No.555. 山頂でのトンボ観察.2017.7.15.

今日は,夫婦で散策を兼ねて,未熟なトンボでも見ようと山頂近くへ出かけました.山頂付近ではウスバキトンボが飛び交っていました.いよいよ夏の到来という感じです.その他には,オニヤンマ,エゾトンボ,オオシオカラトンボ,ネキトンボ,コオニヤンマなどが見られました.ネキトンボはやはり高い木のてっぺんが好きですね.


▲枯れ枝のてっぺんに止まるネキトンボ.

オニヤンマはまだ未熟なメスが数頭,摂食飛翔をしていました.この時期は山頂近くの道路の上を飛んでいるのをよく見かけます.


▲摂食飛翔をするオニヤンマのメス.


▲摂食を止めて休息しているオニヤンマのメス.

エゾトンボはオニヤンマに混じって飛んでいましたが,こんな山頂で飛ぶのを見るのは初めてでした.未熟な時期は湿地を離れて山頂近くで生活しているのを知りました.でも,そういえば,神戸の六甲山でも,林間のギャップで摂食しているエゾトンボをかつてはよく見ていましたね.


▲エゾトンボのオスの摂食飛翔.


▲エゾトンボのメスの摂食飛翔.

オオシオカラトンボの未熟な個体が多く,まだ粉を吹いていないオスも見かけました.コオニヤンマは神戸でも山頂付近に未熟な個体が飛んでいるのを見かけます.摂食しているエゾトンボにちょっかいをかけるように飛んでいました.夏のトンボも出番を控えて栄養をつけているようでした.

カテゴリー: 兵庫県とその近隣のトンボたち パーマリンク