前ページへ 目次へ 次ページへ

 K028.ネアカヨシヤンマ Aeschnophlebia anisoptera 
 ▲産卵.2006.7.26.,神戸市西区./神戸市RDB:


各区の記録状況 (●:2005年以降の記録,○:2004年以前の記録,×:公表記録なし)
北区 西区 垂水区 須磨区 長田区 兵庫区 中央区 灘区 東灘区
× × × × × ×

 神戸市では非常に観察採集例が少ないヤンマです.元来が稀少種であるからやむを得ないのかも知れません.1991年に観察した西区の黄昏飛翔(たそがれひしょう)の際には,連日続けて現われていたようですが,採集できていないために,アオヤンマの誤認の可能性もあります.産卵は,2006年7月26日に西区で観察した1例だけです(写真).

 ところで,神戸市周辺にまで目を広げると,本種は,小野市,淡路島,明石市などに記録があります.各地の標本を調べると,7月上旬には若い個体が多く,7月下旬から8月のものはかなり成熟,または老熟しています.

 また,1991年に小野市で採集した終齢幼虫は,それぞれ 6月3日,5日,9日,11日に羽化しました.これらのことから,神戸市周辺では6月上〜中旬に羽化しだいたい8月いっぱいまで成虫は活動をしているように思われます.

 数の少ない稀少種ではありますが,丹念に探せば,まだ少数は観察できそうな気がします.目につきにくい理由は,産卵時以外は,黄昏(たそがれ)時の活動が中心であることによるのではないでしょうか.

前ページへ 目次へ 次ページへ