少し向こうにオツネントンボが単独で産卵しているのを見つけました.

▲オツネントンボの単独産卵.

成虫越冬三種がともに同じ池で同じ日に産卵しているのを目撃することは,めったにありません.いてもそのうちの2種であることが多いのです.特にこの池は,水面上で産卵するホソミイトトンボとオツネントンボはよく見かけるのですが,ホソミオツネントンボは,今までオスが単独で飛んでいるといった程度でした.

このオツネントンボ,アメンボか何かに驚いたのか,飛んで,岸近くの枯れ茎に止まりました.

▲オツネントンボのメスの静止.

すると,それを見ていたホソミオツネントンボのオスが,このメスに飛びかかりタンデムになろうと試みました.オツネントンボのメスは,翅を大きく広げて,タンデムを拒否しました.

▲オツネントンボのメスにタンデム態を強要しようとするホソミオツネントンボのオス.

その後,このオツネントンボは姿が消えました.ひょっとしたら,下の写真のオスに見つかって連れ去られたのかも知れません.ホソミイトトンボはとっくに産卵を止めているようですし,今日はこの辺で終わることにしました.トンボシーズンは,やはり春に成虫越冬種の活動を見て始まるのが,一番すっきりとしますね.

▲オツネントンボのオス.オスは1頭だけ,最初からホソミイトトンボに混じって飛んでいた.

あと1週間ほどして,水生植物が芽吹いてきたら,もっとたくさんの成虫越冬種が集まってくるかも知れません.いやまったく家から近い観察地は楽でいいです.次はビデオを回します.

No.676. 兵庫北部も羽化が始まっていた.2019.4.20.

今日は暖かくなりそうで,全県的に快晴の予報.兵庫県北部地域も,例年この時期には羽化が始まるので,様子を見に行くことにしました.まずは,川に入って,サナエトンボの仲間の羽化状態を見ることにしました.川を歩いていると,ニホンカワトンボが飛び立ちました.羽化を始めているようです.別の場所ではダビドサナエが飛び立ちました.飛び立った付近をみると,中身の入った幼虫が羽化しようと水辺に上がってきていました.

▲飛び立って河岸の草に止まったダビドサナエのメス.
▲上のメスが飛び立った辺りを見回すと,羽化を始めようとしているダビドサナエの幼虫がいた.

この幼虫が羽化するのをじっと追いかける手もありますが,ダビドサナエの羽化は以前全経過を観察しているので,今日は止めにしました.この川ではこれ以上特にトンボの姿がなかったので,次はコサナエを見に行きました.コサナエも羽化を始めていました.

▲コサナエのオスの羽化.
▲処女飛行に飛び立って止まったコサナエのメス.

コサナエはもうかなりの個体数が羽化しているようで,あちこちに羽化殻が付いていました.少なくとも10頭近くはいたものと思われます.コサナエの羽化を見ているときに,大型のサナエトンボが飛び立ちました.きっとヤマサナエです.追いかけましたが,見失ってしまいました.ヤマサナエらしき大型のサナエトンボは2頭見かけました.ヤマサナエは北部の方が早いですね.

次に,先ほど見たカワトンボの未熟な個体を探しに,川のそばの疎林に入ってみました.いました,ニホンカワトンボ,そしてアサヒナカワトンボ,いずれも未熟な個体がひらひらと飛んでいました.この2,3日の間に羽化が集中したようです.先週何もいなかったのが嘘のようです.

▲ニホンカワトンボの未熟なオス.何か小昆虫を食べている.
▲アサヒナカワトンボの未熟なオス.アサヒナカワトンボの方が個体数は少ないように見えた.

羽化した個体は,一気に樹上や山の方に飛び去ってしまうので,なかなか撮影は難しいです.今日はこれら以外に,白い粉を吹いたシオヤトンボのオスが飛ぶのを見ました.もう成熟しているんですね.またホソミオツネントンボのオスたちが,池の周辺を飛び回っていましたが,メスはいなくて,産卵は見られませんでした.

▲ホソミオツネントンボのオス.こちらは今が繁殖期.

