神戸のトンボたち
K027. アオヤンマ Aeschnophlebia longistigma
アオヤンマ♀の産卵行動.2006.7.26. 神戸市西区
オスの静止.1990.6.27.,神戸市垂水区./神戸市RDB:
 アオヤンマは,ヨシやガマが密に茂った池に生息しています.出現期間は5月から8月ころまでです.
 朝8時ころには茂ったヨシの上をたくさんの個体が飛翔し,摂食活動を行います.次第にオスはヨシの間に潜り込むようになり,ヨシの間をぬうように飛んでメスを探します.メスを見つけるとつかまえて,周辺の木の枝などに止まって交尾します.メスは単独で,ヨシの茎などの中に産卵します.産卵は水面より高い位置になされるのが普通です.
 アオヤンマは,1990年代の前半までは神戸市内でも,須磨区,垂水区,西区などに生息しているところがかなりありましたが,後半になってその生息地から次々に姿を消していきました.今では神戸市内では確実に見ることのできる池はありません.最近あまり緊密な調査はしていませんが,神戸市内からは姿を消した可能性もあります.兵庫県下でも見るのが非常に難しくなったヤンマです.