H045.ヒラサナエ Davidius moiwanus taruii
交尾
 雨が朝から降っていたようで,葉が濡れている.そんなときヒラサナエの交尾に出会った.この後産卵が始まるかとかなり待ったが,交尾は延々と続いた.
交尾.2011.6.12., 兵庫県香美町.
かたまって止まる成熟オス
 ヒラサナエのオスたちは縄張りという意識がないのだろうか.流れに出ているオスは時々追いかけ合いをしているが,こういった休息個体?は,よくかたまって止まる.
かたまって止まる成熟オス.2009.6.6., 兵庫県香美町.
成熟メス
 成熟した腹部にいっぱい卵を持っていそうなメスである.
成熟メス.2009.6.6., 兵庫県香美町.
成熟メス
 このオスの腹部を見ると少し曲がっている.これはミヤジマトンボなどにも見られる症候群で,個体群がボトルネックを経験した可能性を示唆する.この生息地は,一時,危機的な状況に陥り,復活した経緯がある.そのときの少数の個体の子孫が近親交配を繰り返している可能性がある.
.2009.5.5., 兵庫県香美町.
未熟メスの摂食
 未熟なメスが虫を捕らえて食べている.ヒラサナエが羽化するシーズンと,これらの羽虫が羽化するシーズンが見事に重なっている.自然の妙というしかない.
未熟メスの摂食.2009.5.5., 兵庫県香美町.
未熟虫の集団
 羽化シーズンに訪れると,このように,オスもメスも入り乱れてオタカラコウの葉などに止まっている.
未熟虫の集団.2009.5.5., 兵庫県香美町.
生息地を背景に
 生息地を訪れると,だいたいこんなふうに,オスがオタカラコウの上に止まっていて,簡単に見つかる.未熟な個体も生息地を離れることはほとんどなく,悪意を持って採集すれば,個体群全部を一網打尽にできてしまうくらいである.
生息地を背景に.2009.6.6., 兵庫県香美町.