ということで,まだほんの始まりに過ぎませんでしたが,トンボたちは順調に羽化しているようでした.あと1週間ほどで,成熟して,活発な繁殖活動が見られるでしょう.10連休あたりは,賑やかな池になるでしょう.今日はここまで.

No.675. やっと春が動き出しました.2019.4.18.

ここのところ暖かい晴れの日が続いています.一昨日もトンボを見に行ったのですが,まったくトンボに出会えずでした.さて今日はどうでしょう.今日は,家庭菜園をやっている家内がサナエトンボを見たというので,まずは地元の池を訪れてみました.

▲木々も若葉色に芽吹き,いよいよトンボの出現季節になった感じです.

暖かい日差しを浴びながら農道を歩いていますと,シオヤトンボが飛び立ち,さらにコサナエ属のトンボが飛びました.出ているようです.どんどん歩いて上の写真の池のあたりまでやって来たとき,トンボが飛び立ちました.近づきますと,シオカラトンボでした.シオカラトンボはこの個体以外にも,もう1頭羽化直後の個体がいました.

▲日当たりのよい草原を飛び回る未熟なシオカラトンボのメス.

池の堰堤を歩きますと,黄色いトンボが飛び立ちます.見ただけでシオヤトンボだと分かりました.シオヤトンボは合計で3頭見ました.

▲シオヤトンボのの未熟なメス.

1時間ほど探し回りましたが,コサナエ属のトンボには,最初に出会ったきり見つけることができませんでした.この近くではオグマサナエを見つけたことがありますので,上の池の写真の感じからも,たぶんオグマサナエだろうと思っています.また,機会がありましたら確かめに来てみたいと思っています.神戸市内ではコサナエ属のトンボが見られるところがあまりありませんから.

さて,地元を調べ終わりましたので,この数回行っている同じ場所へ出かけました.トンボの出現のタイミングを計る意味では,同じ所へ行くのが一番です.

▲今日は日当たりのよい一番明るい池を選んで慎重に探してみました.

3月下旬からトンボ観察を続けていますが,どうも,成虫越冬種に出会うことが少ないのです.昨年もオツネントンボの姿をまったく見かけることがありませんでしたし,ホソミイトトンボも止まっている成虫を見ただけでした.そこで,今日は,ホソミイトトンボに焦点を当て,いくつかある池の中で,日当たりがよく,ヨシが芽吹いている池を選んでみました. 池にはたくさんのオタマジャクシがいて,塊になって泳いでいます. ヨシの芽吹きをのぞきますと,アジアイトトンボの姿を見ました.

▲蘆の枯れ茎の先に止まるアジアイトトンボのオス.

このアジアイトトンボ,近づく前にどこかへ飛んで逃げました.目を凝らして逃げたアジアイトトンボを探していますと,ホソミイトトンボが飛ぶのを見ました.やっと出会えたという感じです.

▲ホソミイトトンボ越冬型のオス.青色が濃く鮮やかである.
▲ホソミイトトンボのオス.全部で2,3頭いたようだ.オタマジャクシが水面を泳いでいる.

少し気をよくして,枯れヨシの間を探してみますと,交尾しているペアを見つけました.別に珍しい光景ではないはずですが,ずいぶん久しぶりの感じがしました.

▲ホソミイトトンボの交尾.

交尾を終え,産卵を始めるのをかなりの時間待ちましたが,残念ながら交尾をなかなか終えてくれません.それでも待っていると,サナエトンボが池から飛び上がりました.羽化していたようです.近づいてよく見てみますと,フタスジサナエです.この池のある一帯はタベサナエが多いのですが,フタスジサナエもちゃんといるんですね.

池から飛び出したフタスジサナエの未熟個体.下は羽化不全のようだ.いずれもメス.

羽化したあたりの池面を見てみますと,羽化殻がありました.さらに目を凝らして探してみると,羽化殻はあちこちに付いています.羽化の最盛期に入ったようですね.羽化殻は全部で十数個ありました.

▲フタスジサナエの羽化殻.

その後,ホソミイトトンボの交尾もなかなか解けないし,フタスジサナエの羽化途中の個体を探しても見つからないし,ということで,タベサナエやオグマサナエを探しに場所を移動することにしました.ここからそれほど離れていないので,また帰ってきてからホソミイトトンボの産卵を探すということにしました.

