H090.コフキトンボ Deielia phaon 大発生した池
大発生した池
 2008年,ため池調査の途中で,コフキトンボが大発生した池に当たった.何の変哲もない,というより,むしと汚い感じのする池に,300頭近くのコフキトンボが飛び回っていた.そのときの記録である.
コフキトンボが大発生した池.2008.7.27., 兵庫県加古郡.
群れるコフキトンボ
 見ての通り,池は泡立ち,緑色に濁っている.こういう池に当たると,富栄養化による水質汚染でトンボが減ったという通説は本当なのだろうかと思ってしまう.そしてこういう池を見るにつけ,外来魚や農薬汚染の方が,トンボの減少要因として大きいのではないかと考えてしまう.
群れるコフキトンボ.2008.7.27., 兵庫県加古郡.
群れるコフキトンボ
 鈴なりに止まるというのはこういう状態をいうのであろうか.ムカシはコフキトンボはどこにでもいて,こんな風景は目新しくもなかったに違いない.
群れるコフキトンボ.2008.7.27., 兵庫県加古郡.
群れるコフキトンボ
 写真に写っているだけで8頭が止まっている.実際はもっと群れているのだが,写真に切り取るのは難しい.
群れるコフキトンボ.2008.7.27., 兵庫県加古郡.
群れるコフキトンボ
 もう止まる場所もないくらいに1本の草にかたまって止まっている,葉でも茎でも何でもござれという感じである.数が多いと止まる場所にも苦労する.
群れるコフキトンボ.2008.7.27., 兵庫県加古郡.
群れるコフキトンボ
 オスもメスも並んで止まる.トンボ科ではこういったオスメスが繁殖場所で一緒に暮らす姿は珍しい.
群れるコフキトンボ.2008.7.27., 兵庫県加古郡.
風にたなびくようにして止まっている群れ
 池の端に生えているヨシの茎にまで,群れて止まっている.家がもうすぐそばにある.電線もいっぱいあって,街の中であることが分かる.
風にたなびくようにして止まっている群れ.2008.7.6., 兵庫県加古郡.
団子状態の羽化殻
 発生数が多いと,羽化殻が団子のようにつく.羽化場所探しも大変なのだ.こういう状態の羽化殻はこの池には無数にある.
団子状態の羽化殻.2008.7.6., 兵庫県加古郡.