No.670. トンボの生き残り調査(9) 調査終了.2019.1.13.

今日は朝から抜けるような青空.気温も上昇する予報で,これ以上ない天気です.今日のねらいは,一昨日産卵が見られなかったので,もしメスが生き残っているなら,今日姿を現すであろうという予想です.そうでなくても少なくともオスはいるだろうという期待を持って出かけました.

現地に着きますと,驚いたことにこの時期にトンボの採集に来ている人がいました.とりあえず池に入っていくと,キトンボが足下を飛びましたので,撮影しておきました.

▲今日姿を見せたオスのキトンボ.右後翅後縁に欠けがあり,前回に見たトンボだ.

しかし,このキトンボはこの採集者の手によって捕らえられてしまいました.あと,12:10まで待ちましたが,他のキトンボは姿を現しませんでした.前回生き残っていたもう1頭は姿を消したのでしょう.この時期にまで採集に来ている人がいるのは私の情報発信が影響しているのかもしれないと,思わず考え込んでしまいました.

ということで,メスも死に絶えた可能性が高いようですし,オスも確実に1頭は消えました.思いがけない展開でしたが,生き残り調査は今日で終了することにしました.もし来るとすれば,最遅記録23日以降に一度だけ来るかもしれません.

みなさん,今シーズンはこれでトンボ歳時記(観察記)は終わりです.春までごきげんよう.

カテゴリー: 兵庫県のトンボ, 観察記 パーマリンク