H086.オオキトンボ Sympetrum uniforme 出現から没姿まで
羽化直後のメス
 オオキトンボの羽化直後の個体は,翅が黄色く色づいてとてもきれいである.オオキトンボの名前は未熟なときの様相からつけられたのであろう.
羽化直後のメス.2009.6.21., 兵庫県.
羽化直後のメス
 オオキトンボの羽化個体は,ある程度時間が経つと,一気に上空へ舞い上がり,姿を消す.その後どこで生活しているのかよく分からない.7月,8月の観察記録が,私には皆無である.
羽化直後のメス.2009.6.21., 兵庫県.
早くも現れたオオキトンボ
 9月20日というと,オオキトンボには少し早いような気がしたが,もうすでに池に現れてホバリングを交えた飛翔をしていた.まだ若く,色が十分出ていない.
早くも現れたオオキトンボ.2008.9.20., 兵庫県.
若いオスの静止
 10月にはいると,オオキトンボの季節である.池に現れた若いオスである.午後の日射しを受けて止まっている.
若いオスの静止.2008.10.4., 兵庫県.
オスの静止
 ここはオオキトンボの有名な産地である.10月にはいると林の縁などにオオキトンボがよく止まっている.
オスの静止.2007.10.6., 兵庫県.
オスの静止
 これは市街地の近くにある池で,こんなところにもオオキトンボがやってきており嬉しくなった.
オスの静止.2008.10.18., 兵庫県.
晩秋の日差しの中で休むメス
 オオキトンボは老熟してくると赤褐色になる.このときのオオキトンボを見て命名したら,オオチャトンボとなったのではないだろうか.
晩秋の日差しの中で休むメス.2009.11.21., 兵庫県.
休む老熟メス
 オオキトンボは,解説書によると,11月下旬までが出現期になっている.12月の記録を出そうと頑張ったが,その1日前,11月30日がこの年の最後の目撃記録となった.
休む老熟メス.2008.11.30., 兵庫県.