▲タベサナエのオス.だいぶん成熟が進んできている.
▲下から撮ったので種名がはっきりとした.

タベサナエはいましたが,1頭だけでした.池から処女飛行に飛び立ったコサナエ属のトンボがいましたけれど,それ以外はトンボの姿がありません.ということで,再びホソミイトトンボのいたところへ帰りました.ホソミイトトンボのオスがいましたが,産卵しているペアは見つけることができませんでした.そうしていると,池からコサナエ属のトンボの処女飛行個体が次々と飛び出しました.まだ羽化しているんですね.時刻は12:45でした.春のトンボは朝の内に羽化してしまうということはないようです.多分一番いい時を選んで羽化するんでしょう.

そこで,今度はちょっと気合いを入れて,羽化途中の個体を探してみることにしました.羽化殻は次々と見つかりました.そして,ついに1頭のメスが羽化しているのを見つけました.よく目立つ,開けた日当たりのよい場所で羽化しています.

▲すでに羽を伸ばし始めていたが,羽化途中のフタスジサナエを発見した.

やっと春が来た感じで,暖かい日差しを浴びながら,最後まで観察をすることにしました.フタスジサナエの羽化は,やはり集中羽化するためか,毎年よく出会うのですが,タベサナエやオグマサナエの羽化には,なかなか出会えませんね.

▲翅が伸び,腹部が伸び,腹部が細くしまって,いよいよ処女飛行を待つばかり.

翅を開いた瞬間を撮ろうと身構えていましたが,このまま飛び立ちました.こんなこともあるのですね.一番最後の,飛び立つ直前の写真を,角度を少し変えて,最後に掲げておきます.

▲飛び立つ直前のフタスジサナエのメス.

さて,これから忙しくなりそうです.この週末にはいろいろなトンボが一斉に出てくるような予感がします.

No.674. 北部にトンボの姿なし.2019.4.13.

▲満開のヤマザクラ.ヤマザクラはまだつぼみだけの株もたくさんあった.兵庫県北部.

今日は全県的に快晴の予報なので,兵庫県北部の様子を見に行ってきました.去年は4月19日に行ったのですが,その時点で,未熟な,ニホンカワトンボ,アサヒナカワトンボ,コサナエなどがいて,シオヤトンボは交尾産卵,あとホソミオツネントンボも何組も産卵していました.出現状況が去年と同じなら,今頃,少なくともシオヤトンボなどは,羽化が始まっているはずです.その様子を見に行きました.しかし,トンボの姿はまったくありませんでした.やはり去年より季節の進行が遅れているようです.

そこで,すぐに引き返して,先日9日に行った場所へその後の様子を見に行きました.池の周囲を歩くと,コサナエ属の羽化個体とシオヤトンボの羽化個体が樹上へ飛び去りました.池にはホソミオツネントンボがひっそりと止まっているだけでした.

▲シオヤトンボの羽化個体メス.
▲ホソミオツネントンボのオス.止まり方が越冬中の個体のように見える.

今年が去年より季節の進行が遅れていることを写真で比較してみました.まずソメイヨシノです.昨年は4月1日に満開でした.今年は今日もまだ満開状態です.約2週間遅れているような感じです.

▲2018年4月1日.ソメイヨシノはすでに満開状態であった.
▲今日のソメイヨシノ.まだ満開状態が続いている.

次に落葉樹の状態です.場所にもよりますが,去年は4月10日の時点ですでに若葉を出している木々が目立ちましたが,今年はまだ芽が硬いようで若葉が一斉に芽吹くという状態には至っていないようです.

▲2018年4月10日.木によっては若葉が芽吹いている.
▲今年は,落葉樹は,まだ芽吹く一歩手前という感じである.

植食性の昆虫の出現は植物の状態とよく一致するようにコントロールされているようですが,トンボのように植物と一見何の関係もないような昆虫でも,特に春においては, 経験的に植物の状態とよく一致します.例えば,コサナエ属のトンボたちは,羽化すると,芽吹いたばかりの落葉樹の葉に止まって,日差しを浴びているのを見ることが多い,といった具合です.そういうふうに考えると,早春のトンボたちの本格的な出現は,あと4,5日はかかりそうな気がします.